知らない人でも1分でわかる☆アルガンオイルの特徴まとめ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

知らない人でも1分でわかる☆アルガンオイルの特徴まとめ

最近よく耳にするアルガンオイル。名前からオイルであることはわかるし、なんとなく美容にいいんだろうな、ということぐらいしか知らない人でもアルガンオイルがわかるように、今美容界で注目のアルガンオイルの特徴についてまとめてみました。

 (1848)

精製アルガンオイルは透き通った黄金色をしています
しっかりと精製されたアルガンオイルは黄金色をしているのが特徴です。ただし、酸化しやすい未精製のアルガンオイルだと濁っています。

香り

 (1852)

アルガンオイルは植物性油で、微臭性とされています。実際の香りは、上質なものになればレモングラスのような香りがするものもありますが、その多くは無臭性であるか、植物性油の代表であるゴマ油に似た芳しいものがあります。
アルガンオイルは大体精製の段階で香りは無臭に近いものになるようです。そのため香ってもそこまで強い香りはしません。

使い心地

 (1854)

アルガンオイルは天然物は油っぽさが残っていますが、精製したものはサラサラしています。
どうしてもオイルを嫌煙してしまう人って、オイルの使い心地がべたつくのが苦手という人が多いのでは?ですが、精製されているものであればサラサラしているのでオイルが苦手な人でも使いやすいようになっているようです。

成分

 (1857)

アルガンオイルの特徴としてオリーブオイルの約2~4倍のビタミンEを含み、オレイン酸が豊富に含まれているという点があります。
オレイン酸は酸化に強いため、加熱調理に向いています。また、肌に使用することにより、肌の水分と油分のバランスを整え乾燥から肌を守ります。さらに、活性酸素を除去する力が強く、日焼けなどで受けたダメージを軽減し、ターンオーバーを正常に整えます。
アルガンオイルは、オレイン酸の量だけではなく脂肪酸とのバランスがよいために肌の乾燥やアンチエイジングに効果的なのです。

使い方

 (1860)

アルガンオイルは食事としてはもちろん、肌にも体にも髪にも使用することのできる万能なオイルです。
アルガンオイルは万能オイル。顔、ボディだけではなく髪や爪、食用まであります。さらには、赤ちゃんのボディケアや妊婦さんの妊娠線ケアにまで使うことができるから本当にすごい!

まとめ

アルガンオイルの特徴についてまとめてみました。全体を通して伝えたいのは、アルガンオイルは色々な悩みに応えてくれて、かつオイルの中でも使いやすいタイプのものだということ。これからの乾燥の季節に向けて、ぜひ一度試してみては?
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |