対ドル通貨で取引しやすいペア | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

対ドル通貨で取引しやすいペア

ストレート通貨とは?


http://exchange-images.com/material/055.jpg

外国為替取引は2国間の通貨の交換取引です。その交換する2通貨の組合せの種類を「通貨ペア」と言います。インターバンク市場では、米ドルの取引が中心のため、米ドルが交換相手となる「通貨ペア」を「ストレート通貨」と呼んでいます。
国際決済銀行(BIS)は3年毎に世界の為替市場に関する調査を発表しています。2007年9月25日に発表した調査によると、世界の為替市場の1日の売買高は過去3年間で71%増加し、3兆2,000億ドル超となりました。
この調査によれば、ドルが絡んだ外為取引は86.3%となっています。2004年時点の88.7%からは低下しましたが、依然として圧倒的なシェアとなっています。ユーロドル取引は27%、ドル円取引は13%、ポンドドル取引は12%となっています

http://www.toushilabo.com/learning/basic_fx/backnumber/11.html

ドルが人気だということは知っていましたが、まさか8割以上もの取引があったとは驚きです。
世界の為替レートの流れを予測するなら、ドルを中心に考えたほうがいいのかもしれませんね。
仮に対ドル通貨で取引しなくて、常にアメリカ経済は注目しておきたいところです。

意外と動くユーロ/米ドル


http://freebies-db.com/wp-content/uploads/2013/05/free-photo-business-finance.jpg

2011年4月から11月末までの期間を見てみると、米ドル/円の価格のアップ・ダウンが比較的少ないのに対して、ユーロ/米ドルは常に活発な値動きを示しています。その理由は、ユーロ/米ドルが外国為替相場において最も多くの資金が投入され、頻繁に売買されている取引だからに他なりません。

高い流動性を持ち、比較的活発な値動きをするユーロ/米ドルは魅力的なアイテムとなるでしょう。欧州経済から目が離せない今、収益機会を広げる意味でもユーロ/米ドル取引について、その特徴と取引の流れを確認してみましょう。

http://www.click365.jp/sp/eusd.shtml

ユーロ/米ドルは世界最大の取引量がある割りには、意外なほどに相場が動きます。
同じように取引量の多い米ドル/円は相場の上下動が少ないほうなのですが、ユーロ/米ドルは常に活発なんですね。

リスクもあるポンド/米ドル


http://exchange-images.com/material/110.jpg

世界で最も取引量が多い通貨ペアはユーロ/米ドルですが、ポンド/米ドルもまた、外国為替市場において大きなシェアを占めています。
 中東地域の投機資金の多くがポンド/ドルに流れ、最近ではアジアン新興国、東欧、ロシアの中央銀行などまでもポンド/ドルへ投資をしています。それによって、ポンド/ドルの取引全体に占める割合は年々増加しています。
 取引量が多く、流動性が高ければ値動きも多くなります。また、1通貨当たりの価格がもっとも大きいのはポンドであり、これも値動きを大きくする理由となっています。

http://www.aiica.com/12.html

1通貨当たりの価格が一番大きいのはポンドなんですね。
ポンドがよくリスクの高い通貨と言われているのは、このあたりにあるかもしれません。
また、イギリスは高金利政策で外貨を取り入れていますから、金利の動きや金融政策によって相場がかなり動きそうです。

トレンドに注目の豪ドル/米ドル


http://www.civillink.net/sozai/images/pics2920.jpg

これは、豪ドル米ドルに絞った手法です。豪ドル米ドルは、短期と長期のチャートでは、全く違う印象を受けます。
日足より短いチャート、特に分足チャートでは乱高下激しく、これについていくのは大変そうで心臓に悪く、ストップロスもどこに置けば良いのだろうと悩まされます。
一方、日足チャートを見てみると、豪ドル米ドルはかなり強いトレンドに沿った動きをしているのが分かります。
この強いトレンドに乗ることで、大きな利益を得ています。トレンド期間は、数ヶ月続くという考えが大前提であります。

http://fx-works.jp/audusd-damashi/

豪ドル米ドルの動きはかなり短い間隔での乱高下が激しいようです。
傾向としてはトレンドに沿った動きをしているらしいので、順張りで乗ってしまえば大きな利益が得られると思います。
ただ、相場の動きに頻繁にダマシが入るらしく、予測しづらいのがネックだそうです。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |