結婚式に振袖を着る際の注意点 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

結婚式に振袖を着る際の注意点

結婚式に振袖を着ていくと華やかですよね。しかし、結婚式だからこそ、振袖を着る際には注意しなければならないこともあります。

振袖のランクを知ろう

振袖と言ってもランクがあるそうです。
種類は3つありますが、結婚式に参列者として出席する場合、
基本的にはどれを選んでも問題ないとされています。
ここでは3種の振袖がどのようなものか調べてみました。
それぞれ特徴があるので、選ぶ際の参考にしてみてください。

・小振袖
振袖のなかで比較的気軽に着られるものが、「小振袖」と呼ばれるものです。袖丈が80センチまでのもので、名古屋帯などとあわせることができます。エナメルでできた草履なども合わせることができ、立ち居振る舞いも容易です。一着持っておくと便利でしょう。

・中振袖
「中振袖」と呼ばれるものは礼装として位置づけられています。袖丈は90センチ~102センチまでのものです。丸帯や袋帯などと合わせます。

・大振り袖(本振袖)
もっとも格式高く「第一正装」として取り上げられるのが、大振り袖です。袖丈が114センチ程度まで、非常に華やかです。丸帯に、金銀の綴れの小物を併せ、非常に豪奢な雰囲気でまとめます。別名では、「本振袖」と呼ばれます。

振袖はアラサーまでというのが常識のようです

振袖は独身であれば何歳でも着られるらしいです。
しかし、世間体などを考えると、やはり30代前半までと考えたほうがいいのかもしれません。
もっとも最近は20代の既婚者でも振袖を着るなど、周囲の考え方も変わっています。
場に合わせて振袖にするかどうかを考えればいいと思います。
質問者さんご自身の雰囲気にもよりますが、わたしとしては、羽織ってみて顔色がくすんで見えず、首から上は大人なのに着ているものだけ妙に若々しい感じにならず、30歳ならギリギリOKかな、と言う感じがします。
でも、私の周囲では赤地の振袖は30歳に手が届きそうになる頃、27・28・29歳ぐらいから着るのを躊躇する方が多いのも事実です。
私個人の意見は振袖を堂々とためらいなく着れるのは20代、頑張って30~32歳ぐらい、と思っています。
振袖は未婚女性の第一礼装とは言いますが、やっぱりどんな衣服でも相応しい年齢・似合う年齢と言うのはあると思います。

袖丈や色柄はどう選ぶか?

基本的に袖丈の長さはマナー違反にはならないのですが、小振袖から中振袖あたりがいいようです。
色柄については洋装と同じで、花嫁と同じ白やクリーム色は避けたほうがいいでしょう。
また、柄についても花嫁をたてなければなりません。
着物の色ですが、新婦が和装で、打掛を着る時には、
赤、オレンジ、ピンク、金色が入った柄が多いので、
これらの色が目立たない色や柄の着物を着ましょう。

着物と帯の素材は、厚みのある絹製にします。
バッグと草履は同じ柄のものにします。

最近は、ピアスをつけっぱなしの女性も多いのですが、
着物の時のアクセサリーは、基本的に指輪以外NGです。

髪型は、着物のボリューム感に合わせて、セットします。
ボリューム感を出し、ヘアアクセサリーで、
上手にコーディネートしましょう。

振袖なら所作には十分注意しよう

せっかく美しい振袖を着ていても、歩き方や姿勢など立ち振る舞いが悪いと台無しになってしまいます。
着物のときは洋装と同じ感覚ではいけないので、こここでは立ち振る舞いや仕草で注意すべき点を調べてみました。

ポイント2:歩き方を気をつける

ポイントは普段の動作を小さく、細やかにすることです。 歩き方も普段とは違い、小さな歩幅で内股ぎみに歩くようにしましょう。

特に階段は裾を踏んでしまわないように要注意。 ゆっくりと歩きましょう。

階段はゆっくりと
注意することは階段があるところはゆっくりあるくようにしました。(20代後半女性)

背筋をのばして、しっかりと
歩く姿勢は特に気を付けています。背筋を伸ばし、恥じらいの無いように。(20代後半女性)

ちょこちょこ歩くと上品にみえる
歩くときは小股でちょこちょこと歩くととても上品です。(20代後半女性)

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |