【初心者の方必見!】フライボードの魅力 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【初心者の方必見!】フライボードの魅力

テレビコマーシャルなどで知名度が一気にアップしたものの、まだまだ体験した事のない人が多いマリンスポーツ、フライボードの魅力についてまとめました。

ガチャピン・チャレンジ「フライボード」 – YouTube

ガチャピンがフライボードに挑戦! 最新チャレンジの一部を配信中! ◆番組「beポンキッキーズ」(BSフジ) http://be-pon.fujitvkidsclub.jp/
フライボードは2012年に発売を開始した新しいマリンスポーツです。
テレビでご覧になった方が多いと思います。
かなりのパワーで人を持ち上げるのですが、ジェットスキーのパワーを利用するので、慣れると空中をかなり高く自由に舞うことができる魅力あふれるアクティビティーです。
テレビコマーシャルで一時期話題になりましたね。
フライボードは一見、とても難しそうに見えます。
実際は10分位の練習で飛び上がる事ができるようになるので、マリンスポーツは未体験という人でも楽しめるスポーツです。

フライボードとは

フライボードは、靴とボードがセットになっていて分かれません。
靴とボードで10kg程の重さがありますが、水中に入ると重さは感じませんね。
ボードと一体化しているホースにジェットスキーの排水を噴射するので、かなりの水圧で人間を空中へ押し上げます。

怖くない?

フライボードは水上で飛び回っていることから、
危険そうに感じる方が多いかも知れません。

しかし、協会が安全規定を設定しており、
現地のインストラクターもこの規定に沿った範囲で
体験を提供しています。

だから、インストラクターの教えを守ることで、
安全性を確保することができるでしょう。

安全なスポーツで、すぐにできるようになるのが特徴です

【その他】フライボード2 鬼軍曹の臥薪嘗胆/ウェブリブログ

【その他】フライボード2 鬼軍曹の臥薪嘗胆/ウェブリブログ

規約では、
100m四方の空間を確保でき、

周囲に人、船、障害物がない場所でのみ、
フライボードを実施できると定めています。

また、ボードで飛行する高度によって、
少なくとも2m〜4m以上の水深がある場所で
実施するよう求めています。

フライボードを実施する場所は、
ショップやインストラクターに任せることになりますが、
不安や危険を感じた場合は、
必ずインストラクターに確認するようにしましょう。

どこでできる?

フライボード初体験☆の巻。|相沢まきオフィシャルブログ ブログの巻 powered by アメブロ

日本国内でフライボードが体験できる場所は
まだ、あまり多くはありません。

体験できる場所が多いのは、やはり沖縄県ですね。

体験できるプランですが、大半が初心者用ですが、
なかには中級や上級のプランがあります。

関東でも楽しめるスポットが増えてきています。
場所にもよりますが、一人5000円から7000円前後で保険込みというプランが多いですね。
フライボード初体験☆の巻。|相沢まきオフィシャルブログ ブログの巻 powered by アメブロ

足にはボードみたいのをつけて、そっから水圧で体が浮くんですが、
これが思っていた通りに難しい。

人生で一番海水を飲みました。笑
でも浮けた時の気持ち良さったらありません!
30分ほどで3mは浮けました!

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |