自分でできる着物のお手入れABC | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

自分でできる着物のお手入れABC

着物は着たいけど、扱いが難しそう…。ふだん着物を着ない方は、そう思っている方も多いと思います。でも、基本を守ればそんなに難しくありません。自分でできるお手入れ方法をまとめてみました。

虫干しをする

衣桁に掛けられた着物のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

着物は湿気を吸いやすく、
しまいっぱなしにしておくと
生地が傷みやすくなり、
カビが発生したり変色の原因に
なってしまいます。
虫干しの時期はふつう次の3回がありますが、年に一度なら、やはり土用干しの時期がいいでしょう。
 
●土用干し・・・7月下旬~8月上旬頃に行い、梅雨で湿気た衣類を乾かすのが目的です。
●虫干し・・・・・10月上旬~11月上旬頃に行い、夏についた虫を追い払い、掃除するのが目的です。
●寒干し・・・・・空気の乾燥した1月下旬~2月上旬頃に行い、衣類の湿り気を抜くのが目的です。
虫干しは、晴天の日を選んで、正午を挟んだ4時間程度、直射日光の当たらない風通しのよい部屋で行います。一枚づつ衣紋掛けにかけて干しますが、洗濯ロープなんかを張って衣類を掛けるのも手です。掛ける時は裏返してかけるようにします。なお、寒干しの時はもっと短時間でも十分効果あります。
虫干しでは着物のシミや綻び、虫食いなどのチェックも忘れずに行いましょう。

シミの応急処置

焦ってこするのは厳禁!

もし汚れを付けてしまったら絶対にこすらないことがシミにならないためのポイントです。
こすると逆に汚れが広がってしまったり、布地の奥に浸透してしまいます。
応急処置で目立たなくなっても汚れは完全に落ちていませんので、すぐに専門店で染み抜きをしてもらいましょう。
無料の写真: 赤ワイン, 流出, スポット, ガラス, 赤, リキュール - Pixabayの無料画像 - 505296

外出先などで着物を汚してしまったら、しみの下にあて布をして
上から濡らして固くしぼったハンカチなどで、軽くたたきます。
へたにこすると余計に広がってしまうだけなので注意。
応急処置をして、後で専門店に相談に行くのがベストです。
衿、袖口や裾等の汚れを自分で落とす場合は、良質で揮発性の高いベンジンを使います。ベンジンをガーゼ等に含ませ汚れの少ない方から多い方へじわじわとやさしく伸ばした後、周りをぼかすように叩きます。

着用後のお手入れ

無料イラスト 七五三兄弟!お正月着物振袖羽織袴

風通しの良い場所で陰干しする

外出から戻ったら、着物だけでなく帯や着付けに使った小物類も風通しの良い場所に体温や湿気を取るため、着物ハンガーなどに干しておきます。その際に汚れなどがないか点検し、汚れやシミがあった場合は早めに専門家へ出すことをオススメします。

ブラッシングをする

ホコリも着物の生地を痛める原因になります。
ブラシでこすり付けずにホコリを払い飛ばす容量で上から下に落とし、
毛先の柔らかい和装ブラシか目の粗いタオルを使いましょう。
裾は汚れやすいので、念入りに行います。

着物のたたみ方

着物のたたみ方 – YouTube

次に着る時のためにシワにならないよう綺麗にたたみ、たとう紙に包んで収納しましょう。
中の空気をきっちり抜くことでシワを防ぐことができます。
たとうがみ【畳紙/帖紙】
《「たたみがみ」の音変化》
1 折り畳んで懐中に入れ、鼻紙や詩歌の詠草などに用いる紙。懐紙(かいし)。ふところがみ。
2 厚い和紙に渋または漆を塗って折り目をつけた紙。結髪や着物を包むのに使用。

保管方法と注意点

和ダンス|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

たとう紙(*)に包んだ状態で、プラスチック製の収納ケースなどに入れて収納、保存でも、概ね問題はありません。

呉服店(または通信販売?)から送られてきた紙箱のまま押入れの天袋に収納するのは、お避けください。
紙は水分を吸うので劣化しやすく、また湿気などにより着物が傷むことがあります。

着物には、湿気は禁物です。
また、プラスチックの収納ケースなどで保存をする場合もできれば年に2回、衣替えの季節に虫干しをし、湿気を飛ばした上たとう紙を交換すると、着物の状態が保てます。

収納時には、種類、材質、季節、用途などで分けると整理がしやすく、着る時に慌てずにすみ、また防虫や防湿の点でも便利です。また害虫予防として防虫剤を用いますが、2種類の防虫剤を入れると化学反応を起こし、水分が発生したりして着物や帯のシミや変色の原因になります。防虫剤の種類を混ぜないよう注意し、防虫剤は容器の上部に置きます。
着物の保管は通気性が良く虫の侵入を防ぐ桐の箪笥が一番と言われていますが、湿気や虫食いに気を付ければ、洋服たんすやプラスチックケースでも良さそうです。
大切な着物を長く着るためにも、保管やお手入れには気を付けたいですね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |