ルテインとブルーベリー【サプリ】どう違うのか教えて! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ルテインとブルーベリー【サプリ】どう違うのか教えて!

ルテインというものをご存知でしょうか。ルテインとブルーベリーのサプリメントが最近では併用して使われているようです。では、このルテインとは何なのか、どんな効果があるのかご紹介します。参考にしてみて下さい。

ルテインとは?

ルテインの効果・効能

ブルーベリーとどこがちがうの?

摂取目安は?副作用はあるのか?

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種です。人間の体内にも主要なカロテノイドとして存在しています。
体内のルテインは、加齢や、紫外線を浴びたり、煙草を吸ったりすることで少しずつ消費され、減少していきます。ルテインは体内で生成できないため、日々の食事を通じて継続的に摂取することが大切です。
ルテインは、体内に吸収されると、そのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。

その前に「ルテイン」、マリーゴールドなどから多く摂取できる成分です。

ヒトの体内の活動場所は「目」。

活性酸素の発生原因となる紫外線。

紫外線や可視光線のうち青白色の部分だけを吸収、眼球内の組織の保護に役立ちます。

ルテインは強い抗酸化力を持ち、眼球内でその力を発揮。水晶体や網膜の酸化を抑えてくれます。

ルテイン、目の病気、視力低下、眼精疲労、様々なトラブル予防に欠かせない成分です。

ルテインの1日の摂取量は6mg~10mgが良いとされています。ルテインは脂溶性であるため、油を使った料理と一緒に摂りいれることで効率よく吸収できます。しかし、体内に吸収されるまでに何らかの原因で減少してしまうため、それを考慮すると1日の摂取量は10mg~20mgが望ましいとも言われています。
眼精疲労で視力が低下した人が飲むことの多いブルーベリー含有のサプリや食品。

2つとも抗酸化作用があり、目にいいのは共通ですが、ブルーベリーが疲れ目の回復に向いているのに対し、ルテインは目の病気の症状改善やブルーライト対策に向いています。

ブルーベリーのアントシアニンは網膜のロドプシンの再合成を活性化して疲れ目に効果があるので、普段から目の酷使をして視力が低下気味の方におすすめです。

ルテインはもちろん疲れ目の回復効果もあるのですが、活性酸素を除去して目がダメージを受けるのを防いだり、加齢により発症しやすい黄斑変性症や白内障の予防に効果を発揮してくれます。

私のようにパソコン作業で目を酷使して視力が低下気味の人間にはブルーベリーとルテインを同時に摂取するとより効果的ということになります♪

ルテインには 天然と合成の2種類があります。天然の方は天然の素材であるマリーゴールドというオレンジ色の花から抽出しています。マリーゴールドは、ルテインの含有率が高く、また農薬の害がない安全な原料として利用されています。副作用の報告がなされているのは後者の合成の方です。石油を原料にして化学的に合成されていますが摂取すると目のかゆみや腫れ、咳や喘息、その他、胸焼けなどの症状がでる可能性があると言われています。また、飲酒、喫煙者が摂取すると、副作用が発生する確率が高まり、また喫煙者が摂取すると肺ガンのリスクも高くなるという報告があります。ルテインのサプリメントを購入する際は天然の方を選ぶようにすることが大切です。
ルテイン | 成分情報 | わかさの秘密

ルテイン | ユーグレナ(ミドリムシ)の効果

ルテインについて – ルテイン・プラセンタ高配合ゼリーサプリ | ひとみの専門店

カロテノイドは、動植物が持つ、自然界に存在する黄色や赤色の色素の総称で、600種類以上存在するといわれています。
特徴として強力な抗酸化力を持ち、活性酸素を除去する力に優れています。
眼病や生活習慣病などをはじめとする疾病の予防に効果的な栄養素として知られています。
このルテインは強力な抗酸化力を持ち、活性酸素を除去する力がありますが、
それ以上にどんどんこのルテインが減っていくことに問題があるかと思われます。

そして、人間はこのルテインを体内で生成することはできません。
では、このルテインを摂取するとどのような効果があるのでしょうか。

摂取されたルテインのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されるというのは面白いですね。
そして、ルテインは目の保護と病気の予防に役立ちます。
視力の低下も防いでくれるというのはうれしい限りですね。
マリーゴールドにルテインは多く含まれています。
マリーゴールドを食べられれば一番早いかもしれませんが、そういうわけにもいきませんよね。
そのため、サプリメントでルテインを摂取しようとするわけですが、
その際には、安心・安全のためにも天然由来のものを選んでくださいね。
これは両方摂取するしかないでしょう。
現代の生活でパソコンやスマホなどから離れる生活はできなくなっているのが現状です。
そうすると当然目が疲れますし、ダメージも受けます。
そうしたことを軽減するためにも、両方飲んでおくのは良いですね。
図からも分かりますが、
20mgのルテインを摂取しようと思えばほうれんそうを200g食べることが必要になります。
これはなかなか厳しい量ですよね。
そこで、サプリメントで気軽に、ということです。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |