実は愛用者も多数!男性がローヤルゼリーを摂取するメリット | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

実は愛用者も多数!男性がローヤルゼリーを摂取するメリット

ローヤルゼリーと言うと、女王蜂の食事、すなわち女性の健康食品という印象が強いと思いますが、実は男性にも人気があるんです。では、男性はローヤルゼリーに何を期待しているのでしょうか?調べてみましたので、是非参考にしてみてください。

ローヤルゼリーは男性更年期に効果的

中高年男性は、抜け毛が多くなったり、親父臭が出てきたり、肥満して糖尿病に苦しんだりする年代です。
しかし、デセン酸は、皮脂の分泌量を抑えてハゲや体臭を抑制したり、食事後の急激な血糖値の上昇を
抑えてくれるような効果があります。

デセン酸に女性ホルモンに似た成分が入っていても、男性を女性化させるほどには強力ではありません。

しかし、例えば、男性の頭髪などは、女性ホルモンの管轄なので30代くらいから、男性ホルモンが増大すると相対的に頭髪は力を失い次第に禿げていきます。
薄毛が気になる方は、それを補うのに、男性はローヤルゼリーを飲むのもいいのではないでしょうか?

さまざまな健康効果や美容効果があると言われているローヤルゼリーには、体臭改善の効果があると言われています。
体臭の原因は人それぞれですが、一つに腸内環境が悪いことが挙げられます。

ローヤルゼリーには代謝を促す成分や、血行をよくする成分がたくさん含まれています。
また、ローヤルゼリーにはホルモンバランスを整える働きもあります。
そういった働きが悪玉菌を減らし善玉菌を増やして腸内環境をよくしてくれるのです。

男性は30代頃から体質が変化して、薄毛になる傾向があります。
その主な原因はホルモンバランスの乱れです。
つまり、ローヤルゼリーのホルモン調整能力が、薄毛対策になるわけですね。
腸内環境が改善されれば、便秘が解消しますから自然と体臭が減ります。
また、デトックス効果によって、体から毒素が減ると、汗もそれほど臭わなくなるんです。

ローヤルゼリーはデオドラント系のサプリメントによく使われています。
体臭対策に一度試してみてはいかがでしょうか?

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸には血圧、コレステロール値、血糖値をコントロールして正常値に近づける働きがあり、生活習慣病の高血圧、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症等の症状の改善や予防に効果があります。
また男性更年期には男性ホルモンの減少により、肥満になりやすく、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症症候群)にもなりやすいので注意が必要です。

薄毛対策にもなるデセン酸

ローヤルゼリーで体臭を改善しよう

ローヤルゼリーと言えば特有成分のデセン酸です。
女王蜂の活力の源であり、ホルモンバランスを整え、健康や美容など様々な効果があることで知られています。
もちろん、更年期や生活習慣病の予防にも役立ちます。

デセン酸が生活習慣病を予防する

更年期と言うと女性特有の更年期障害がイメージされることが多々ありますが、男性にも更年期は存在します。

概ね45~55歳位の年齢に更年期の症状が見られますが、女性と大きく異なる点は月経不順や閉経等の身体的に大きな変化が見られない点です。そのため更年期に入ったことに気づかないまま、スッキリしない体調から抜け出せないこともあります。男性の場合は目立った症状がないので更年期が終わったことを認識する自覚症状もなく、不安に思う方も多いようです。

ローヤルゼリーは女性ホルモンに似た働きがあり、女性に効果的なイメージがありますが、男性にも大いに役立つ効能が多く見られます。

男性機能の回復に役立っているローヤルゼリーの成分にはいくつかあります。

EDの原因の一つであるストレスを和らげてくれるアセチルコリン。
セックスミネラルとも言われる亜鉛。
ホルモンバランスを整えるデセン酸などですね。

男性機能の回復に役立つ

ローヤルゼリーは血行を促進させる効果を持っています。
サラサラ血液と血管を拡張する作用があるので、
ペニスまでスムーズに血液が流れ込むようになるでしょう。

さらに、ストレスに対しても効果を発揮することから、
精神的側面からの原因解消にも役立ちます。

これはローヤルゼリーのストレス鎮静効果によるもので、具体的には自律神経の正常化です。

そして、含有成分のひとつであるアミノ酸は性ホルモンの分泌を促す効果もあります。
これによって強精作用も得ることができるでしょう。
以上のポイントが背景となってローヤルゼリーは、
滋養強壮などのドリンクにも配合されていることがあります。

一般気な男性更年期の症状はたくさんあります。

男性機能低下、筋肉低下、疲労、メタボの症状、多汗、関節の痛みなどの肉体的なもの。
イライラ、情緒不安定、うつ、認知症などメンタル的なもの。

女性と同様に、症状が複雑で原因が特定できないことが多いようです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |