FXで重要なFOMCとは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXで重要なFOMCとは

FOMCとは

《Federal Open Market Committee》連邦公開市場委員会。米国内でのドル供給の大枠を決めることによって、公開市場操作に重要な役割を果たす機関。米連邦準備制度理事会(FRB)の理事および地区連邦銀行総裁(ニューヨーク連邦銀行総裁を含む)5名で構成される。FRBと連携して米国の金融政策をリードする。

https://kotobank.jp/word/FOMC-446236

利上げ軌道の修正議論、金融ひっ迫でリスク増幅の恐れ=FOMC議事要旨
http://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2016/02/2016-02-17reuters650111-thumb-720xauto.jpg

FOMCは、アメリカドルに大きな影響を及ぼす機関です。日本で言う日銀のような存在でもあります。
中央銀行であるFRBとアメリカ経済の舵取りを行っています。
FOMCで発表されることは、FX取引においては非常に重要です。

政策金利の発表

連邦公開市場委員会。日銀の金融政策決定会合に相当する金融政策の最高意思決定機関で、決定された公開市場操作の基本方針がNY連銀に向けて指令される。年8回、約6週間ごとにワシントンの理事会議室で開催。1日又は2日開催され最終日(夏時間:日本時間午前3時15分、冬時間:日本時間午前4時15分)に結果を発表。

http://fx.minkabu.jp/indicators/01001
l_055
http://exchange-images.com/highresolution/l_055.png

FOMCで発表されることで一番注目されることが、アメリカの政策金利の発表です。
ドルの価格に大きな影響を及ぼすので、発表時は相場全体が大きく動く可能性があります。
金利が高くなればドル高、金利低くなればドル安という考え方が一般的です。
ですが、必ずしもそうなるとは限りませんので、相場の動きを注視することが大切です。

FOMC議事録の公表

FOMC議事録公表とは、年8回開かれるFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録の公表です。
FOMCでは、政策金利発表や為替レートの誘導目標などの方針が議論されますが、委員会が開かれた3週間後に議事録が発表されます。
FRBが政策金利を決定した背景や、アメリカの経済状態をどのように見ているか、先行きはどうなのかなど議論の結果を公表します。
今後のアメリカの経済を占う重要な発表ですので、内容によっては為替相場が大きく動く可能性があります。
発表時期 政策決定日の3週間後 発表時間 夏:3時 冬:4時

【米・アメリカ】FOMC議事録公表

政策金利の発表と同じくらい重要なのが、議事録の公表です。
内容如何では、ドル相場は大きく動きます。

FXとの関係性

政策金利の発表はアメリカだけでなく各国とも重要視しています。それば金利が変わると、お金の流れが一気に変わるからです。結局、雇用統計も「数値がよければ金利を上げるかもしれない」という推測のもとにドルが上昇したりするのですから、最後は金利に行き着きます。よって、金利が直接変更される金融政策は別格として重要なのです。
FOMCは発表されるのが日本時間の午前3時15分(夏時間採用時)ですので、日本人にとってはあまり有利ではありませんが、雇用統計同様に発表を待ってトレードする人も世界中にいます。予想と違ったときなどは大きく動きます。また、FOMCは中央銀行の政策なので、雇用統計と比べると事前の予想は当たるという特徴があります。

http://www.cms-forex.com/practice/fundamentals/f03.html

FXは基本的に対ドルに対して各国の通貨の価値を決めます。
アメリカドルが動くというのは全ての通貨の価値が変動すると言うことです。
ですので、FOMCで発表されることは世界中の投資家達が注目するイベントであり、その発表でマーケットは大きく動き出します。
しかし、発表時間が日本ではかなり夜の深い時間ですので、日本で取引される方にとっては少し不利なイベントでもあります。

FX取引を行う方は、このFOMCの発表の時間と、発表内容はチェックしておくことが重要です。
大きな動きを産むので、その時間前にポジションの整理などのリスク管理を行っておくことが大切です。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |