債務整理がローン審査に与える影響はどの程度か知っていますか? | キュレーションメディア

債務整理がローン審査に与える影響はどの程度か知っていますか?

債務整理を行うと所謂ブラックリストに載り、ローン審査に影響があるといわれます。では、債務整理が実際にローン審査に与える影響とはどの程度のもので、その影響期間などはどの程度のものなのだろうか。一つ一つ見ていくことにしましょう。

債務整理に関して出てくるブラックリストって何?

まず、債務整理に絡んでブラックリストという言葉が頻繁に登場します。
では、このブラックリストとは具体的には一体何なのか、そこからみていきましょう。
 (7658)

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されて、借入ができなくなりますが、このことを「ブラックリストに載る」ということがあります。しかし、実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。

新規の借り入れの申し込みを受けた貸金業者は、信用情報機関の登録情報を確認します。そして、事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わないということになります。また、現在利用しているカードについても、使えなくなる可能性があります。

信用情報機関には、次のようなものがあります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

ブラックリストとは上にあるように信用情報機関にそのことが登録されることをいいます。
金融機関はいずれかの信用情報機関に登録し、信用情報を提供する義務を負っています。
そのことにより、金融機関は事故情報を調べ、貸し出しなどを行わないという行動を取れるのです。

債務整理が信用情報に記録されている期間とは?

では、上で見たようなブラックリストですが、一体いつからいつまで登録されているのでしょうか?登録されている間はローンなどが当然通らないので、これは知っておかなければなりません。
 (7615)

任意整理時(保存期間:最長5年間)
・任意整理の事実
・任意整理に関する延滞情報

任意整理の情報は5年間記録されますが、金融機関によって情報を登録するタイミングがマチマチです。
基本的には任意整理について合意があったタイミングで登録されますが、遅い場合は任意整理後の返済まで終えてから登録されるという事もあるようです。
つまり、返済まで完了してから5年間と思っておいた方がいいでしょう。

自己破産・個人再生時
・自己破産や個人再生の事実
・自己破産や個人再生に関わる延滞情報

・CIC・JICCは最長5年間
・JBAは最長10年間

自己破産、個人再生情報は機関によって保存期限が異なりますが、債務整理に関する情報は各信用情報機関で共有されますので、最長10年間は残ると思っておいた方がいいでしょう。
また、信用情報に登録されるタイミングも金融機関によりマチマチです。
一般的に多いのは自己破産は免責許可が下りたタイミング、個人再生は完済してからというのが多いようです。

どのような債務整理をするかによって、登録されている期間が異なるようです。
返済時に登録となると、返済が終わらなければ信用情報がいつまでも消えません。
当然、返済の遅滞なども登録されているため、どちらにしろ返済を早く済ませてしまうことが重要です。

まずは自分の信用情報を知るのが重要

信用情報がどのくらいの期間登録されているかを知ることができました。
しかし、いつまで登録されているかは確認しなければなりません。
では、どうやって確認すればよいのでしょうか?
 (7616)

郵送による確認も可能ですので、指定されている申し込み方法をご覧の上、確認してみましょう。
信用情報登録機関によって登録されているところとされていないところがあります。メジャーどころはシーアイシーですが、消費者金融を使った人は 日本信用情報機構での確認をすると良いと思われます。
直接センターに訪れることで、相談に乗ってもらうことも可能です。不明点などがありましたら、聞いてみましょう。
支払遅延をしたかどうかの確認だけでなく、登録されている住所や電話番号なども確認できます。もし、以前住んでいた住所や電話番号が登録されている状態で、新たなクレジットカードを申し込もうとしても情報が異なるという理由でクレジットカードの発行がされない場合もあります。その時にどのカード会社に変更登録をし忘れているかの確認も出来ます。
今まで見てきたとおり、信用情報の登録は金融機関ごとや債務整理の方法ごとにまちまちです。
そのため、「もういいだろう」という考えでローンの審査を申し込んでも却下されてしまいかねません。しかも、それが信用情報にキズがあるからだめなのか、それとも自分の年収などに問題があるのかもわかりません。
そのため、まずある程度の期間が経っているのであれば信用情報機関に自分の信用情報を問い合わせてみましょう。

債務整理後でもローンを通りやすくするためには?

さて、信用情報も消えていることが確認でき、これからローンの審査を受けることにします。
しかし、ここでどこの審査でも良いというわけではありません。
それはなぜなのでしょうか?
 (7617)

債務整理した金融機関とは別グループの銀行で住宅ローンを申し込む

任意整理した相手の金融機関やグループが運営する金融機関が相手だと、5年が経過しても住宅ローンの審査が通らなくなる可能性があります。
任意整理後は減額もしくは0円になり毎月の支払いも楽になるので、任意整理をした金融機関とは関連性の無い銀行口座を開き、少しずつでも良いので貯蓄しておくことが重要になります。
その後、住宅ローンを検討する際も貯金のある銀行を通すことが重要です。

任意整理後5年以上経ってから個人信用情報の開示をして検討する

任意整理後は5年ほどKSCやJICC、CICなどの信用情報機関に事故情報が残るため、任意整理後5年~7年待って審査条件を満たすことによって住宅ローンを利用することが可能になります。
その際、住宅ローンの審査落ち履歴を残してしまうと、その後他の金融機関で審査を通すのも難しくなる為、住宅ローンの審査申し込みの前には必ず個人信用情報機関の情報がどうなっているか確認しておく事が重要です。
事前にあなたの個人信用情報をチェックしておき、金融事故記録(ブラックリスト)が消えているか確認してから住宅ローンの審査を申し込みましょう。

現在、金融機関はグループ化が広くなされているため、一つの金融機関で行った債務整理がそのグループ内での情報として共有され、信用情報の登録が消えても尾を引く場合があります。
そのため、できれば事故を起こした金融機関グループ以外でのローン申請をする方が無難です。
また、前項でも書きましたが、個人情報がどうなっているのかのチェックも怠らないようにしましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |