債務整理をしていても結婚は大丈夫?その影響とは? | キュレーションメディア

債務整理をしていても結婚は大丈夫?その影響とは?

債務整理を行う時に、付き合っている相手がいる場合は、相手に迷惑をかけてしまうんじゃないかと不安になります。債務整理を行うと結婚に支障を来すのでしょうか?その影響とは何でしょうか?債務整理を行う方がメリットはあるのかについても紹介します。

債務整理を行っていても結婚に影響はない

 (7876)

任意整理をしているからといって結婚生活に悪影響を及ぼすことはないでしょう。
結婚した相手がブラックリスト扱いになるなど、根も葉もない噂が語られていることがありますが、そのような事実は一切ありません。
結婚するといっても、ローン等の審査の際は全く別の人間として扱われますし、
結婚した相手が任意整理しているからといって、代わりに返済をしなければならなかったり、
ローンが組めなくなるなどの制約が設けられていることはありません。
via http://借金整理・債務整理.com/category_niniseiri/ninni_marriage.html
債務整理を行ったからと言って、相手に迷惑をかけることはありません。
債務整理は、ご自身の問題ですので、結婚相手が不利益を被ることはありません。
ですので、結婚に支障は来さないと考えるのが良いでしょう。

債務整理のことは配偶者に話すこと

 (7878)

収入に不安のある方は、配偶者に借金のことを正直に話し、結婚後に旦那さんや奥さんの収入と合わせて手続き費用を払うことも可能です。
任意整理する際は、その人の収入金額が手続きに影響してきますので、収入のない人、少ない人は、任意整理に進めなかったり、手続き結果が変わってくる、なんてこともあるのです。
結婚後であれば、たとえば収入のない専業主婦や妊婦の場合であっても、生活を共にする配偶者の協力が得られれば、任意整理が出来る可能性がありますよね。
そうすると、債権者との交渉や任意整理が楽になるということがあります。
収入に不安がある場合は、きちんと借金があることを婚約者に明らかにした上で結婚し、二人で協力して任意整理手続をすすめていくこともおすすめです。
via http://誰でも分かる債務整理.com/post-178/
結婚をする前にこっそりと債務整理を行う方法がありますが、将来的なことを考えれば配偶者になる方にきちんと説明を行ってから、結婚することがベストです。
生涯の伴侶になるわけですから、お金の苦労もわかり合える中でなければ結婚生活は長く続きません。
言いづらいことではありますが、きちんと話し合うことが重要です。

信用情報はどうなるのか

 (7880)

結婚したからといって過去の債務記録は消えません
借金の審査時点で旧姓が判明すると、過去の債務整理情報は簡単に調べがつくことになります。債務整理からの一定期間は、お金を借りることはまず不可能と言えます。
また、万一結婚等で姓が変わり、審査を通過したとしても、その後この事実がばれてしまった場合は金融機関からの信用を失い、クレジットカードを所持している場合は、カードの更新はおろか、カードの返還を求められることもあります。
結婚しても、旧姓の時の債務記録は情報機関からは消えることはありません。
ですので、ブラックリストに載っている期間は新たな借りいれが出来ないと思っておくのが一番良い方法です。

クレジットカードが作れる可能性がある

 (7881)

クレジットカード会社としても判断が難しいケースとして女性が結婚して姓が変わった場合、旧姓の情報がないと非常に判断に困るものです。
運転免許証など、姓が変わっても番号が変わることのない身分証明証の提出があればクレジットカード会社も旧姓での情報が丸わかりなのですが、そういう情報がない場合クレジットカード会社は判断に困ります。
最終的にはクレジットカード会社独自の情報技術で旧姓で何か悪さをしていないか?を調べていくわけですが私の見てた限り結婚して姓が変わってしまい、旧姓の情報が分からない場合、旦那さまの現在の属性重視でクレジットカードの審査をして発行していました。
via http://ブラックでもクレジットカードが欲しい.com/blackmarriage/
結婚した相手の姓を名乗る事になれば、新たにクレジットカードを作ることが出来る可能性はあります。
しかしながら、そこで作ったクレジットカードの返済が滞るとかなり入念な調査をされますので注意が必要です。
そうなると、夫の方に連絡が行ってしまいますので、慎重に行うことが重要ですね。

住宅ローンは組める?

 (7882)

結婚後に住宅や車を購入する場合、ローンを組むことはできるのでしょうか?
ローンを組むとしたら、配偶者の名義で行うしかありません。しかし、保証人付きのローンを組む場合、債務整理した本人は保証人になれないため、配偶者がローンを組めない場合があります。
別の人が保証人になってくれる場合や、保証人が必要ないなら問題ありませんが、ローンを組めないことがあると認識しておきましょう。
債務整理を行ってから5年間は新たな借りいれが出来ませんが、配偶者名義での借りいれは可能です。
しかし、債務整理を行った方は保証人にはなりづらいことは理解しておきたいところです。

結婚するに当たって、債務整理で配偶者に迷惑をかけることはありません。
しかし、事実を伝えておいた方が結婚生活がうまくいくことだけは分かっておきたいところです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |