黒酢と酵素の相性抜群?!それぞれの効果と摂取方法 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

黒酢と酵素の相性抜群?!それぞれの効果と摂取方法

健康に良いことで話題になっているのが黒酢と酵素です。今回はそれぞれの効果や摂取方法などについてを調べてみました。また、黒酢と酵素の相性についても合わせてご覧ください。

・必須アミノ酸を豊富に含んでいる
・腸内環境を整える効果がある
・ダイエットにも効果的
・疲労回復に役立つ
・血液がさらさらになる
・昔と比べて飲みやすくなった(サプリも登場)
・美肌にも効果があると言われている
・直接飲むだけではなく、料理にも使える
■酵素ドリンク
ファスティング(断食)ダイエットができるということです。
サプリメントでは補えない栄養量・酵素量がありますし、ファスティングダイエットに向いているほどの満足感を少量の酵素ドリンクで得ることができます。

■酵素サプリメント
携帯用として、オフィスでもどこでもすぐに服用することができますし、手軽に栄養補給をすることが可能です。
また、サプリメントの場合はカプセルに酵素成分を閉じ込めてあるために、「あの酵素ドリンクの独特の味が苦手…」という方でも飲みやすいということも大きなメリットです。

黒酢のメリットは?

黒酢と酵素の相性ば最高レベル!

酵素の健康効果とは?

酵素はどうやって摂取すればいい?

黒酢の摂取方法とタイミング

黒酢の効果を最大限に引き出すには、朝食か昼食の食中から食後をオススメします。食事の最中から食後にかけては消化が良くなるので、黒酢の成分を吸収しやすくなるためです。

夕食時に黒酢を摂取しても良いのですが、酸の影響により歯が溶けてしまう酸触歯に注意が必要です。水で口をゆすいでから、歯を磨いて寝るようにしてください。

一方、食前に黒酢を飲むと食欲増進に繋がります。ダイエット中の方は食前での摂取は避けたほうが良いでしょう。運動前や運動直後に飲むことで、ダイエットをサポートしたり疲労を和らげるのに役立ちます。

黒酢をいつ飲むか、最も注意しなければならないのは空腹時です。黒酢の酸は胃に負担となりやすいので、胃が空っぽの時に黒酢を飲むことは避けましょう。

酵素というと、消化酵素が最初に頭に浮かぶと思います。
しかし実際には、ダイエットや疲労回復、免疫やアンチエイジングなど、実に様々なことに関係しているようですね。
少し前に酵素ダイエットが話題になりましたが、これなら健康目的で取り入れてみてもいいと思います。
酵素は日々の食事からは、上手く摂取できないと言われています。
ドリンクでもサプリメントでも酵素が摂取できれば、どちらでもいいので利用してみてくだください。
ライフスタイルに合わせて選ぶといいと思いますよ。
1、痩せやすい体質になる
2、ダイエット効果が高まる
3、疲れにくくなる
4、頭がスッキリする
5、アレルギーが改善する
6、アンチエイジングに繋がる
黒酢にはアミノ酸や酢酸が豊富に含まれています。
アミノ酸は基礎代謝を上げてくれますし、酢酸は体内でクエン酸に代わって、運動で脂肪を燃焼させてくれます。
健康と美容にいいので、女性には特に取り入れてもらいたいですね。
黒酢の1日の摂取量は15~30mlと言われています。
これ以上飲んでも効果は変わらないそうですので、摂取量はきちんと守りましょう。
実はもうひとつ大きな効果があります。
それは、酵素を活性化する働きです。

酢飯が普通のご飯よりも消化がよいということを聞いたことはありませんか?
消化が良い理由は、酢の酵素活性化によって、ご飯が予備消化されるからです。

「予備消化」というのは、食べたものが体内で消化活動に入る時点で、
すでにある程度、消化が進んでいることを指すのですが、
酢をかけると、そのものの酵素活性が行われ、消化がよくなるということです。

酢にはさまざまな種類があって、米などの穀物から作られる穀物酢、
リンゴなどのフルーツから作られる果実酢など様々ありますが、
一番おすすめしたいものがあります。

それは、米とか大麦などを原料にして、
壺の中で一年以上寝かせて、発酵・熟成させてつくられた黒酢です。

なぜ黒酢がいいかと言うと、
質の良いアミノ酸やクエン酸がたっぷり含まれているからです。

酢が酵素を活性化させるとは驚きです。
お酢を飲むのは食事中や食後すぐが理想ですから、タイミングという意味でも相性は最高です。
もちろん、黒酢のほうが効果が高いので、酵素との相乗効果が見込めますね。

著作者: Vive La Palestina

著作者: Vive La Palestina

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |