日常生活への影響あり?ズバリ!任意整理のデメリットとは | キュレーションメディア

日常生活への影響あり?ズバリ!任意整理のデメリットとは

任意整理は債務整理の中でもとてもデメリットの少ない方法です。ですがデメリットが全くないというわけではありません。そんな任意整理のデメリットとは何でしょうか?日常生活にまで影響のあるデメリットはあるのでしょうか。

新たな借入が出来ない

任意整理の手続きにおいて、信用情報機関に事故情報が登録され、一定期間借入が制限されるというデメリットがあります。
任意整理
借入ができなくなる期間
約5年

たまに、ご家族の信用情報の影響を心配されている方がおられますが、あくまでも債務整理を行ったご本人の情報のみの登録であり、ご家族の情報が登録されることはありません。

任意整理を行うデメリットとして最も代表的なのが、任意整理を行うと、新たな借金が出来ないという点があります。
新たに借入が出来るまでの期間は5年程度となっていますので、その期間は現金で支払っていくことになってしまいます。

債務の元本は減らない

Free illustration: Statistics, Chart, Graphic, Bar - Free Image on Pixabay - 810022 (10983)

勘違いしている人も多いのですが、任意整理では借金の元本が減るわけではありません。
任意整理はあくまで、払い過ぎた利息を返してもらう(=残りの借金と相殺)という方法になります。
ちなみに、任意整理以外にも、民事再生や自己破産といった債務整理方法もあるのですが、その場合は借金の元本自体を減額(または帳消し)することができます。
なのでもし、「借金の元本を減らしたい!」という場合には、民事再生や自己破産なども視野に入れて検討することになります。
任意整理を行うことで債務の元本が減ると言うことはありません。
これは、債権者との話し合いにもよるのでしょうが、基本的には払いすぎた利息を返してもらうと考えるのが良いですね。

収入は必要

任意整理では、大前提として借金の返済が必要となります。借金の元本減額があるわけではなく、最終的には分割で借金を返済する手続きです。当然、無収入の状態のまま借金を返済することは難しいはずですね。したがって、何らかの形での収入がないと、この手続きは利用できません。
収入が無いと任意整理が行えないのが基本的です。
その為、任意整理を行おうとお考えの方はまず収入を確保しなければいけませんね。
まれに強硬な貸金業者(消費者金融など)ですと和解が成立しないことがあります。
ただし、通常の一般貸金業者(消費者金融など)は和解に応じていただけますので、あまりご心配いただく必要はありません。

和解が成立しない

任意整理をする事で、債権者から保証人へ借金返済の請求も要求されるでしょう。
この点は、自己破産でも起こる事ですが、保証人や周りの方に迷惑をかけたくないという場合、少し考えなければいけません。
債権業者によっては和解に応じてくれないケースというのもあります。
そういった場合も任意整理がうまくいきません。

短期間の借入

Free illustration: Money, Dollar, Currency, Business - Free Image on Pixabay - 1038723 (10982)

例えば、3か月前に30万円借り入れたが、1度も返すことなく任意整理を行おうとしても任意整理に債権者は応じてくれないでしょう。
何故なら、このような場合に任意整理に応じれば、債権者は無償でお金を債務者に貸し付けたことになり、これに費やした経費だけでも大きな損失となるからです。
このようなケースは極端ですが、取引期間が非常に短い場合は、将来の利息カットや返済額の圧縮、さらに分割返済や返済期間の延長に消極的で任意整理を受け入れる可能性は低いと言えます。
一度も返済実績が無いような状態で任意競りを行おうと考えても、基本的には債権者も弁護士も取り扱ってくれないケースがほとんどです。
ある程度の期間は返済した方がこの制度を利用出来ると考えるのが良いですね。

弁護士による場合

Free illustration: Statistics, Chart, Graphic, Bar - Free Image on Pixabay - 810028 (10984)

ある一定の弁護士事務所・司法書士事務所の任意整理のは応じないという会社

一部の消費者金融に特有で、過払い請求の場合に、裁判を起こして利息もしっかり請求してくる事務所に対しては任意整理には応じないという方針の会社

この場合は、(その会社の任意整理ができている)別の事務所を探して依頼する必要があります。

債権会社の中には、この弁護士や司法書士に対しては任意整理を受け付けないという所もあります。
そういった所では、任意整理を行うことが出来ません。

任意整理にもデメリットはあります。
しかしメリットも沢山ある債務整理の方法ですので、デメリットを理解した上で任意整理を行うのが良い方法ですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |