FX業者選び5つのポイント | キュレーションメディア

FX業者選び5つのポイント

Web
http://sozai-good.com/wp-content/uploads/2014/07/97883cbef42cae994c446f6ef3d8d8cf.jpg

きちんと金融庁に登録しているのか

最重要!金融庁に登録されているか?
まず最重要のポイントとしては、
金融庁の免許・登録を受けている業者かどうかと言う点です。
2005年7月1日から金融先物取引法が新しくなり、
FX業者は必ず金融庁に登録しなければならなくなりました。
つまり、金融庁に登録されていない業者がFX業者をやっている、
ということ自体が違法になりました。
ですので、金融庁にFX業者として登録されている、
というのは絶対条件となります。

http://fffx.net/5/16/000029.php

これは最低限の業者選びの基準です。
金融庁に登録していない業者に口座を開いて取引をしてはいけません。
FX業者は、金融庁に登録しなければ営業できませんので、その点だけはしっかりと抑えておきましょう。

スプレッドを比較してみる

スプレッドとは為替レートに存在する「買値と売値の差」のことです。例えば、ニュース番組などで為替レートを報道する際に、米ドル/円が「1ドル=105.20~105.25円」と表示されます。
これは売値が105.20円、買値が105.25円という意味です。売値と買値の0.05円の幅がスプレッドであり、この場合は5銭に置き換えられます。
このスプレッドがあるため、日本円で米ドルを購入し、同じ時刻に米ドルを日本円で売却すると必ず損をします。
別の例で言い換えると、市場価格が「1ドル=95.123円」だったとき、そのFX会社のスプレッドが1銭であれば、私たちは「1ドル=95.133円」で買うことができます。つまり「0.01円=1銭」を支払っているわけです。
実はこの為替レートの差額であるスプレッドがFX会社に支払うコストであり、FX会社によって設定金額が異なります。

http://www.tetujin-vinegar.com/cat14/post_41.html

スプレッドは業者に支払う手数料な物です。
このスプレッドが少ない金額である業者の方が、当然取引で儲けが出る可能性は高まります。
業者選びの際にはスプレッドがいくらなのかもチェックしなければいけません。

投資金額はいくらから始められるのか

初期投資額がFX会社によってバラバラに設定されているとして、それでは、実際には幾らからFXを始める事が理想的なのでしょうか?
 「それはあくまで個人の自由となるお金による」と言うのが実際のところですが、FXは他の金融取引同様に元本割れが発生する可能性のある取引になります。
 そこで、最初はFXを体験する程度にして、できるだけ小額から始められる事をお勧めしたいと思います。

http://mituwasou.com/fxblog_beginner/free/company-choice.html
sihonkin03
http://office-tsuda.net/img/sihonkin03.jpg

初期投資額がいくらから始められるのかと言うことはとても重要です。
今では1通貨からでも始められる業者もあります。
そういう業者では、100円あればそれなりに投資することも出来ます。
1万通貨単位でしか取引できない業者もあります。
そういった場合は、最低でも5万円は投資資金として用意しておく必要があります。
ご自身が投資に回せる金額がいくらなのかで業者を選ぶことも重要です。

自己資本規制比率で選ぶ

「自己資本規制比率」とは、FX会社や証券会社などが金融商品取引業を行う上で、保有資産の価格変動等のリスクを負った場合でも、短期間に対応できる支払い能力があるかを示す指標です。
この比率は、金融商品取引業者の財務の健全性を測る重要な指標で、金融商品取引法第46条の6第2項で、金融商品取引業者はこの比率が120%を下回ってはならないと定めています。
各FX会社や証券会社では、この数値を四半期末時点の自己資本規制比率として公表し、その数値によって証券取引法に基づき金融庁が各措置を執ります。

http://www.dentani.com/capital.html

自己資本規制比率とは、お客様から預かっている金額に対して自社の資本がどれだけ上回っているのかという物です。
この比率が高い会社は、たとえ大きな為替変動があったときでも取引を行うことが出来ますが、この値が低いと取引できなくなる可能性もあります。
ですので、自己資本規制比率の高い業者を選んだ方が、安心して取引をすることが出来ます。

取引ツールで選ぶ

各FXサービスの提供する取引ツールは、インターネットにアクセスできればPCやスマートフォン、フューチャーフォン(ガラケー)から取引できるだけではなく、取引参加者の意見を取り入れて随時改良されています。そのためFXサービスやアクセスする端末ごとに独自色が強く、取引に大きな影響を与えることが考えられます。
口座開設を済ませて実際の取引をはじめてから「何かが違う」ということにならないように、一部のFXサービスでは取引をシミュレートする「デモトレード」を提供しているため、実際に口座開設をする前に、デモトレードをすることで相性が良いかどうかを確認すると良いかもしれません。

https://africagoodnews.com/column/basic-knowledge/choice-of-fx-company/#i-4

FXではほぼオンラインで取引を行います。
ですので、取引ツールが充実している業者は使いやすくて便利です。

FX業者を選ぶ際には、ご自身のプレースタイル資金力に合わせた業者を選ぶことが重要です。
多くのFX業者がありますので、じっくりと考えて口座を開設することをお勧めいたします。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |