【体験するとわかる!】スキューバダイビングの魅力 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【体験するとわかる!】スキューバダイビングの魅力

皆さん。スキューバダイビングを体験したことはありますか?スキューバダイビングはとても素敵な出会いや魅力が沢山あります。スキューバダイビングの魅力をご紹介していきたいと思います。

スキューバダイビングとは?

スキューバダイビングは「自給式呼吸装置」を利用して
海の深くまで潜り沢山の魚や景色を楽しむスポーツです!

人と競い合うスポーツではなく、
自分のペースで楽しめるスポーツでもあります。

スキンダイビング (skin diving) とは、スクーバなどの水中呼吸装置を使用せず、自分の息だけで潜水(水中遊泳)することである。素潜り(すもぐり)とほぼ同義。

一般に、素潜りは、海人による伝統的な漁業など、とくになにも装備しないか単純な水中眼鏡程度のみを使用する、生身の身体に近い状態で行う原始的な潜水としての意味合いが強いのに対し、スキンダイビングは、マスク、スノーケル(シュノーケル)、フィンなどの器材を使用する海洋性レクリエーションもしくはウォータースポーツとしての意味合いが強いが、この使い分けは明確に定義されているわけではない。スキンダイビングのうち、より競技性の強いものはフリーダイビングと呼んで区別することが多い。

スキューバダイビングの始め方

「スキューバダイビングをやってみたい!」と思っても、
何から始めればいいんだろう・・。
って悩む方は多いのではないでしょうか。
そんな方は下記の文章を参考にしてみてはいかがでしょうか。
スキューバダイビングを本格的に始めるには、必要な機材を用意したり、講習を受けて資格を取得しなくてはいけませんが、その前に雰囲気を知りたいと思う人もいるはずです。
そのような人はまず、スキューバダイビングを体験してみてはいかがでしょうか。
これは体験ダイビングと呼ばれていますが、資格の取得者でなくてもスキューバダイビングの世界に触れ、水中の世界を泳ぎまわることができるものです。
なお、いきなり自分一人だけで潜るということはせず、経験を積んだダイバーのインストラクターと共に潜ることになるため、安心できるでしょう。
また、いきなり深いところまで潜ったり、船から水中へと飛び込んだりすることはありません。
ビーチから海へと入っていき、少しずつ深い場所へと潜ることになっていますし、潜れるところは12メートルまでに制限されています。
体験ダイビングを行っているところは多くありますが、機材の扱い方などを簡単にレクチャーし、ひとまず潜ることを楽しむのに主眼が置かれているところもあれば、しっかり購入を行った上で潜るところもあります。
とにかくすぐに潜りたい人は前者を、色々知りたいことがあったり、不安なことがある人は後者のようなシステムの体験ダイビングを利用すると良いでしょう。
なお、体験ダイビングでは機材など必要なものは全てレンタルできます。体験ダイビング自体は有料ですので、金額を確認した上で利用しましょう。

海中で出会える魚

知ってる方が多いのではないでしょうか。
「カクレクマノミ」です。
テレビで話題になった
(ファインティング・ニモ)を思い出しますね!
鮮やかなオレンジ色の体色の最大7cmほどの海水魚で、
イソギンチャクに住むことで有名な魚です。
熱帯のサンゴ礁に生息し、日本近海では奄美大島以南で
約6種類ほどを見ることができます。
体を上下にクネクネ振りながら泳ぐ「ワッギング」と呼ばれる
ユニークな泳ぎ方にも特徴があり、
泳ぐ姿を眺めていると、
その愛らしさに思わずクスリと笑ってしまいます

「ドリー(ナンヨウハギ)」
この魚も上記のカクレクマノミと一緒で
(ファインティング・ニモ)の
モデルになった魚です。
ドリーは日本名でナンヨウハギと呼ばれる魚で、スズキ目ニザダイ科に属しています。サンゴ礁の海に生息していて、体長は成魚で大体20cmくらいです。日本でも暖かい南の海で見られるようです。食べ物は主に動物プランクトンです。特徴はやはりその体の色でしょう。体の大部分はきれいな青色をしていて、体側に黒い線が入っています。尾ひれは黒い縁取りの中が黄色い三角になっていて、熱帯魚らしいきれいな配色です。そのため観賞魚として人気が高く、多くの水族館のサンゴ礁の海の水槽で見る事ができます。

「ハナミノカサゴ」
綺麗な模様をもつ魚ですが
全ての刺に毒をもっています。
白と赤褐色の縞模様が特徴で、ミノカサゴに似ていますが、あごの下側や尾鰭に明瞭な褐色の斑紋があることにより区別できます。鰭の棘には強い毒があります。全長は約35cm。

 駿河湾以南の主に太平洋岸に分布、沿岸の岩礁域やサンゴ礁に生息しています。魚食性で小魚を捕食します。

「ロクセンスズメダイ」
一般的には利用できないけど
地方によっては食用や、鑑賞用に
利用されたりする。
ロクセンスズメダイはインド洋や太平洋の温帯から熱帯域に分布するスズメダイの仲間で、太平洋では東シナ海から南シナ海、アラフラ海を経てグレートバリアリーフやミクロネシアなどの西太平洋のほか、ハワイ諸島やライン諸島などの中部太平洋にも分布している。
インド洋でも紅海を含む広い地域に分布していて、国内では静岡辺りより南に分布している。
体は強く側扁し、体高は高い。
吻は短くて口も小さく、尾びれは深く切れ込んでいる。
体色は淡く、体側には5本の黒い横帯が見られる。
この内の尾柄部にある黒帯は、尾びれの上葉にまで続いている。
尾びれの下葉にも黒色の帯があり、全部で六線の黒帯がある。
一見してオヤビッチャに似ているが、ロクセンスズメダイには黄色の斑は見られず、尾びれの上下には黒い縦縞が走っている。
また、テンジクスズメダイやシマスズメダイにも似た感じがするが、体側に見られる黒い横帯の数が違っている他、ロクセンスズメダイにはシマスズメダイに見られる尾柄の黒い斑などは見られない。
沿岸から沖合いの浅い岩礁域やサンゴ礁域に生息し、水深20m位までのところに多く見られる。
時には数十尾の群れになることがあり、藻類やプランクトンなどを食べる。
生態はオヤビッチャに似ていて、幼魚ではオヤビッチャなどと一緒にいることも多い。
代表的な魚などをご紹介しましたが、この他にも沢山の魚に出会えます!
また、「マンタ」「ウミガメ」に出会えるとラッキーです!!

思い出作りに。

サイパン スキューバダイビング水中動画 グロット Saipan Scuba Diving at Grotto – YouTube

観光スポット Tourist Destination サイパン・水中ダイビング動画@グロット Saipan Scuba Diving at Grotto
なかなか見ることのできない魚や、海中の中の美しい景色。
家族や友人・恋人の思い出作りに、体験してみてはいかがでしょうか。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

aya

カテゴリ一覧

aya

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |