悪玉コレステロール減少~おすすめ!驚くべき黒酢のパワー~ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

悪玉コレステロール減少~おすすめ!驚くべき黒酢のパワー~

悪玉コレステロールは筋梗塞や脳卒中の原因となる動脈硬化を引き起こす原因となります。実は黒酢には悪玉コレステロールを減少させることができる、驚くべきパワーが秘められているのです。では、どのような作用や効果があるのでしょうか?

著作者: youtodesign.com

著作者: youtodesign.com

悪玉コレステロールはコレステロールを全身に運ぶ働きがあり、
善玉コレステロールは全身に運ばれたコレステロールを回収する働きがあります。

悪玉コレステロールが多く、善玉コレステロールが少ないと、
全身に運ばれたコレステロールが回収しきれず、血管に沈着してしまいます。

これが、高血圧や動脈硬化を引き起こす原因となります。

黒酢には善玉コレステロールを下げることなく、
悪玉コレステロールのみを減少させる効力があります。

さらに、肝臓の機能を向上させる効果もあるので、
コレステロールだけでなく、肝臓の脂肪の状態も改善させます。

数値が下がると、もう飲まなくてもいいやと思ってしまいますが、それではいけないようです。
やはり毎日の継続が生活習慣病の予防と改善に繋がるのですね。
黒酢は善玉コレステロールを増やすのではなく、悪玉コレステロールだけを減らしてくれるのですね。
おまけに、肝機能まで向上させてくれるなんて優秀すぎます。
肝臓には悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、まさに一石二鳥ですね。
穀物酢や米酢を黒酢に変更するだけで、黒酢玉ねぎは簡単にできます。
作り方は容器に黒酢を入れて、スライスした玉ねぎを漬け込むだけです。
酢や玉ねぎは魚介類やサラダとの相性がいいですので、是非試してみてください。

黒酢の摂取は“続ける”必要がある

黒酢を飲むとコレステロール値が下がり安定することは様々なデータで実証されているのですが、実は飲み続けている間はコレステロール値が下がっても、飲むのをやめて半年ほど経過すると、再びコレステロール値が上がってしまったという報告もあります。
これは、黒酢に含まれているアミノ酸のパワーで体調が維持できていた状態が、従来通りの生活習慣に戻り、栄養状態が偏ってしまったからだと考えられます。

黒酢は悪玉コレステロール“のみ”を減少してくれる

酢玉ねぎの材料である玉ねぎには【硫化プロピル】という成分が含まれており、これを長時間空気に触れさせると「トリスルヒィド」という物質に変化します。
トリスルヒィドには血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、コレステロール値の低下につながるという訳です。

酢玉ねぎはそのまま食べるだけでなく、ほかにもさまざまな食べ方やレシピがあります。
オススメは「細切りキャベツの上にゆでた豚肉をのせ、その上に酢玉ねぎをのせたサラダ」や「酢玉ねぎを使ってアジの南蛮漬け」、「アボカドと赤かぶ、酢玉ねぎを和えたサラダ」♪

コレステロール値が下がる『酢玉ねぎ』

悪玉コレステロールを減らすには、肝機能を上手く働かせることが重要なんですね。
カキ・イカ・ホタテ・タコなどに含まれるタウリンがいいのなら、黒酢玉ねぎを使ったマリネがお勧めです。
黒酢とタマネギと魚介、三つの相乗効果で悪玉コレステロールを撃退しましょよう!

悪玉コレステロールを減らす食品とは?

肝臓機能が強くなければ、LDLコレステロールを処理することはできません。

肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。

肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。
タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。

肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。
魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。

心筋梗塞や脳卒中は突然やってくる怖い病気です。
その原因が悪玉コレステロールによる動脈硬化にあるのなら、これを予防しなければなりません。
毎日の食事を見直したり、軽い運動をしたりして、健康的な生活を送りたいものですね。

悪玉コレステロールが病気の原因になる

心筋梗塞や脳梗塞も、実は動脈硬化が引き金となって発生しているものです。つまり、脳梗塞や心筋梗塞を起こす人というのは、動脈硬化にもなっているのです。動脈が硬化状態になってしまう事から、心臓や脳に血液が行き届かなくなってしまい、酸素不足となり、意識が低迷してしまうのです。

動脈硬化など、そもそもの原因は、全て悪玉コレステロールにあります。私達は、年齢と共に老化していくものですが、それと共に、血管も老化していきます。老化すると、血管も柔軟性を欠いてしまい、内面に悪玉コレステロールをためこんでしまいがちになってしまうのです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |