マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

FX取引の特徴に、スワップポイントがあります。
国家の通貨を売買する過程で、政策金利の差額を受け取る事ができます。
株式取引の配当金のようなものと考える事ができるでしょう。

配当率が株式を発行する企業により異なるように、スワップポイントも通貨ペアによりかなりの開きがあります。

日本を含め世界の主要先進国は、イギリスとアメリカ以外は超低金利政策です。
マイナス金利政策に踏み切る政府もあります。

ですから、スワップポイント狙いのFXトレードがおいしい時代は今なのです。

スワップポイントが高い通貨ペアを探せ

0
http://fxスワップ生活.com/

我々日本人投資家はすべて円と海外の通貨の組み合わせで物事を考えがちですが、ドルと海外の通貨の組み合わせ、つまりドルストレートのほうはより流動性が高く、スワップポイントになるものもあるのです。このあたりが実は国内の個人投資家が見落としがちなものとなっているのです。

ただしドルストレートでこうした高金利通貨との組み合わせと売買した場合、ドル円の上下にも大きな影響を受けることになりますので、外貨同士の通貨ペアというのはかなりややこしい存在になります

http://fxスワップ生活.com/

どうしても日本円を絡ませる通貨ペアでのトレードを前提にしてしまう傾向が強いかもしれませんね。
よく考えてみると、アメリカドルが世界の主要通貨なのですから、スワップポイントが高いマイナーな国の通貨をFXトレードする場合、日本円よりもアメリカドルとの通貨ペアの方が流動性が高く、リスクが低いと考える事ができます。

ロシアルーブルは原油価格が底打ちした今のタイミングで買いと見ている人が多いですね。
ルーブル/円よりも米ドル/ルーブルの方が流動性は高いです。
米ドル/ルーブルは政治的リスクが結構大きい組み合わせなので注意も必要ですが、スワップポイントの高さはかなりの魅力でしょう。

トルコリラもスワップポイントが高い

1
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/febde39024dfa2761b7b102003e22212

トルコリラといえば、スワップ通貨の代名詞です。 トルコの高金利政策からもたらされるスワップポイントの高さこそ、FXでトルコリラを取引する最大の魅力です。 長い年月を見越して保持すれば、大きな利子利益を手に入れることができます。

トルコリラのスワップポイントで選ぶFX会社

口座を開設しているFX会社により手数料が異なるので大まかな計算になりますが、トルコリラ/円を3倍のレバレッジで45万円買うと、1年間の予想利回りが約30%になります。

レバレッジの倍率を上げると予想利回りは倍率に比例して高くなりますが、トルコリラがマイナー通貨であることを考えると、3倍程度が適正なレバレッジでしょう。

トルコリラの政策金利の行方は

0

トルコ政策金利発表 2016年2月

2016年2月23日発表。

2月23日21時にトルコ中銀政策金利の発表がありました。

前回結果:7.5%
今回予想:7.5%
今回結果:7.5%

結果は据え置きの7.5%となりました。

政策金利発表直後のマーケットに大きな動きはなく、トルコリラ/円は38.07円-38.27円を推移しています。

「そろそろトルコは利上げをするのではないか」との予想も一部ではありますが、政府側は利上げに対する懸念を抱いており、中銀に据え置きを呼びかけています。

トルコ政策金利発表 2016年2月

南アフリカランドにも注目すべし

3
http://noload.558110.info/qanana.html

南アフリカランド/円は、値動きが大きく、取引量も少ない通貨ペアであるから、スキャルピングやスイングトレード、デイトレードなどはかなり上級者向けになる。どの取引でもリスクはあるものだが、この通貨ペアの場合、比較的やりやすいのは、スワップポイント狙いの長期保有である。

 イメージするのは、低金利の円で通貨調達をし、高金利の南アフリカランドで長期保有し、日々の高金利を受け取りつつ、未来のある時点で、円安になった時期を見計らって円を買い戻すというところだろう。この場合、高いスワップポイントを定期的に受け取ることも魅力的だが、それを複利投資にすることにより、さらにリターンを大きくすることができる。

高金利通貨南アフリカランドの魅力とリスク・経済・内紛の不安

1
http://www.tetujin-vinegar.com/cat12/post_57.html

南アフリカランドの高金利はかなりの魅力です。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |