≪破産回避≫任意整理で無理のない借金返済に切り替えよう | キュレーションメディア

≪破産回避≫任意整理で無理のない借金返済に切り替えよう

負担を軽減する債務整理の方法、任意整理はどのような人がどのような方法で利用するのか調べてみました。

 (681)

任意整理とは何か

多額の借金を法的に減額したり、ゼロにしたりする債務整理。

その債務整理の1つでもある「任意整理」
そもそも「任意整理」とは何をするのでしょうか。

任意整理とは、依頼された弁護士や司法書士が債務者の代理人として、消費者金融やクレジット会社などと交渉し、借金の額や月々の返済額、返済期間など新たに取り決めて和解する債務の整理です。

任意整理を行うと、利息制限法に基づく再計算が行われます。すると、通常債権額が減少したり、過払い金が生じたりします。その結果、月々の返済額を少なくしたり、払い過ぎていたお金を取り戻せたりするのです。

和解ができた後は、その条件に基づいて、毎月返済していきます。返済期間は、通常3~5年くらいになります。

 (682)

弁護士や司法書士に依頼するだけで全ての事をしてもらえるので、
時間がない方や、手続きの仕方が分からない方には利用しやすいですね。

任意整理の進め方

それでは任意整理とはどのように進めていくのでしょうか。

まずは、弁護士や司法書士に相談します。

借金返済問題の解決を相談する専門家は、弁護士か司法書士ということになります。
弁護士は全ての処理を行えますが、司法書士の場合、小額(140万円未満)の整理しか行えないことになっています。
また司法書士は、法律行為の代理人にはなれないので、裁判所関連の手続きは依頼者本人が自分で行う必要があります。
一般的に、債務整理を行うのなら弁護士に依頼するのが安心ですが、司法書士は若干費用が安いというメリットもあります。
司法書士の場合は自分で行う部分があるので、
出来れば弁護士に依頼するのが良いですね。
最近は弁護士の無料相談もありますので、
そのような機会も利用されてみるのもいいですね。
返済をする際も無理なくできるように相談できますので
安心です。

弁護士が決まれば、次は書類提出です。

・運転免許証
・保険証などの身分証明書
・金融業者との契約書の控え(複数の契約がある場合はすべての契約書)
・消費者金融などのカード
・クレジットカード
・預金通帳(取引履歴 2年分程度が必要)
・過去の利用明細や返済時の領収書
・金融業者からの請求書や返済予定表など、毎月の返済額や残債務等が分かる資料
・取引のあるすべての金融業者の名称・取引開始日・借入額・返済額などの一覧
・家計簿など収入・支出の状況が分かるもの
・本籍が載っている住民票
・源泉徴収票や課税証明書など収入を証明できる書類
・印鑑

です。
これらの資料と書類を基に、弁護士が手続きに必要な正式な書類を作成します。

揃える物は多いですが、
以上の者を弁護士に渡せば後は手続きしてもらえます。

弁護士が債権者に対して受任通知を送付します。

この通知を債権者が受け取ったら、通常督促など借金の取り立てはストップします。

受任通知を送ると、債権者から取引明細が送られてくるので、それを元にして利息制限法に基づいて、どのくらいの返済額になるか引き直し計算を行います。
だいたい、ここまでには1か月から2か月かかるのが一般的です。

引き直し計算が終わったら、その金額をもとに、業者との和解交渉を行います。
債権者が返済額に同意し、和解ができたらそれに基づき、借金の返済を行っていきます。

以上が任意整理の進め方となります。

だいたい3年ほどで完済することになります。
1社あたり3万円くらいからで任意整理してもらえます。
任意整理は過払い金も返還される場合もあるので、
大変お勧めです。
車のローン等はそのまま支払えるので
手放すことはありません。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |