【徹底解説】ブルーベリーの魅力に迫ってみる | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【徹底解説】ブルーベリーの魅力に迫ってみる

ブルーベリーは様々な魅力があります。それは食べやすさや、味わい栄養などの様々な側面があると思いますので、紹介したいです。

どんな栄養があるの?

ブルーベリージャムの甘みと酸味、ジンジャーの爽やかな辛さが合わさっておいしいです。レモン果汁で酸味を少し加えれば、ジンジャーの辛さも気になりません。
このソースがローストビーフによく合うんです!

ぜひお試しくださいね!

本当にどんな料理にでもあいますね。甘いものだけでないというのがいいですね。こうしたブルーベリーのレシピは多数ありますから、色々挑戦してみて味わう事をおすすめしたいなと思いますね。
野菜をおいしく

野菜をおいしく

抗酸化作用のビタミンCが5倍もあるブルーベリーの美味しいドレッシングをご紹介。肉や苦味野菜に合うドレッシングを考えましたらこれが大成功。家族が絶賛。冷凍物でも構いませんのでチャレンジしてみて下さい。
ブルーベリーはポリフェノールの一種アントシアニンを含み、視覚機能改善作用や眼性疲労改善作用が有名です。アントシアニン意外にもブルーベリーはビタミンE、食物繊維、ミネラルなどの栄養素を含んでいます。

ブルーベリーのカロリーは100gあたり約50kcal。
ブルーベリー20個で40g(20kcal)程度と言われていますから、あまりカロリーを気にせずに食べられるのも嬉しいところです。

たくさん食べてもカロリーが低いうえに、健康にいいというのは本当に大きな強みですよね。
●ガンにも有効

アントシアニンはポリフェノールの一種で、ガンや様々な生活習慣病の原因にもなっている活性酸素を抑制する効果があります。

●ビタミンE

抗酸化作用があり、体内の活性酸素を減らし老化を防ぎます

ブルーベリーの小さな果実の中には、からだに嬉しい栄養がぎっしり詰まっています。アントシアニンは優れた抗酸化作用を持ち、眼精疲労回復や生活習慣病の改善などに効果的。また、アントシアニンが花粉症のつらい症状を緩和することもわかっています。その他にもお腹の健康に欠かせない食物繊維をバランスよく含んでいます。アンチエイジング効果のあるビタミンCとビタミンEもたっぷり含んだパワフルな果実なのです。

終わりに

朝食のシリアルに混ぜたり、パンケーキに混ぜたり、エクササイズ後のパワースムージーにブレンドしたりと、鮮やかな青色のブルーベリーはさまざまなメニューに加えられます。滑らかで柔らかい皮の付いた、小さくてふっくらと丸いブルーベリーは、濃いインディゴブルーと独特のほんのりとした甘酸っぱさで、食事やデザートを素敵に演出してくれます。
このように色々なものに合うのはいいものですよね。
果実がきれいなブルー色をしていることから「ブルーベリー」という名がつけられました。20世紀生まれの果実で日本では1970年代に栽培が盛んになり、日本中で広く知られるようになりました。成熟した果実は濃い青紫色をしており、「アントシアニン色素」と呼ばれる水溶性の色素が含まれています。このアントシアニン色素は目によいといわれているため、健康を気遣う方から注目を集めている果実です。
ブルーベリーはとてもおいしいです。おいしいだけでなく見た目もそうですし、様々な料理方法があるもので、今回はそうしたものを中心に紹介したいです。

ブルーベリーは魅力的です。

どんな料理があるの?

お肉にもあいます。

お肉にもあいます。

ブルーベリーは生食が基本ですが、いろいろな利用加工ができます。ジャム、ヨーグルト用ソース、ジュース、ワインも赤ブドウのワインに近い風味のものができます。その他、お菓子の材料、パイ、洋菓子に用いられたり、すてきなブルーベリー料理もつくられています。
このように様々なものになっちゃう上に、料理に合うのはうれしいですよね。
皮をむいたり、切り分けたり、種を出したりする必要がなく、そのまま頬張れるのも魅力のひとつです。生ゴミも出ないので、環境に優しい果物です。
まさにエコですよね。
なんにでもなっちゃう

なんにでもなっちゃう

以上がブルーベリーの魅力の一部です。今までは単に目がいいということを漠然と知っていたくらいでしたが、お肌にもいいであったり、様々な生活習慣病にも立ち向かってくれる魅力的な成分だったわけですね。そのうえで料理にもいろいろあって、楽しませてくれるということです。このほかにも冷凍してそのまま食べたり、生で食べたり、ヨーグルトに混ぜるなどバラエティーに富んでいるのは大きな面です。皆さんもこうしたブルーベリーの魅力を心から享受してみませんか。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |