これからの遊び場は「海」!~スキューバダイビングの魅力とは~ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

これからの遊び場は「海」!~スキューバダイビングの魅力とは~

マリンスポーツの代表格ともいえるスキューバダイビングの魅力や基本情報を、これからマリンスポーツに親しみたいという方向けで紹介していきます。

スキューバダイビングとは

西表島 スマイルフィッシュ水中動画 20141018 スキューバダイビング@西表島 – YouTube

非日常空間に飛び込もう!!
スクーバダイビング、スキューバダイビングとは、空気を詰めたタンクを使ってのダイビング(潜水)である。これに対して息をこらえて行う潜水をフリーダイビング、地上からホースで空気を供給する潜水を送気式潜水(フーカー潜水)と呼ぶ。
通常の潜水可能深度は最大で40メートル程度(ビルに換算して約12~13階建てに相当)である。潜水可能時間は最大で3時間半程度(ただし、潜水深度が大きいほど短くなる)。初心者やレジャーダイビングの場合、平均的な潜水深度は20メートル前後、潜水時間は45分前後で、1日に2 – 3ダイブ潜ることが多い。
今や人間は生身の身体で長時間海の中に潜って魚と一緒に泳ぐことができるようになったとは…
この体験は時代の最先端を行くものといっても過言ではありません!!

こんなことだってスキューバダイビングなら簡単にできてしまうかも!!

スキューバダイビングに必要なもの

まずスキューバダイビングを楽しむには、「Cカード」という資格を取得しなければなりません。
Cカード(Certification Card)
「Cカード」はダイビング指導団体から発行されていますが、講習会を受け、ダイビングの基本を習得すればもらうことができます。
基本的な取得の流れとして・・・
申し込み・・・ダイビングスクール等
学科講習・・・機材の仕組み・技術・水中環境・マナー。筆記試験
プール実習・・・プールで基本的な技術を練習します。
海洋実習・・・4回程度の実習を海で講習します。

ダイビング機材ですが最低限そろえても合計で30万円は必要です。
もちろん機材レンタルもありますので少しずつ揃えていけば良いと思いますよ。

免許だけでなく、経済的に余裕がある方はぜひご自身の道具を購入していただき、
スキューバダイビングを楽しまれると良いでしょう♪
けれど、レンタルで楽しむこともできるのもマリンスポーツの良い点ではないでしょうか。

また、必ず免許がないと潜れないわけではありません!
免許を足らなくても良い「体験ダイビング」というものがあるのでご安心ください♪

みんなで楽しく安全に!!

みんなで楽しく安全に!!

ズバリ!スキューバダイビングの魅力とは!

無重力の世界を上下左右自在に動けること。宇宙旅行には手の届かない私もこれなら満足!
一緒に潜った仲間と、海での思い出が共有できるから

単純に魚や海がキレイ・カワイイ等と思う

珍しい魚の写真を撮りたい、魚や海の写真を撮るのが好き

陸上では体験できない、浮遊感・開放感がある

ハマる理由は人それぞれですが、上のいずれかに該当すのではないでしょうか。

そのときあった人、海の風景、その他全てが新鮮で楽しかった。
海洋実習で始めて潜った串本のサンゴに魅了され、楽しんでいる。
今にしてみれば運命的なものと思っているけど、自分はやってみて良かったと思っている。
楽しみ方はなんでもそうだと思うけど、ある程度やってみるといろいろなことが分かる。
「海は病院。海は学校。そして海は宇宙。」
感じ方は人それぞれですが、海や魚が織りなす世界の壮大さや神秘性、
その独特の世界観に魅了される人が多いようです!
都会の生活は何かと自然から隔離された環境で、本当の人間らしさが失われがち。
人間が本来、様々な生き物と共生していることを、海に行って実感してみるのもアリなのでは??
スキューバダイビングは最高の非日常体験と言えるでしょう!!!

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |