美容にいいと、日本で大人気のアルガンオイルは食べても美味しくいただけます! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

美容にいいと、日本で大人気のアルガンオイルは食べても美味しくいただけます!

アルガンオイルは美肌や美髪などに良いと評判の美容オイル。でも美容以外にもいろいろ効果があり、食事に利用してもいいオイルなんです。体の中から美しくなる!それもアルガンオイルです!

アルガンオイルは美容オイルのイメージが大きいようですが、食べる事もできます。美味しい料理に利用するだけで体の中から健康になり、美しくなると言う夢のようなオイルです。アルガンオイルで作るレシピをまとめました。一度挑戦してみてください。

★アルガンオイルパン

 (4784)

アルガンオイルとは、はモロッコ南西部の乾燥した土地にのみ自生している不思議な木アルガンツリーの実からとれるオイルです。そしてこのオイルは、抗酸化作用・血行促進にすぐれたビタミンEがオリーブオイルの約4倍も含まれているのです。

モロッコでは、料理だけでなくスキンケア・民間療法薬としても使われています。最近は欧米でも普及、フレンチやイタリアンのレストランでも高級食材として人気だそうです。 もし準強力粉がなければ、強力粉を使い、粉の2割を薄力粉に代えて作ってください。

クルミはその他のナッツ類でも代用できます。なければなくてもオイルの風味豊かなシンプルなパンになります。 焼きたて以外は、食べるときにオーブントースターで少しあたためると、アルガンオイルの香りが増しておいしいです。

作り方

1. クルミをダイス状にカットする。
2. ボウルに準強力粉を入れ、粉の山のてっぺんを少しくぼませて砂糖とドライイーストをそこにのせる。
3. ドライイーストめがけてぬるま湯130ccを投入、ボウルの淵からアルガンオイルを流し入れて、混ぜ始める。
4. だいたいひとかたまりになったらボウルから出し(ボウルの側面についた粉もできるだけとる)、台の上でこね始める。
5. 5分ほどこねたところで生地を少しひろげて、分量の塩をまんべんなくのせ、更に10分ほどこねる。
6. 塩のザラザラ感がなくなり、なめらかで、少し手にはりついてくるような伸びを感じたらこねあがり。ここで1のクルミを混ぜこむ。台に置き、指と手の平で生地を押しながら広げ、クルミを散らして混ぜ込む。なんとなくまんべんなく広がったらできるだけなめらかな面が外側にくるように丸める。
 (4803)

7. オリーブオイルを薄く塗った大きめのボウルに6を入れ、乾燥しないようにビニールやフタをかぶせて、30℃で1~1.5時間発酵させる。
8. 生地が2.5~3倍になったらボウルから生地をとりだし、5等分にし丸めなおして15分ねかせる(ベンチタイム)。
9. ベンチタイムが終わったら、手のひらや指を使って平らに延ばして、とじ目をしっかりくっつけながら丸め、とじ目を下にして台におき手で20~25mmの厚さに広げ、スケッパーやナイフで5ヶ所切り目を入れる。
10. オーブンペーパーを敷いた天板に置き、2次発酵(40℃で30~40分、部屋の暖かいところでは1時間ほど)させる。
11. 2倍弱に膨らんだら、ハケでアルガンオイル(分量外)をやさしく塗り、200℃にあたためたオーブンで15~17分焼く。

★モロッコ料理・「ラムタジン~アルガン風味」

 (4790)

とにかく弱火で煮込み、野菜の甘みを出し、素材に味がしみ込むようにする。食べる前にアルガンオイルを少々ふると、香ばしい香りとコクが増します。

作り方

1ラム肉に塩コショウ・ナツメグを適量よくなじませる。(できたら、スパイスをよくなじませる為、冷蔵庫に一晩入れておくと良い)
2トマトは湯むきし、細かく切る。
3たまねぎは、みじん切りにする。
4アルガンオイルをフライパンで熱し、玉ねぎを炒め、調味料Bを加える
5トマトを入れ加熱し、サフランを加え、スパイスのなじんだラム肉、固形スープの素を入れる。
6にんじんとアーモンドを加え、蓋をして火が通るまで弱火で30分ほど煮込む。
7水分が足りなくなったら、様子を見ながら水を加えても良い。
8皿に盛る際、生パセリを小さくちぎり、色どりを良くする。
9食前にアルガンオイルをお好みでかける。

★アムルー(アーモンド、はちみつ、アルガンオイルのペースト)

 (4795)

 (4805)

アルガンオイルとはちみつを使ったアーモンドのスイートなペースト。

100キロ分の果実から、わずか1リットルしか抽出されない希少なアルガンオイルは、オリーブオイルの3倍ものビタミンEを含み、オイルとしての抗酸化力が強く、安定性が高いことで知られる。

皮膚に対する保護効果に優れたアルガン固有成分も数種類があり、強い陽射しのもとでで暮らしてきた人々の“命のオイル”とされた。そんなアルガンオイルを使ったアーモンドの風味の濃厚なペーストは、滋養たっぷりのほっこり優しい味。パンなどにつけて。

作り方

下ごしらえ
生のアーモンドを約160℃のオーブンで10分ほど空焼きし、冷めるまで放置する。それをミキサーにかけるか、すり鉢でなめらかになるまですりつぶす。

1 下ごしらえをして細かくつぶしたアーモンドに少しずつはちみつを加えて混ぜる(甘さは好みで加減してください)。
2 1 にアルガンオイルを少しずつ混ぜ合わせて出来上がり。

★アルガンオイルをバナナプリンに!

 (4800)

キッチンに黒く熟したバナナがあれば…バナナプリンを作ろう。暑い夏の午後、冷やしたバナナプリンにアルガンオイルをかけて。

ナッツのような香りが芳醇なアルガンオイル。 「きっとバナナとも絶対合うハズ」と、作ってみたレシピ。 これが大正解。バナナとアルガンオイルがばっちり合って美味しい♬

 (4804)

1 真っ黒いバナナが最適。
2 ミキサーに、★印の材料を入れる。
3 30秒位回して、トロリとさせる。バナナの粒が多少残る位でOK。なめらかにしたい方はもっと回す。
4 3を、大き目のボウルにあける。
5 卵を別のボウルで、しっかり溶いておく。
6 4のバナナミルクに、5の溶き卵を加え泡立てないようにしっかり混ぜる。
7 お好みの器に6の液を入れ、水を張ったフライパンに入れて強火。湯が沸いたらすぐにホタル火にする。8 フタをして約8分加熱。その後、火を消して余熱で8分。鍋にもよるので調整して下さい。
9 工程6で、液を漉さないので、ざっくりした口当たりのプリンになる。
10 食べる直前に、アルガンオイルをかけて召し上がれ♪
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |