転職をしようとしている女性看護師さんにはちょっと不人気な<泌尿器科>は挑戦する価値あり? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

転職をしようとしている女性看護師さんにはちょっと不人気な<泌尿器科>は挑戦する価値あり?

転職を考えている女性の看護師さんには、ちょっとマイナーのイメージが強い泌尿器科です。でも泌尿器科は人間関係が良いとも言われています。人間関係で転職しようと思っている看護師さんにお勧めです。

看護師さんにとって沢山勤め先がある中で、泌尿器科はちょっと人気がないようです。特に女性の看護師さんには人気がなく、そしてイメージもマイナーなようです。でも町を歩いていると結構泌尿器科のある病院も良く見かけますが・・・。転職先としてはひょっとしたらいいのかも知れませんね。

不人気な理由

 (6891)

泌尿器科に行く患者さんはほとんどが男性であるため、男性のデリケートな病気が多いということで、女性の看護師には不人気の科です。逆に男性看護師は働きやすい職場だといわれます。

泌尿器科で働く看護師に必要なスキル

 (6905)

泌尿器科で主に診察を行うのは、腎臓、ぼうこうに加えて男性性器になります。そのため、腎盂腎炎や膀胱炎の患者が多いのは確かですが、性病や性器に関係する病気で訪れる男性も多くありません。

女性の場合、性器まわりの病気は婦人科に行くことになるので、小津しても男性比率が高くなるのです。採血や注射などは他の病棟と同じように行われれますが、泌尿器科で行う手術の前には陰毛の剃毛を行うなど、デリケートな作業が少なくありません。

そのため、こうした作業があることや、性病の看護を異性の看護師にしてもらうのが恥ずかしいということから、比較的男性看護師が数多く活躍している科だというのも確かです。

女性看護師が泌尿器科で働く心得

 (6907)

女性看護師が泌尿器科で働く場合は、男性の陰毛の剃毛も普通にできるような冷静さが大切。オドオドしていたのでは余計にセクハラされたりして大変です。

もちろん、処置に関する説明も、大切な仕事ですから、そこは仕事と割切ってしっかり説明しましょう。そういう点では若い女性にはあまり向かない職場ですし、患者さんも若い女性だとやりにくい点も多くなります。

そのため、泌尿器科では男性看護師かベテラン看護士が多いのが特徴で、若い女性看護師もいないわけではありませんがあはり少なくなる傾向はあります。

向いている人は?向いていない人は?

 (6909)

男性性器を見ても動じない精神的な強さがある人にも向いています。泌尿器科を訪れる患者さんには受診すること自体に抵抗を持っていて、悩みに悩んで勇気を出して来たという人も多くいます。

ですから、不安や悩みを抱える患者さんに寄り添い、精神面でのケアができる人にも向いています。

仕事は楽?辛い?

 (6911)

仕事を行う上で特別なスキルを求められることはなく、看護師としての基本的なスキルを持っていれば仕事をこなせるようになります。

ですが、泌尿器科で取り扱う医療機器は高額かつ種類も豊富であり、全てを覚えて使いこなせるようになるには少し時間がかかるかもしれません。

また、患者さんの多くは男性で男性性器の検査や治療などに携わるため、これを苦痛と感じる人はいます。少ないケースではありますが男性の患者さんからしつこく誘われる人もいるので、このような精神的な負担を辛いと感じる人もいます。

泌尿器科 看護師のお給料・・・日勤+夜勤でいったいどのくらい貰えるものなの?

 (6913)

私は、総合病院の泌尿器科病棟に勤務しています。日勤は8時半から17時まで。準夜勤は、4時半から12時半、深夜勤は12時半から9時までの3交代です。

お給料は、日勤帯だけだと月に22日勤務(残業毎日30分とします)で、19万~20万円ぐらいにしかなりませんね。 そして基本的には、私の勤務する病院では日勤のみの病棟勤務はありません。(妊娠中で夜勤が出来ない場合は夜勤免除になります。しかし、夜勤人数が少ない時は仕方なく、夜勤人数補充が出来るまで夜勤をこなす妊婦さんもいました!!) 夜勤を月に5回ぐらいすると25万円くらいは手取りでいただけます。

そして、その夜勤が、オペ日当日の夜勤だと必ず残業になります! 夜勤がオペ当日だと出勤する前の気分はブルーですが、後あといただけるお給料は多くなります。お給料の明細を頂いたときは「あの時の夜勤辛かったけれど頑張ったな~!」と思えます。

泌尿器科 看護師のお給料・・・ボーナス編

 (6914)

ボーナスは、夏、冬二回あります。夏は月1.5です。まわりの病院に比べたら低いほうですよね~。冬は2.2か月くらいです。

でも実際は、毎年変わります。景気が良いとこのくらいなのですが、景気が悪いと、夏は1.2か月分。冬は2.0か月という年もありました。

女性看護師が働きにくい問題点とは?

 (6916)

性病を患う患者さんも少なくありません。しかし、看護師さんよりも患者さんから、 女性に知られたくないという思いから、女性看護師さんが敬遠されることもあります。 こうした点をクリアしなければ、泌尿器科で看護師として働くのは困難です。

このため女性看護師さんが泌尿器科を自ら選択するケースは少ないです。 しかし、泌尿器科には他の診療科にはない魅力が沢山あります。 泌尿器科で働く女性看護師は数は少ないかもしれませんが、男性看護師やベテラン看護師 の数が多いので、他の診療科よりも従業員同士の対立が少ないとされています。

他の診療科では圧倒的に女性看護師が多いので従業員同士の対立することが多いですが、 男性看護師が多い職場は肉体的な負担が軽減されるので、業務が行いやすくなります。

泌尿器科の人間関係が良いとされる理由

 (6917)

入院設備がない泌尿器科外来やクリニックでは夜勤がありませんし、休日も出勤する必要 はないですが、少数精鋭で業務を回す関係で、ちょっとしたトラブルでも残業となります。 このため女性看護師が働く上でメリットは、決して小さくありません。

夜勤がないと賃金の面ではその分低くなりますが、時間的に拘束される時間が一気に減り ますので、仕事と家庭の両立を目指すのであれば非常に魅力的です。

男性看護師とベテラン看護師が多いので、職場全体に余裕があります。 このため他の診療科よりも人間関係が良い職場が多いとされています。 ですので、この点に関して魅力を感じている看護師さんも少なくありません。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |