スノーボードの感覚?!人気急上昇中のアクティビティーフライボートが楽しい! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

スノーボードの感覚?!人気急上昇中のアクティビティーフライボートが楽しい!

スノーボードのような感覚で水上を飛び回るフライボードってご存知ですか?お手軽価格で楽しめる新しいマリンスポーツなんです。

フライボートとは

フライボード初体験☆の巻。|相沢まきオフィシャルブログ ブログの巻 powered by アメブロ

フライボードとは噴射装置を足に装着し、
その水圧の力で水上を飛び回ることのできる
マリンスポーツです。

ここ最近はGoogleのCMなどで話題が沸騰し、
人気急上昇中のアクティビティー。

バランスを取るために両手にノズル、
両足からのウォータージェットは水上オートバイの
噴射口を利用していて、自分で噴射を操作できます。

フライボードは見た目的には難しそうですが、
思ったよりも簡単で、個人差もありますが、
10分~15分くらいで空を飛ぶ体験ができるようです。

2014GW お台場フライボード~沖縄こうすけ~ – YouTube

世界最新マリンスポーツ"フライボード"♪ GWお台場で行われた海フェスタで日本最高峰の実演でもを開催!!! これ見た人。見れた人。ヤバいよっっっ!!! 日本人の誇りだよヾ(@^∇^@)ノ
フライボードとは、水圧を利用して体を浮き上がらせ、まるで海上を飛んでいるような感覚を味わうことのできるスポーツです★
水上バイクで引っ張ってもらい、足に付けた専用ブーツの下から海水を勢いよく噴射させて、空中に浮かび上がります!
最近有名になりつつあるマリンスポーツ《フライボート》

芸能人の方がハワイでやっている番組もありましたね。

ほかのマリンスポーツに比べて、運動神経が必要で女子では要領をつかむまでは立つことも難しい

ようです。

こういう、特殊な機械を使っていると体験する料金も高いのではないかと思いませんか?

実はとても良心的な価格なんですよ。

どれくらいの金額でできるの?

当日、朝8時からの予約だったので20分前の7時40分に来るようにメールが、早起きして到着、申込書を書き、代金4500円と任意の保険代金500円、あわせて5000円ナリを支払って、早速更衣室で着替え、9月ということもあり僕は水着と速乾性のTシャツで準備完了。

ボートで浮島に移動して、そこで器具を装着、カンタンな説明を受けて一人30分のボード体験の開始です。

30分で5000円ほどって思っていたよりもお手軽だと思いませんか?

私はもう少し高くてとっつきにくいものだと思っていました。

時間も30分というと短い気もしますが、15分20分で疲れるようなのでちょうどいいようです。

意外と体力を使うスポーツ。

@rhanashima (Rinko Hanashima)'s Instagram profile • Instagy

浮き上がる時に、膝を曲げずに重心を崩さないコツを掴んだら(僕は3.4回で慣れました)あとはフワっと浮き上がる不思議な感覚、みるみる水面から身体が離れていきます。気持ちいい!上空に行くと、まるでスノーボードのようにつま先や膝で重心を傾けると右に左に前に後ろに進みます、おおーこれはボードだ!、やってみて初めてこれが「フライボード」と呼ばれているのを感覚で理解しました。

スノーボードより、エッジの効きがゆるくて、ハンドルの遊びがある感じ、それにエンジンのパワーで上下が加わるのでなんとも、まるでアイアンマンの気分です。

スノーボードはいまやメジャーなウインタースポーツで大好きな方も多いと思います。

フライボード経験者の方によるとスノーボードに近い感覚があるそうなので、ボード好きな方は

すぐに感覚をつかむことができそうです。

しっかりレクチャーしてもらえるので安心。

フライボード | はるめぐ気まぐれブログ - 楽天ブログ

天気のいい日に富士山を眺めながら湖の上を疾走する。夏には最高の遊びだと思う。ここでは初心者でも安心して体験ができるようしっかりとしたレクチャーがされている。ショップ内でも事前にイメージトレーニングを行う。

ある程度分かったらあとは実際にやってみるに限る。見た目は難しそうだけど、やってみると意外とすんなり立つことができる。バランス感覚を保ったまま湖の上を走る爽快感は是非体験してほしい。

フライボードとホバーボードも追加されてますます遊びの幅が広がっている。

ガチャピン日記

運動神経にもさほど自信がない・・となると少しやりづらいのでは、と思いがちですが

インストラクターの方がしっかりついてくれて、教えてくれるので安心して楽しむことができるようです。

テレビ番組内では小学生の女の子もチャレンジしていましたが、とても楽しそうでしたよ。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |