FXで勝つにはゴトー日に注目 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXで勝つにはゴトー日に注目

為替相場の上がり下がりを予測して儲けを出すのがFXです。
つまり、相場が上下を繰り返す理屈を知ると、予想ができるというわけです。
基本的に為替というのは、外貨を買いたい人と売りたい人で成り立っています。
ですから、売りたい人が多ければ売り手市場で下がり、買いたい人が多ければ買い手市場になり上がるのが為替相場の基本です。

東京市場でアメリカドルの買い手が多くなる特異日を、ゴトー日といいます。

ゴトー日とは

0 
http://omccharleston.com/?m=201303

五十日(ごとおび)とは毎月5日、10日、15日、20日、25日、そして月末日を指す言葉。(よく ご「とう」び と記されるが、ご「とお」びである)
日本ではこれらの日に決済を行う企業が多い。これを五十払いという。日払いでない給与や賞与の支払日も、ほとんどの企業で五十日に設定されている。そのため金融機関の窓口が混みあったり企業の営業車により道路が渋滞したりする。
証券市場においても五十日は米ドルなどの外貨買いの需要が高くなり、仲値が高めになる傾向がある。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1028866610

会社・企業の決済とか支払いも、
このような日に行われたりしますが、
日本全国の会社は、日本だけと取引している訳ではありません。

また、日本に進出している海外企業の
売上を円から他通貨に両替する動きもあります。

もちろん、外国での利益を日本円に戻したりして、
そのお金でお給料を払ったりします。

ですから、自然と私たちが日々向き合っている
外貨も影響を受けるわけです。

http://fxstrongtrader.com/archives/1548

多くの企業が決済日をゴトー日に設定しています。
5日、10日、15日、20日、25日、月末〆などです。

ゴトー日はお金の動きが多く、銀行の取引が活発になります。
輸出関連企業も、決済日は5の倍数の日が多いです。

商品を海外から輸入する企業は、米ドルやユーロでの支払いがゴトー日に集中します。
普段日本企業は米ドルやユーロを持っていませんから、銀行で両替し、海外の銀行に送金します。

ゴトー日は円安に動く傾向が強い

1
http://speedtrade.blogto.jp/archives/31710400.html

日本の輸入企業では、取引先への支払いをドル建てで決済する場合が多く、決済日(5や10のつく日、いわゆるゴトー日)に円をドルに両替します。

そのためゴトー日になると、金融機関の保有するドルが不足することがあります。
これを「仲値不足」と呼び、金融機関は仲値不足の解消のために、外国為替市場を通じてドルを購入します。
これによりドル通貨が買われ、ドル円などは円安へ推移します。

つまり、5の倍数の日は、日本時間9時55分に向けて、円安になりやすいという傾向があります。

http://shototabata.com/fx/2527/

仲値不足について

ドル円を例に説明をしますと、銀行などの金融機関内でのドルが不足している状態にあり、ドルの補充が必要な状況を言います。つまり、金融機関はドルを補充するためにドルを買う動きが発生することになり、結果として一時的とは言え、ドル高円安のトレンドが生まれます。
では、いつこの仲値不足によるドル買い円売りの取引が行われるのか?それは、仲値発表前に行われます。
つまり、仲値を基準設定を行うにあたり、ドルが不足している状態が発生し、金融機関はドル集めに翻弄されドル買いの取引が一時的に活発化するのです。これが、一般的に言われている仲値不足によるドル高円安の仕組みとなります。

http://fx-tec-frontier.seesaa.net/article/365277914.html

為替相場はFX取引だけではなく、自動車メーカーや家電メーカーなど、日本を代表する製造業も大きく関係しています。
物流がグローバル化していますから、輸出入の流れの中で多くの企業が外貨と円の両替を頻繁に行なっており、為替相場を動かしているのです。

ゴトー日を狙うFX取引の注意点

ゴトー日が土日休日というのは、銀行はこの米ドル買いを休日の前の日に行う場合と、休日明けに行う場合の2パターンがあるのです。結果、米ドル買いが分散してしまうため上手く「ゴトー日の仲値トレード」の傾向がでないのです。

また、銀行の米ドル買いの量にもよりますが、米ドル/円が下降トレンドに入っているときは、銀行の米ドル買いが発生しても、持ち直す程度で止まってしまい、「ゴトー日の仲値トレード」で狙うドル高の状態にならないことも多々発生するのです。

 http://xn--fx-3s9cx68e.xyz/report/nakanetrade/

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |