着付け師ってどんな仕事? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

着付け師ってどんな仕事?

最近は若い方でも着物に興味を示す方が増えています。そこで注目されているのが着付け師ですが、これは一体どのようなお仕事なのでしょうか?

着付け師とはどんなお仕事?

着付け師には色々なお仕事があるんですね。
最近は和がブームですから、これからも忙しくなりそうです。

結こん式、成人式、おそう式、七五三、お茶会、パーティーといった行事に出席する人の着物を着付ける。そのとき、ただ単に着付けをするだけではなく、季節にあわせた着物をアドバイスしたり、着る人の個性や好みにあった着物と帯、小物のコーディネートなども行う。着付け教室の先生、呉服店(ごふくてん)やてんじ会での和装(わそう)アドバイス、さらにはテレビ・雑誌、舞台(ぶたい)などのさつえいで、モデルが着る着物や小物類を用意する和装(わそう)スタイリストの仕事など、さまざまな現場で活やくしている。

着付け師になるにはどうすればいいか?

まずはスクールに通って、ステップアップしていくのが一番の近道のようですね。
それから優秀な先生の元でアシスタントの経験を積んで、技能を磨きながらプロを目指すのが一般的みたいです。
資格はあくまでも目安だそうですが、できれば取っておきたいですよね。

着付け教室では、初級コースなどから、徐々に上級コースへとステップアップしていきます。

修練を積んでいく課程で、上級コースに昇格するごとに、レベルを形にした資格を取得していく形となります。

着付け教室にも流派のようなものがありますが、他装が可能なレベルは、“師範免許”や“教授”と名付けられた資格です。

このような資格を取得し、一定のレベルを認められると、着付け師としても活躍する先生のアシスタント(手伝い)として、仕事に同行する機会ができることもあります。

はじめはお手伝い程度からも知れませんが、現場の中で仕事を体得していきます。

このように“先生”や教室を介してプロへの手がかりが得られる場合もありますが、一方、結婚式場や写真館などに就職し、当初はアシスタント勤務の中から、技能を磨いていく方法もあります。

免状や国家資格があると説得力が出やすい

お金はかかるそうですが、免状があればスクールを開くのに大変役に立つそうです。
また、国家資格もあるので、できれば取得しておきましょう。
何事も形があったほうが、説得力が出るものです。
もちろん、いくら免状や資格があっても着付け師として成功するわけではないのでしょう。
日々の努力によって技術を磨いてこそということなのかもしれませんね。
免状について
華道や茶道のように着付けもある程度の技術を取得すると、免状をもらうことができます。ただし、申請費用は数万円から数十万円とけっして安くはありません。

免状さえあれば自宅で着付け教室を開くこともできて大変便利です。ただし、トラブルの元にもなりやすいので必ず入会前に取得方法を確認しておきましょう。

国家資格を取得する
着付けに関する資格としては、着付け技能士という国家資格もあります。試験内容は全日本着付け技能センターのサイトに詳しく記載されています。

美容師やメイクの技術があるとさらに良い

着付け師を仕事にするなら、ヘアメイクなどもできるといいようです。
やはり和装はトータルで美しく見せる必要がありますし、一人で何でもできれば教える幅も広がるようです。
そうなれば生徒の数も増えるでしょうし、他のお仕事の幅も広がります。
着付け師は資格があれば安泰という職業ではないので、どれだけ自分の手に職を付けられるかということなのでしょう。
仕事にしたいなら、髪も出来た方が良いですね、美容関係の学校でトータルで習って、着物だけ強化していけば良いと思います、着物にメイクは欠かせませんし・・・着物だってトータルコーディネートです

着付のみではなくメイクも教えている場所に通ったのですが、最後まで行けば髪が出来なくてもそれなりに使い物に為る教室だったようです・・・何せ教えているメイクが水化粧と教えている着付けが江戸時代の着物の着付け方ときた、其処まで出来ればブライダルからテレビ局でも遣って行けそう・・・

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |