FX取引において有利に行う条件とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FX取引において有利に行う条件とは?

投資の世界にもコンピュータ

投資の世界でも、コンピュータに取引させるシステムトレードが注目を集めています。FXのシステムトレードにおいて、国内最大手のインヴァスト証券が提供している「シストレ24」は、どの通貨を、いつ買うか(売るか)といった取引をすべてコンピュータが判断・実行してくれるとのこと。ユーザーは何をするのかというと「ストラテジー」と呼ばれる売買プログラムを選ぶだけ。
(中略)
「100%リスクがなくなる」とは言えませんが、安定感はかなり高まります。FXを長くされている方の多くは、極端なリスクは取らず、運用成績が「年5%」ほどなんですよね。FXで「年5%」と聞くと、たったそれだけ? と思われるかもしれませんが、金融機関の定期預金に預けるよりはかなり高いので、余力の範囲の中で新しい投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1512/04/news001.html
yd_fx3
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1512/04/news001.html
シストレの売買についてはプロのトレーダーに任せているものばかりではないというのが分かったと思います。売買ルールをコンピュータに任せることによって、精神的問題は100%解決するというのは分かるはずです。裁量トレードを主体にしているトレーダーなどは良いリスク分配になるかもしれません。

参考になる有名トレーダー

規模の点において、日本のFX投資家は、いまや世界の為替マーケットにおいて無視できない存在となっている。実際に、「ミセス・ワタナベ」の名付け親とされる欧米報道機関や欧米ファンドが数年前から当社をたびたび訪れており、筆者も何度かヒアリングに応じた事があるが、一様に「ミセス・ワタナベ」の売買高の多さに驚きを表す。
欧米勢も注目する「ミセス・ワタナベ」のFX取引に関して、外為どっとコムでは、毎月1回の顧客向けアンケート調査を行っている。また、その結果を外為どっとコム総合研究所が「外為短観」として取りまとめて公表している。昨年12月に行った調査で「2015年の投資成績」について尋ねたところ、「利益が出た」と答えた投資家は42.1%、「損失が出た」としたのは46.9%であった。前年の調査では、2014年の投資成績について「利益が出た」と答えた割合が55.1%と半数を越えており、2015年は投資成績がダウンした事になる。

http://news.mynavi.jp/news/2016/01/25/170/
003
http://news.mynavi.jp/news/2016/01/25/170/
この成績は一見すると見過ごしてしまいそうですが、4割の確率で利益となるというのは結構すごいことです。確かに全てを鵜呑みにしてトレードを行うのはおすすめできないかもしれません。ですが仕掛けるべきか待つべきか、買いか売りかなど色々と自分で迷っている時には利益を生んでいるのかわからない人の判断とは違い参考になるのではないでしょうか。

長期投資における誤解とは?

長期投資をやるのであれば、リスクを抑えめにするのが基本だと思うんですよね。短期の投資家は、レバレッジをかけることも多いと思いますが、長期投資で莫大な利益を何十年にもわたって上げ続けているバフェットは、いっさいレバレッジをかけません。リスクは抑えるけれど、「長期的に見て必ず経済は成長するはずだ」という信念に基づいて投資しているわけですね。ちなみに、私はデリバティブの出身なので、その理論の元となっている「効率的市場仮説」を出発点として市場を考えます。アクティブ投資で成功するのが難しいのも、市場がかなりの程度、効率的であるからだと考えてきましたが、山崎さんの本を読ませていただいて、そうではなくて、市場が効率的でなくても、結局市場の平均には勝てないのだ、というのは目から鱗が落ちる思いがしました。

http://diamond.jp/articles/-/80477
投資の神様と言われているバフェットだけにかなりのレバレッジをかけているのではと考えている人もいるのではないでしょうか。長期投資には自分の財産を管理するだけの資産を残しておく必要が出てきます。そのためにはどうしてもレバレッジはほとんどかけないという投資家も結構いるとも思います。方向性を決めかねている人は自分の資金をもう一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |