FXの取引に必要な取引コスト | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXの取引に必要な取引コスト

FXが資産運用として株式取引よりも有利であると多くの人が考える根拠に、取引コストが安いという点があります。
24時間取引可能な便利さや、経済ニュースの無料配信サービスなども魅力ですが、手数料が安いので売買を細かく繰り返しても手数料負けしないのは、FXの大きな利点です。

FXの取引コストについて説明します。

取引手数料

1
http://外貨mmf利回り.com/cost.html

取引1枚(単位)あたり○円といった具合です。たとえば取引単位が1万通貨の場合、1枚あたり50円と言う場合は、1ドルあたりの取引手数料は0.5銭となります。最近ではこの取引手数料を無料とするFX業者も多いです。
ただし、取引所FX(くりっく365や大証FX)の場合には、取引業者と気配提示業者が異なるため、手数料は必ず必要になります。

http://www.fx-securities.net/kiso/fx_cost.html

インターネットでのFX取引については、ほとんどの業者が取引手数料を無料にしています。

ホームページ上で取引手数料無料と表示していても、実質的には無料ではありません。
それはそうですよね。
FXの会社は、FX取引の仲介で利益を上げているのですから。
取引手数料は無料でも、為替取引にはスプレッドがあります。

スプレッド

ある時点での買うときのレートと売るときのレートの差をスプレッドといい、実質的な取引コストになります。つまり、スプレッドの幅が狭いほど取引コストを抑えることが出来るということです。
以下の例では、買うときのレートは「100.447円」、売るときのレートは「100.437円」なのでスプレッドは「1銭」です。

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_fx&cat1=fx&cat2=guide&dir=guide&file=fx_guide_01_03.html

0
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_fx&cat1=fx&cat2=guide&dir=guide&file=fx_guide_01_03.html

1銭程度であれば無視してもいいだろうと考えるのは間違いです。

通常スプレッドは0.5銭とか1銭固定等と表記されているので、大した額に感じないかもしれませんが、実際の取引ではレバレッジも使用する為注意が必要です。スプレッドは1通貨毎に発生しますので、たとえ1銭のスプレッドで取引していたとしても一回の取引で10000通貨を取引すると、「1銭×10000通貨=100円」が発生します。短期売買を行う場合、何度も取引を行いますので、スプレッドの低い会社を選び、取引コストを抑えましょう。

http://www.fx-fun.biz/zukai/cost.php

レバレッジを掛けて動かしている金額に対して発生するのがスプレッドです。
表面的には小さな金額に思えますが、売買を重ねるとそれなりの手数料になるのです。

スプレッドは会社や通貨ペアにより異なります

スプレッドの幅は固定ではありません。一般には、流動性が高い通貨や為替レートが安定している時間帯にはスプレッドの幅は小さいのですが、逆に流動性が低い通貨や為替レートが大きく変動している時間帯にはスプレッドの幅も大きくなってしまいます。

http://www.sisanunyou.org/foreign/fx_kihon_cost.html

マイナーな通貨のペアを選ぶと、為替の取引量が少なく流動性が低いため、スプレッドが大きくなります。
ドル/円やユーロ/ドルのように一日中売買が行なわれている通貨ペアでは、スプレッドが動く事はあまりありません。

スプレッドはFX業者や通貨ペアによっても異なります。

では何故FX業者や通貨ペアによってスプレッドは異なるのでしょうか?

FX業者でのスプレッドの違いはFX業者の取引を行なうインターバンク参加銀行のスプレッドに影響されます。その為、取引する銀行の違いによってFX業者のスプレッドには違いが出てくるのです。

またもう一つFX業者の中でも通貨ペアによってスプレッドに違いがあります。このスプレッド差は為替の取引量に影響されます。

その為、取引の多いドル/円のスプレッドが最も低く取引の少ない為替はスプレッドが多くかかてしまうのです。

http://www.fx-beginner.biz/cost.html

スプレッドは各FX会社によって異なり、FX会社の利益となります。
つまり、スプレッドが低い方が有利に取引できるのです。
ただし、低スプレッドを大きくうたうFX会社でも、狙った価格で約定しなかったり、システムが不安定だったりと、隠れたコストが潜んでいる場合があります。信頼のおける会社かどうか、事前にチェックすることも大切です。

http://pmall.gpoint.co.jp/fx/start/cost/

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |