【知っておきたい】グルコサミンの適切な摂取量とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【知っておきたい】グルコサミンの適切な摂取量とは?

関節のサポートや美容に良いと言われるグルコサミンですが、必要摂取量は人によってどれほど違うのでしょうか?またどれくらい続けれると効果が出るのでしょうか?

グルコサミンの必要量は体重によって異なる

グルコサミンは少し多めに摂取するのが理想的

1日に必要なグルコサミンの摂取量は、1,500mgと言われています。これはグルコサミンのサプリメントを選ぶうえで覚えておきたい数値です。

というのも、1,500mgを下回ると、効果が出るのに時間がかかってしまうそうなんです。グルコサミンはもともと体内で作られる成分で、歳を取るごとにどんどん減少していきます。

中高年になると関節が動きづらくなったり、痛んだりと、いろいろな症状が出てきますよね。その場合は、少し多めに補給しても大丈夫。多過ぎる分には体の外に排出されるようになっているので、問題はないそうです。

グルコサミンは人間の体の中で合成される成分であり、サプリで適切に摂取することについても大きな危険性はないと考えられます。しかし、グルコサミンを過剰に摂取することによって、胃痛や胸焼け、便秘、下痢などの軽い胃腸症状が発生する危険性が指摘されています。

グルコサミンの過剰摂取に注意

グルコサミンの必要摂取量は日本人とアメリカ人でも違いますし、症状によっても違うのですね。
基本的には体重によって決めたほうがいいかもしれません。
54kg以下の人と90kg以上の場合では1日のグルコサミンの目安が1000mgも違ってくるんですね。
サプリメントの必要摂取量はもちろん重要ですが、この体重別の基準値は覚えておいても損はないと思います。
せっかくグルコサミンを摂取するのですから、効果を確実に出すためには毎日の量を少し多めにしたほうがいいみたいです。
とはいえ、過剰摂取は気になるので、基準値より少し多い程度に留めたほうがいいでしょう。
少し多めに摂取したほうがいいと紹介しましたが、やはり上限をオーバーしないように注意したほうが良さそうですね。
やはり間隔をあけて多めに摂取するよりも、毎日必要量を継続することが大切なんですね。
摂取のタイミングは1日3回に分けるのが理想的なんですね。
ただ、夕食後~就寝前が最も効率よく体に成分を吸収できるのだそうです。
食後プラス就寝前にもう1回、合計4回、摂取してもいいかもしれません。

食事後に飲んだ方が胃には負担がかからないので、食後の方がよいでしょう。1日1回ではなく、3回など分けて摂取するメリットとしては、体内でグルコサミンが減少してしまう時間を減らすことで、平均的にグルコサミン濃度を保つことができるでしょう。
原料となるカニ・エビに対するアレルギーを持っている人や、過剰摂取を行わない限り、グルコサミンは安全性が高いと言われています。そのため、ある程度長期的な視野にたった上で、継続的に摂取していく必要があります。最低でも2~3ヵ月は続けて飲み続けることが大前提。多量を短い期間で摂取するのではなく、適量を継続的に摂取していくのがグルコサミンの上手な摂取方法です。1日の摂取利用の目安は1000~2000ミリグラム程度。

最低でも2~3ヶ月の継続が必要

グルコサミンの摂取量の目安は、1日あたり1,500mg程度とされていますが、厚生労働省などによって正確に定められているわけではありません。アメリカの研究においては、体重が軽めの人の場合は1,000mg程度、90kg以上ある人の場合は2,000mgが適正量であるとのデータもあるようです。変形性関節症においてグルコサミンが有効であると確認された試験では、1日あたりの摂取量は1,000~1,200mgとされていました。

グルコサミンの1日の摂取量は?

グルコサミンを飲むタイミングは?

1000mg~2000mgという幅は体重によって適切な摂取量の目安は変わってくるということで幅を持たせています。

体重が54kg以下の場合には1000mg前後に抑えておいた方が良いかもしれません。

体重が55kg~90kgの範囲の場合の目安は1500mg

体重が90kg以上の場合の目安は2000mg

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |