内視鏡室に転職する前に知っておきたいこと | キュレーションメディア

内視鏡室に転職する前に知っておきたいこと

内視鏡室では、毎日たくさんの検査が行われています。そこで働く看護師の仕事内容、やりがい、おすすめポイント、苦労等を見ていきましょう。

内視鏡とは

体外から体腔内に挿入して,体腔内面や臓器表面を観察したり写真撮影するための器械。金属管でできた硬性内視鏡と,自由に屈曲できる光ファイバでできた可撓性のファイバスコープに大別できる。
昔から「胃カメラ」と言われてきたものです。
 (3765)

内視鏡=胃カメラ

内視鏡室が連携する診療科は

内視鏡検査を実施する診療科としては、胃腸科や消化器科、肛門科などが知られています。
 (3781)

内視鏡室は、複数の診療科から頼りにされる存在です。

内視鏡検査をする目的は

内視鏡検査の目的は内腔面をおおう粘膜の変化を見つけ、その粘膜の一部をつまみ取り(生検)、その粘膜を顕微鏡により観察し、粘膜を構成する細胞の性格がよいか(良性)、悪いか(悪性=がん)を判定することが主な目的です。すなわち微少ながんを早期に発見することができる検査です。

内視鏡の使い方は検査だけではない

検査目的に留まることなく、粘膜切除術など治療目的にも大いに活用されている内視鏡は、経鼻内視鏡の開発など技術の進化が著しい分野としても注目されています。
 (3782)

内視鏡による手術も行われます。

内視鏡室の看護師の仕事は

内視鏡室での看護師の仕事内容は、「内視鏡の介助」「器具の洗浄・管理」「患者の全身状態のチェック」「患者への検査説明」が主になります。 患者が緊張して力むと管が身体に入らないため、声掛けをして緊張を和らげたり、ボディタッチでリラックスを促すといった心のケアも、看護師の役割です。

内視鏡室で働くやりがいは

内視鏡検査や、同時に行う切除などの処置は、体に比較的負担をかけずに確実に検査や治療が行えるため、医療行為として非常に重要な分野です。現在でも常に技術革新が進んでいるため、一人前になっても絶えず勉強することが必要ですが、最先端の医療を行っているという点にやりがいを感じる人も多く、人気の高い部署でもあります。
 (3784)

最新の医療に携わっている実感があります。

転職先としても内視鏡室はおすすめ

内視鏡室の仕事は、基本的にルーティンワーク。一度業務の流れを覚えれば、サクサク仕事が進みます。 急性期病棟のように一刻を争う状況が発生しにくいので、精神的負担をあまり感じずに働けるでしょう。
看護師が内視鏡室に勤務するメリットには、勤務条件に関するものが多くあります。具体的には「残業が少ないこと」「日勤のみの職場が多いこと」「急患が少ないこと」などです。

看護師の働く職場は、残業や夜勤が多く勤務中は休む間も無いということも多いので、このような職場に比べると働きやすい環境にあると言えます。また、内視鏡検査は予約制であることが多いので急患も少なく、基本的に検査業務は平日の昼間に実施する医療機関がほとんどなので、勤務時間は他の職場のナースに比べると安定しています。

内視鏡室で働く苦労とは

内視鏡室では特殊なスキルを身に着けるために、そのための勉強をかなり行う必要がありますし、常に技術革新が行われている分野です。勉強会なども行われており各自でも努力を続けることが当然といった環境です。
 (3786)

技術が進歩していくので、勉強会にも出席し覚えていく必要があります。
内視鏡の技術革新は目覚ましいものがあります。
最新の医療に携われることがやりがいだと感じる人もいれば、新しいことを学び続けるのが大変だと感じる人もいることでしょう。
自分のタイプを理解したうえで、転職すると長続きするはずです。
残業や夜勤が少ないという点では、おすすめの転職先と言えそうです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |