アレルギーの人は飲めるの?グルコサミン徹底解説! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

アレルギーの人は飲めるの?グルコサミン徹底解説!

エビやカニなどの甲殻類を原料とするグルコサミンを甲殻類アレルギーの人が飲むと危険です。甲殻類アレルギーの人でも安心して飲むことのできる植物由来のグルコサミンについて説明します

グルコサミンの基本成分と原料について

エビやカニにアレルギーがあるためグルコサミンを今まで飲んでいなかった人が、植物由来のグルコサミンを飲むようになって関節痛が緩和されているのはうれしいですね。
パソコンを使った事務仕事で腰痛になったり、関節がこわばったりしていたのですが、これを飲み続けたら1週間ほどで効果が出たのか、身体の調子が良くなりました。

エビにアレルギーがあるので、グルコサミンの摂取をあきらめていましたが、植物由来なら安心です。本当に助かっています。

発酵グルコサミン : 健康食品オンラインショッピング 協和発酵バイオの健康食品通販サイト

発酵由来のグルコサミンとは、植物から生成するグルコサミンを原料とするサプリメントです。
植物性グルコサミンなので、甲殻類アレルギーの人でも何の心配も無く服用できます。

植物性グルコサミンを飲んでいる人の感想は

ある種の微生物はその体の中でエビ・カニの殻と同じキチンをつくることが知られています。

この微生物によるキチンを材料にしてつくられるのが、発酵由来のグルコサミンです。エビ・カニに対してアレルギーがある方も、発酵由来のグルコサミンであれば安心して摂取することができます。

グルコサミンの効果 |協和発酵バイオの健康成分研究所

甲殻類アレルギーでもOKのグルコサミンがあります

甲殻類アレルギーの症状は人により異なり、まぶたや口が腫れる程度の人や、重症な症状で救急車を呼ぶほどの症状まで様々です。
症状のレベルに関わらず、甲殻類アレルギーの人はエビやカニなどの甲殻類を原料とするグルコサミンサプリメント服用はNGです。
甲殻類アレルギーの症状は大部分が摂取後1時間以内にじんましんや皮膚の腫れを引き起こすことが多く、唇、のど、目や耳なども腫れてしまうという症状です。
半数以上の人が口腔アレルギー症状をあらわし、呼吸器症状も含んだアナフィラキシーショックと言われる症状を出す人も半数以上いるとされています。

アナフィラキシーショックとは、皮膚、粘膜、呼吸器、循環器、消化器、神経のうち2つ以上の重い症状が同時に起こったもので、特に血圧が下がってショック状態になることをアナフィラキシーショックと呼んでいます

喉が痛い人のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

甲殻類アレルギーの症状

エビやカニなどの甲殻類アレルギーの人は多いですね。
子供の時はアレルギーではなかったのに、成人してからアレルギー反応が出るようになったという人もいます。

甲殻類アレルギーの人は、エビやカニなどの甲殻類を原料とするグルコサミンサプリメントを服用すると、アレルギー反応が出ます。

エビやカニなどの甲殻類を食べたことによって、皮膚、消化器、気道を中心にアレルギー症状が起きます。
アレルギー反応は、ウィルスなどの異物から身体を守る免疫機能の一つですが、何らかの原因で過剰な反応を起こして、身体に様々な症状をもたらします。

食物アレルギーは子どもに多く見られるのですが、アレルギーの3大原因食物と言われるのが、鶏卵、牛乳、小麦です。
これらは年齢が上がるにつれて食べられるようになるのですが、エビやカニなどの甲殻類アレルギーは反対に、2、3歳以降に増え始め、一度発症すると、治りにくいとされています。

グルコサミンは体内で合成されるアミノ酸の一種で、ブドウ糖とグルタミンというアミノ酸から出来ています。関節にある軟骨の構成成分「コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸」は、このグルコサミンから生成されるため、軟骨の形成原料と言ってもいいでしょう。

しかし残念なことに、グルコサミンは体内で合成することは出来ても、通常の食事から摂取することは出来ません。その為、サプリメントにするにはエビやカニ、ロブスターなどの甲殻類の殻に含まれているキチン質から抽出します。

エビ・カニのキチン質を加水分解して精製したものが、グルコサミンサプリメントとなりますので、甲殻類のアレルギーのある方が摂取する際には注意が必要です。

甲殻類 -  GATAG|フリー素材集 壱

甲殻類アレルギーとは

現在市販されているグルコサミンサプリメントの大半は、甲殻類を主原料とする製品です。
必ず原材料の表示があるので、確認できます。
職場のあんぜんサイト:労働災害事例

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |