着物の着付けができるようになりたい!それ、仕事にしませんか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

着物の着付けができるようになりたい!それ、仕事にしませんか?

日本らしい和服は、いま注目されている《日本らしさ》です。着物が自分で着れるようになるとかっこいいなと思ったことないですか?また、着付けの仕事は子育てママやセカンドキャリアにピッタリなんです。

着付けとは

Akane Okabe @akane12o5‘s Instagram profile • Tofo.me: Instagram Online Viewer (Pinsta.me)

1 衣服、特に和服をきちんと着ること。また、人にきちんと着せること。「着付け教室」
2 着なれていること。「着付けの羽織で出かける」
3 歌舞伎の衣装で、上着のこと。
4 能楽の衣装で、狩衣(かりぎぬ)・法被(はっぴ)・水衣(みずごろも)・唐織などの下に着る小袖。
着付けとは、和服を人や自分にきちんと着せることです。

では着付け師の資格というのは、人に和服を着せることができるだけでいいのでしょうか。

実はそうではないのです。

着付け師になるために勉強すること。

着装師 | Search Instagram • Tofo.me: Instagram Online Viewer (Pinsta.me)

着装師としての心得を学習します。
2貸衣装の扱い方と知識を身につけます。
3ミセスの礼装についての学習。(留袖についての知識)
4きものの格・色・柄の調和について学びます。
5留袖の着付けを行います。(体型補整・裾合せ~前板・帯結びなど)
6女袴の着つけについて(下準備と着つけのポイント)
7ミセスの礼装に結ぶ帯結びについて
8男性の着つけも行います。(基礎知識・ゆかた・体型補整・紬・紋服)
9着装のポイント
10おしゃれ着の着つけ(小紋・紬)
11舞台衣裳(ショーの時と舞台について)
12子供の着つけも行います。(3歳女児・5歳男児・7歳女児くらい)
13撮影用の着つけ
14ゆかた(着つけのポイント・帯結び各種)
15花嫁の着つけ(知識・掛下・帯から打掛まで)
16振袖を着つける(知識・体型補整・裾合わせ~前板)
17お色直し着つけ(大振袖・丸帯の扱い方)
18帯結び(お太鼓系・立矢系・文庫系)
19時間着つけへの挑戦
着付け師として資格をとるためには着付けができるだけではだめなんです。

衣装の扱い方や心得、色や柄についても勉強しなくてはいけません。

また着物の着付けと一言でいっても、浴衣や打掛、いろいろな帯の結び方など、その種類は多岐にわたります。

着付けの資格は知識を身に着けることも大切だと言われています。

着付けの資格と取るといいこととは?

着付の資格は、ある程度のレベル以上のものなら、自分はもちろん、他人への着付けができることを証明する、というものです。

会合などに着物を着て出席したい場合も、着付けができれば、独力で装うことができますし、夫や子ども、孫といった家族をはじめ、近しい人々に着付けをしてあげることも可能です。

取得した資格によっては、自宅で着付け教室を開業することができますし、「師範」や「認定講師」といった資格を取得すれば、資格の認定団体が運営するスクールの講師となる道も開けてきます。

また、資格は一定レベルの技能を持つことを証明するものです。

着付師として経験が不足していても、着付けの資格をアピールすることによって、ブライダル会場や写真スタジオの求人に、アシスタントとして応募することができます。

この業界で着付師としての経験があれば、即、仕事に就ける可能性もあります。

呉服屋さんに勤務すれば、お客さんに着物のコーディネートや着付けのアドバイスすることができます。

長時間、仕事をするのはちょっと、という人も、自治体が主宰する単発の社会教育講座の着付け教室などで講師として活躍することも可能です。

着付け師の資格を得ると、いろんなところで役に立つんですね。

フリーランスで働く方も多い仕事ですし、呉服屋さんや、写真スタジオやブライダル関係のお仕事では

とても役に立つでしょう。

最近では普段から着物や浴衣を着て生活する人も増えてきています。

お出かけの際に着物で…なんてことも粋ですよね。

教室の開設にお金がかからないことも利点。

自分で着物が着られるようになると「他人にも教えたいなぁ」と思う方も多いのでは?!
でもいざ教えるとなると、教材を揃えたり、教え方が分からなかったり・・・、自分の教室を開くのはとても大変・・・。
そこで自信を持って指導出来る様、『認定教室開設講座』が新たにスタート。
もちろん、開設後に発生する「問題」や「?」の手助けもしてもらえるので安心。
スキルを磨く為の講座も多数ご用意。
自分の教室と並行して受けて頂けるので自信にもつながります。
必ず必要になる「テキスト」や「教材」も会員価格にてご提供致します。
教室で使う着物や帯の支援もあります。
子育て中でなかなかフルタイムで働く時間が取れない方にも、自宅での教室開設は利点があります。

自宅教室を開設するための講座もありますので一緒に勉強しておくといいですね。

和服を着るときは、その人にとって大切な何かがあるときです。

着付けの仕事は、そんなときの晴れ姿のお手伝いができる素敵なお仕事です。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |