アルガンオイルの選び方。沢山ありすぎて困ってしまうと言う方の為に。 | キュレーションメディア

アルガンオイルの選び方。沢山ありすぎて困ってしまうと言う方の為に。

「モロッコの黄金」と呼ばれるアルガンオイルが話題になってからだいぶ経ちますが、「よくわからない」という声も多いようです。より純度の高い、良質なアルガンオイルを見分けるためには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

どうせアルガンオイルを購入するなら良質なアルガンオイルを!

初めてアルガンオイルを買ってみようと思っても、よく分からない人も多いと思います。失敗しないでいいオイルを購入するにはある程度知識があった方がいいようです。美しい肌になる為に、美しい髪の毛になる為にはちょっと勉強をしてみましょう!

どうやってアルガンオイルを選べばいいのでしょうか

 (3571)

その美容効果の高さから、今や多くの商品が出回っているアルガンオイルですが、より純度の高い、良質なアルガンオイルを見分けるためには、どのような点に気を付けてチェックすれば良いのでしょうか? 実は、良質なアルガンオイルを見分けるポイントは、「色」にあります。

純度が高く、品質の良いアルガンオイルは、透明な金色をしているのです。 そして、この色が、何よりも高純度と高品質を表しているのです。

ナッツのような香ばしい香り

 (3573)

色以外でアルガンオイルにおいて注意したい点が、「匂い」です。 匂いを嗅いでみて、少しでも酸味を感じたら、そのアルガンオイルは酸化してしまっている可能性が高いでしょう。

天然のオイルであるアルガンオイルは、純度が高く、品質が良いほど、生物と同様に酸化しやすくなっているのです。 アルガンオイル自体は、ナッツのような香ばしい香りと、どこかアジアンな香りがしますが、その中に少しでも酸味を感じたら、ちょっと気を付けましょう。

品質

 (3575)

アルガンオイルが広く認知されるようになり、市場には色々な商品が流通するようになりましたが、残念ながら、品質の良くないアルガンオイルも出回るようになりました。低品質のものは「酸化」していることが多く、高品質なものと比較して独特の刺激臭があります。肌に浸透しにくく、肌荒れなどを引き起こしますので、注意が必要です。

また、抽出されたばかりのアルガンオイルは金色をしています。ピュアアルガンオイルと謳っているものは、ゴールドのものこそ、着色や加工をしていない自然由来のオイルだということができます。

価格

 (3576)

極端に安いアルガンオイルは、添加物や混ぜ物が入った純度100%でない場合が多かったり、酸化している可能性があったりするので、気を付けなければなりません。

価格だけでなく、成分・効果・容量・使用用途などをトータルで考えた”コスパ”の良いオイルを選びましょう。

アルガンオイルの選び方は?

 (3579)

アルガンオイルは急速に需要が高まっているため、供給が追い付いていません。 というよりも、アルガンオイルの原料となるアルガンの実は決められた期間のみしか採取できないなど、供給量を多くしにくいオイルです。 更に良質なアルガンオイルは手搾りで抽出するため、製造するのに時間と労力がかかります。

このため、アルガンオイルは希少で高価なオイルとして有名です。

品質の高いアルガンオイルを選ぶには?

最近は安い価格のアルガンオイルもありますが、これらのほとんどは大量生産するために機械で抽出したものです。 機械で抽出すると余分な熱が加わるのでアルガンオイルの成分が壊れてしまい、品質が低くなりがちです。 また、別の油や不純物を混ぜているケースなどもあります。 ですので、安いアルガンオイルは期待したような結果を得られないことが多いようです。

品質の高いアルガンオイルを選ぶには、

★手搾りで精油されていること
★無添加で100%純粋なアルガンオイルであること

が基準になります。

そのアルガンオイルはモロッコ産ですか?

 (3549)

アルガンオイルはモロッコにしか自生していないアルガンの樹の実の中にある、仁(じん)という部分からとれるオイルです。

そのため、アルガンの樹の希少性やオイルを精製する工程作業の手間などからも大変貴重なオイルとされています。その採取量は100kgに対して1ℓしかとれません。ナディフィアルガンオイルは、モロッコから直輸入している純度100%のアルガンオイルです。

そのアルガンオイルは安全基準をクリアしていますか?

 (3565)

化粧品にはたくさんのオーガニック製品がありますが、日本にはオーガニックコスメの認証機関がなく明確な基準がありません。しかし、海外にはさまざまな認証機関があり、オーガニック製品として認定されるためには、定められた機関により基準を満たしているかの検査を行っています。

ナディフィアルガンオイルは、有機製品において世界で最大規模の認証機関「エコサート」において厳しい基準をクリアし、もっとも上位であるCOSMEBIO(エコロジカル&オーガニックラベル)認証を取得しています。

これだけは知っておきたい、アルガンオイルの選び方

 (3581)

アルガンオイルを選ぶ上で、気を付けるべき点としてわかりやすいのは、「アルガンオイルの色」でしょう。 きれいに透き通っていることと、黄色というより金色というような鮮やかな色が、良質なアルガンオイルの特徴です。 アルガンオイルと言いつつも、混ざりものが入っていたり、時間がたって劣化してしまったりしたものは、このクリアな黄金色というのが失われてしまっている可能性が高いのです。

中の色が確認できるような容器

とはいえ、アルガンオイルの入れられている容器が必ずしも、中の色が確認できるものであるとは限りません。 でも、そんな場合は、そのアルガンオイルを購入するのはやめた方がいいかもしれません。

なぜなら、ちゃんとした品質に自身のあるアルガンオイルであれば、その品質を証明するために、あえて中の色が確認できるような容器になっているはずです。 つまり中の確認できないような容器に入れられているということは、中の色を確認されたくないとも、考えられるわけです。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |