さらに高みを目指して、看護師のキャリアアップのために | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

さらに高みを目指して、看護師のキャリアアップのために

看護師として同じところで働き続けていると、キャリアアップが気になるところです。さらに経験値を積むためにも転職したい!そう考える前向きな看護師さんのためにキャリアアップについて調べてみましょう。

看護師のキャリアアップとは?看護師として病院で長年働いていると、自分の中の看護観なども固まってきて、ふと立ち止まり、「このまま今の状態で仕事を続けていって良いのか?」と疑問に思うこともあると思います。
そんな疑問を持ったり、より看護を深めていきたい人におすすめなのが、キャリアアップです。

キャリアアップのための転職を考える

キャリアアップをするために転職する看護師は非常に多いです。どうしても病院での臨床経験が必要だったりするためだと思います。
福岡の看護師求人情報【福岡エリアに強い転職サイトはココ】 (2265)

看護師のキャリアアップにはどのようなものがあるのでしょう。看護師のキャリアアップには、「進学」と「資格取得、」「それまでの経験を生かした新たな領域への転職」の3つに分けることができます。
進学や資格取得のためには勉強はもちろんですが、時間がかかってしまいます。
看護師のキャリアアップとして最も簡単な方法はやはり転職ではないでしょうか。

今勤めている診療科と違う科で働く事でも確実に看護スキルが向上しますし、今現在の経験と知識がベースにあるので、高待遇、高給与の求人も見つけやすくなります。

円満退職を目指すため、退職理由にキャリアアップをあげる人もいますね。
これは建前?とも捉えられますが、実際にキャリアアップを願う看護師さんもいるでしょう。
最も簡単に看護師としての経験値を積める方法は「転職」でしょう。
全く違う分野に足を踏み入れる勇気も必要ですが、少し関連性のある診療科を狙うのがストレスなく仕事に向き合えるでしょう。

いろいろな診療科を経験して、マルチな看護師さんになる

なんでもできる、経験豊富な看護師さんは貴重です

なんでもできる、経験豊富な看護師さんは貴重です

複数の診療科でそれぞれ数年経験を積んで、ほとんどの医療に関して精通している場合、それも総合医療のスペシャリストと言えます。

この場合はキャリアアップの為に、一つの所に長く居座るのではなく、ある程度の診療科を経験し、複数の医療に対して豊富な知識と経験を得る必要があります。

キャリアアップをする際に、さまざまな分野に精通したマルチタレントを目指す男性看護師の人も少なくありません。将来つぶしがきくような感じがするからです。
しかしマルチタレントよりは、スペシャリストの方が現場では重宝される傾向のあることも頭の中に入れておきましょう。
一つの分野に対して高い専門的知識やスキルを持っている人材の方が、将来にわたって安定した需要があります。
ジェネラリスト(Generalist)は広い知識を持った人を指す言葉で、企業などでは総合職に就いている人をこう呼ぶことがあります。
広く色々な分野に精通していている人がジェネラリストと呼ばれていますが、特定の分野に秀でたスペシャリスト(Specialist)の対義語と言えば、よりイメージしやすいかもしれません。

看護師の中でも幅広い知識や技術を持った人はジェネラル・ナースと称され、医療現場では病気や患者の症状を問わずに看護ケアを行うなどマルチな活躍を見せます。
将来的なキャリアアップを考えるときには、このジェネラリストとして幅広い看護分野での患者のケアにあたるか、それともスペシャリストを目指して専門分野での医療技術を習得するのか、選択が分かれるところです。

いろいろな診療科で経験を積もうとして、転職を繰り返してはマイナスイメージに繋がってしまいます。注意しましょう。

看護師を一般企業など転職して能力を活かす

トロントの日系企業 | トロント旅行に必要な情報を提供 | Tourism Toronto JP (2264)

新しい分野への転職ですが、主なものとして保健師や一般企業に勤める企業看護師などがあります。

保健師は地域の人々の健康管理や健康相談などを通じて、疾病の予防や啓蒙活動を行います。保健師の資格が必要ですが、看護師時代に培った医学的知識やコミュニケーションスキルを生かせる職業です。
また企業看護師である産業看護師や治験コーディネーターも看護師の経験が必要な職種です。

一般企業で働く企業看護師には、産業看護師や治験業界で働く治験コーディネーターや臨床開発モニター、医療機器メーカーで働くクリニカル・コーディネーターがあります。最近では、病院で働く看護師から企業看護師に転職する人が増えているんですよ。
産業看護師とは一般企業で働く看護師のことで、社員の健康診断及びその結果に基づいた健康指導や管理をすることが役割となります。特に最近では、うつ病などのメンタル的な疾病が増えてきているのでそちらのケアも重要な役割となります。そのために社員の労働条件や勤務内容などの把握や個人的な相談などを通して、社員が健康的に仕事をできているのかをアセスメントし、アドバイスや指導を行っていくことも必要です。

キャリアアップを目指す看護師さんは貴重な存在

看護師としてのスキルアッププランを立案し、実現するためには、まずは自分が今後どのような看護師になりたいのか、何を専門分野としたいのか、現場で患者さんと接する業務か看護師を指導する業務か等、自分の看護師としての今後について考えなければなりません。
女性の大敵でもあるほうれい線をなくしましょう。 (2268)

看護師の方がスキルアップのために転職するケースは多く見受けられます。自分が働きたい分野が見つかった方は、なるべく早めに転職を行うことをお勧めいたします。

将来、専門看護師や認定看護師の資格を取得しようと思ったらなおさらです。実務経験5年以上で、専門科目を3年以上の縛りがあるからです。自分の進むべき道を早目に気づかれた方はラッキーと感じ、現在の病院で目指すも良し、転職して新しい環境に飛び込むのも勉強になります。

自分の将来を考えてキャリアアップを目指す看護師さんは、
高齢化社会が進み、高度な医療技術が求められている日本において貴重な存在といえます。

働きながら新たな目標を立てて資格を目指したり、進学したりするのも手段といえますが、負担も大きいでしょう。

1つの分野を極める
多くの診療科を経験してマルチな人材になる
一般企業で働いてみる

といったキャリアアップの方向性もありますね。
さらなる高みを目指して活躍する日を夢見て、将来設計しましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |