«まずい?美味しい?≫今どきの青汁事情はこれだ!! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

«まずい?美味しい?≫今どきの青汁事情はこれだ!!

昔のCMやバラエティ番組によって「青汁=まずい」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?青汁が飲みづらい理由にはきちんと理由があります。また、今では飲みやすい青汁が多く販売されています。

青汁の青臭さは、鼻をつまんで飲んでも手におえないほど強烈……。

実は、当時の青汁が飲みづらいのも無理はありません。最近でこそ飲みやすく改良された青汁が増えていますが、当時の青汁といえば、料理にも適さないほどクセの強いケールの青汁が主流でした。

なぜ、苦くてまずいケールが原料に使われていたのでしょうか?実は、栄養価の高いケールは青汁に最も適していると考えられていたから。青汁が多種多様になった現在でも、基本的に青汁とは、ケールを使ったものを指すことに変わりはないようです。

牛乳やヨーグルトだと飲みやすくなりそうですね♪
他にも、はちみつや黒蜜、メープルシロップなども良いですよ。
はちみつは不眠や疲労回復などの効果があるのでおすすめです。
飽きがこないように日によって変えるのも良いですね!
苦味のある青汁を美味しく飲むためには、いくつかの方法があります。定番の方法は、牛乳やヨーグルトなどに混ぜてしまうという方法です。

こうすると苦味や青汁の臭みが消えて、ほのかに甘くなるので飲みやすくなります。ヨーグルトも同じです。プレーンヨーグルトでは、甘くなったりしませんが、苦味が消えるのは確かです。

ケールと言うのは、地中海原産のアブラナ科の野菜と言われており、キャベツやブロッコリーに近い野菜です。

ケールが青汁に使われる最大の理由は、なんとていっても、ケールの栄養価が高いということです。緑黄色野菜の中でも、「緑黄色野菜の王様」と言われるほどなのです。

また、ケールには各種ビタミンが豊富に含まれており、私たちの身体の免疫力をとても高めてくれる効果を持っています。

ケールには、ルテインという成分も含まれています。このルテインは抗酸化力が強く、また、視力を高めたり、ドライアイを予防してくれる効果を持っています。

その他にもメラトニンやβカロチンが含まれています。

ケールに含まれているビタミンは、ミカンの約2.5倍、ピーマンの約3倍です。これだけを見ても、豊富なビタミンが含まれていることがわかりますよね。

ビタミン以外にも食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維が豊富に含まれているキャベツと比べてみても、その量は約2倍になります。

大麦若葉はビタミンB群や食物繊維が豊富で、葉酸、ポリフェノール、鉄分なども含まれています。
また、老化を防止に役立つSOD酵素も含まれているとか。
女性が喜ぶ栄養素が満載ですね!
ケールの味はきつくて水やお湯では青汁の味がモロに出る・・・。
けれど栄養面を考えてケールの青汁にしたい・・・。

そんな方は、青汁と一緒に別のものを入れて美味しく頂きませんか?

苦い青汁も○○をプラスすると・・・♪

昔のイメージは「青汁=まずい」

健康に良いとはいえ、まずくて飲めないのでは意味がないと、メーカー側も味の試行錯誤をしていくことになります。そうして大麦若葉など、他の原料が使われるようになるとともに、その美容効果から多くの女性の関心を集めたこともあり、味についても改良が重ねられ、誰もが飲みやすいと感じる青汁が作られるようになりました。

現在販売されている青汁の多くは、メーカーがさまざまな工夫を施し、飲みやすく、美味しく改良されています。

安心してください!今は飲みやすくなっています♪

「ケール」って?

美味しいとされている青汁の原料に使われているケースが多いのが大麦若葉です。
大麦若葉はさっぱりとした味わいがあり、お茶の延長線上の味わい、と評されることもあるほどです。
青汁が苦手、といった方であっても普通に飲めるケースも多く選択されるケースが増えてきました。
青臭さが殆どないことでも知られています。

飲みやすい青汁の原料は「大麦若葉」

まずいといわれる青汁の原因は「ケール」にあります。
えぐみや青臭さがあるので飲みづらいのです。
ただ、上記のように栄養価はとても高く、健康面の頼りになる助っ人なのです。
まさに、「良薬は口に苦し」ですね。
青汁の存在を知ったのは、「まずい!もう一杯!」で有名なCMやバラエティ番組の罰ゲーム
という方は多いのではないでしょうか?

青汁はまずいというイメージがついた理由は、青汁にケールを使用しているからです。
では「ケール」とは何なのでしょうか?

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |