アルガンオイルがアトピー性皮膚炎にも効果があるわけ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

アルガンオイルがアトピー性皮膚炎にも効果があるわけ

「アルガンオイルがニキビ痕に効く」という話は今に広がった話ではありません。その理由のなかには、肌の補修を促進する効果があるためというのも一つの効果としてあげられているからです。ですがアルガンオイルの肌の修復能力はアトピー肌にも有効だということは皆さんはご存知でしょうか?

アトピー性皮膚炎

 (8381)

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos – a=不特定、topos=場所)から由来し、1923年コカ (Arthur F. Coca) とクック (Robert A. Cooke) という学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」に対して名づけた。
皮膚に関する現代病の代表格。原因は解明されておらず、かゆみを伴う湿疹が、反復的に症状として生じる。
痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。
アトピーは突然なりますし、誰にでもなりうることなので安心はできませんよね。
もしなってしまったら・・・なんて実際考える人は正直少ないかと思います。
自分は大丈夫!なんて過信はせずに、普段からケアをしていくことが大事だと思いますし自分がどのようなアレルギーを持っているのかを把握しておくことも大事かもしれませんね。

当事者にしかわからない悩み・・・

 (8379)

1番の特徴でありほとんどの方を悩ませているのが、非常に強い痒みを伴うことです。そのため、掻きむしってしまうことで症状を悪化させてしまい、さらに痒みを強くさせるという悪循環に陥ってしまうのです。
アトピーです。
ひどく荒れ始めて2ヶ月目に入ろうとしています。
肌はひび割れ、浸出液が止まらず。
主に両頬です。
これでは生活ができないので、ノンアルコールタイプの美容液とベ
ビーパウダーを交互に何度か塗り重ねています。
人様に出られるような顔ではないため、マスクが欠かせません。
乾燥するので潤わせれば浸出液が止まらず、浸出液を止めるため乾燥させればひび割れ、の繰り返しです。
体質改善、枕カバーなどの環境改善には取り組んでおります。
皮膚科にもかかりっきりですが、同じく保湿ができるような薬(ロコイド等)を渡されています。
他に、なにかできることはありますでしょうか。
こんにちは。私はアトピー持ちの女です。
小学生の時にアトピーになって、10年程経った今でも時々皮膚科に通院しています。
幸い顔や手足など、露出する部分に症状は出てないんですが、背中からお尻にかけてアトピーがあります。長年の治療のおかげで、肌も前よりかなり綺麗になり、アトピー跡も少しずつ消えていっています。
ここ数年くらい落ち着いてたんですが、最近になってまたちょっと症状が出てきて皮膚科に通院しなければならなくなりました。
今とても心配です。アトピーは完治しないのでしょうか?
また、アトピーは子供に遺伝しますか?家族でアトピーなのは、自分だけなんですが、こういうケースは稀なんでしょうか…。
完治したと思ったら再発して…という事の繰り返しは嫌です。
正直、私もアトピーではないので実際の苦しみが分かりませんが・・・やはり辛いんだろうなと思ってしまいます。
兄がアトピーなのですが、酷い時には腕が全く伸ばせないなんてこともありました。
身近で見ていて状況が分かるとはいえ、どうしても当事者にしか分からない辛さや悩みがあると思います。

その痕にも効果がある?アルガンオイルの効果

 (8383)

アトピーによる色素沈着にオススメなのは、「アルガンオイル」です。浸透性の高いオイルが、スッとなじんで、肌を柔らかくしてくれます。肌の乾燥を潤し、かゆみやカサつきを抑えてくれます。ビタミンEを多く含んでおり、肌のターンオーバーを促す作用があるので、色素沈着を改善する作用に優れています。
保湿・保護目的だけでなく、硬く厚くなった肌や黒ずんだアトピー痕にも効果があるという評価があります。そういう部分にはマッサージをするとより効果的です。顔用とありますが、もちろん体にも使えますし、赤ちゃんにも安心して使えます!

保湿も大事☆

特にアルガンオイルに含まれるビタミンEは優秀で、オリーブオイルの2~3倍入っていると言われています。
このビタミンEは抗酸化作用が強く、老化した肌の原因になる物質を排除して若返らせる効果があります。
また、ビタミンEは血行を促進してくれるので肌に酸素と栄養を効率よく運んでくれます。新陳代謝を良くする効果も
あるのでメラニン色素の生成を抑制し、シミを予防してくれたり、乾燥を防いだり、皮膚の再生を手伝ってくれます。
またビタミンEは肌からよく吸収できるので乾燥して固くなった肌にもよく浸透して乾燥肌の方にも効果があります。
つまり、アトピーの方に必要な”保湿”がバッチリできるということです。
傷そのものに使っても大丈夫ですが、使用するアルガンオイルは必ず無添加で100%の天然アルガンオイルを選んでくださいね!
わりと粗悪品なんかも出回ってしまっているようなので。。。
少しでも、悩んでいる人の解決策になればなと思います。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |