《アルガンオイル》の効果的使用法♡とっても簡単「まぜる」だけ♪♪ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《アルガンオイル》の効果的使用法♡とっても簡単「まぜる」だけ♪♪

アルガンオイルにはさまざまな効果効能があるといわれていますが、実際使用しようと思うと「どういったタイミングで使えばいいのか、どういった方法があるのか分からない」と、思いませんか?とにかく簡単『まぜるだけ』の方法を集めてみました♡

是非とも取り入れたい効果♡

 (7548)

アンチエイジング効果
齢を積み重ねたことによる肌のたるみやシワ、シミなどは、誰にでも必ず起こる現象と言えますが、これらの衰えを少しでも食いとめる働きをするものをアンチエイジングと言います。
体が老化する原因は幾つかありますが、一つに活性酸素が挙げられ、この活性酸素を除去する働きに優れているものを抗酸化作用と言いますが、ビタミンEは抗酸化作用の代表的な存在となっています。
ビタミンEと同様にアルガンオイルに含まれるのが、不飽和脂肪酸の一つである「オレイン酸」です。
オレイン酸は人の皮膚に多く含まれる成分で、保湿を高め肌を刺激やストレスから守る働きがあります。
「ビタミンE」による新陳代謝の促進、抗酸化作用の効能によって、お肌の新陳代謝が改善されます。
それによって肌のターンオーバーが整い、スムーズなメラニンの排出が促されるようになることで、だんだんとシミが薄くなっていくのです。
美白に保湿にエイジングケア。
どれも女性にとって嬉しくもあり興味深いものなのではないでしょうか?
季節を問わず使用できるオイル美容は昨今、注目の高いものでもあります♪
この機会に試されてみてはいかがでしょうか?

▷美白にエイジングに保湿♪ほしいもの全部スキンケアに♡

 (7551)

アルガンオイル + ローズヒップオイル
ローズヒップは、ビタミンCの爆弾と呼ばれるくらい、ビタミンCが豊富です。
アルガンオイルと組み合わせると、C+Eでお互いを補ってくれるはず。
そう考えて、組み合わせたところ、最強でした!いまのところ、一番好きな組み合わせです。
ローズヒップは、塗った瞬間に毛穴がシュンと引き締まり、頬がキュンとあがります。
肌のハリと毛穴にはコレ!です。
アルガンオイルをパックに混ぜる
アルガンオイルですが、フェイス・ボディ用のクレイパックやヘアパック、化粧品に1~数滴たらしてあげると、なんだか仕上がりがしっとりして、良い感じになります。

乾燥防いで化粧モチも艶肌もキープ♪

ファンデーションを使う際にオイルを少量混ぜることで、以下のようなメリットが期待できます。

・肌がかさつきにくくなる
・ツヤ感が出る
・ファンデーションの伸びや肌なじみがよくなる
・オイルの量をその都度調節できる

洗顔後などのスキンケアだけでなく、普段のベースメイクにも使用できるもの嬉しいですよね♪
乾燥が気になるところにつける分だけに混ぜて使用しても、かなりモチが変わりますよ☆
オイル美容は1つだけでオールマイティな働きをしてくれるのが、とても魅力的ですね(*'ω'*)

▷ついつい後回しにしがちなボディケアに

 (7550)

ボディケア
アルガンオイルを5~10mlをお風呂に入れた後、軽く混ぜ合わせ、15分~20分ゆっくりと浸かってください。水分との相性が良いアルガンオイルの贅沢なエッセンスが身体全体にやさしくなじみ、ハリと潤いのある美しいボディラインへと導いてくれます。
マッサージクリームに混ぜるだけで、高機能化粧品に!

もしマッサージをする習慣があるのでしたら、お手持ちのマッサージクリームに1〜2滴アルガンオイルを混ぜて使用してみてください。リーズナブルなマッサージクリームも、アルガンオイルを混ぜるだけで高機能化粧品なみの効果を発揮します。このお得感はクセになりますよ。

いつものシャンプーに数滴でヘアケアも♪

アルガンオイルのオススメは、ヘアケアです。シャンプーに数滴混ぜるだけでもツヤツヤサラサラの髪を実感できるでしょう。
もっと丁寧なケアをしたい場合は、シャンプー前に頭皮マッサージに使うのも効果的です。
オイル=油と聞くと水分とは相性が悪くて弾いてしまうイメージがありますが、アルガンオイルの良いところはなんといっても「浸透力」の高いところ♪♪
むしろ、お風呂あがりや洗顔後に使用する場合は、水分を拭う前に使用する方がとても効果的なのだそうです♪♪
一瞬の隙も乾燥にみせないことが、保湿に大切なことなのです♡(*'ω'*)

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |