グルコサミンの原料、知ってますか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミンの原料、知ってますか?

関節痛や美容にいいとされるグルコサミン。実は原材料には動物性と植物性があるのです。それぞれでどのような違いがあるのでしょう?効果の違いやアレルギーの有無についても調べてみました。

via wbg.jp
甲殻類アレルギーの方にとって、植物性グルコサミンは救世主かもしれません。
トウモロコシなどならアレルギーが出る人は少ないと思います。
植物性グルコサミンは店頭ではあまり見かけないので、ネットショップなどから購入したほうが良さそうですね。

効果に違いがほとんどないなら、アレルギーの有無や価格で選べばいいと思います。
甲殻類が苦手だという方は、植物性グルコサミンのほうが飲みやすいかもしれませんね。
動物性グルコサミンは甲殻類の殻が原材料となっています。
これらのキチン質を加水分解する方法はそれほど難しくないです。
よって、植物性よりも安く入手できるというメリットがあります。
グルコサミンは動物性しかないとずっと思っていましたが、植物性もあるんですね。
デンプンを発酵して製造されているので、特別な加工技術が必要だと言われています。
まだあまり流通していませんが、これから増えてくるといいですね。
軟骨はプロテオグリカン、水分、コラーゲン、軟骨細胞で出来ています。この軟骨の主成分でもあるプロテオグリカンという成分をを作り出してくれるのがグルコサミンなのです。

プ ロテオグリカンは軟骨の水分を沢山保ち、スポンジのように水分を調節させ関節を曲げた時にかかる圧力を分散してくれて吸収もしてくれるクッションのような 働きをしています。そして水分を吸収し元の形に戻します。またグルコサミンは関節の炎症も抑えてくれる働きもあり、軟骨を修復し再生させてくれる効果もあ るとされ変形性関節の治療でも注目を浴びています。

グルコサミンは体内で合成されるアミノ酸の一種で、ブドウ糖とグルタミンというアミノ酸から出来ています。関節にある軟骨の構成成分「コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸」は、このグルコサミンから生成されるため、軟骨の形成原料と言ってもいいでしょう。

しかし残念なことに、グルコサミンは体内で合成することは出来ても、通常の食事から摂取することは出来ません。その為、サプリメントにするにはエビやカニ、ロブスターなどの甲殻類の殻に含まれているキチン質から抽出します。

エビ・カニのキチン質を加水分解して精製したものが、グルコサミンサプリメントとなりますので、甲殻類のアレルギーのある方が摂取する際には注意が必要です。

これ以外にもグルコサミンは美容にもいいんです。
グルコサミンはヒアルロン酸の元ですので、体内に取り入れると肌の水分を保ってくれます。
つまり、保湿効果が高く、肌を乾燥から守ってくれるわけです。

グルコサミンを摂取するメリット

この頃は甲殻類アレルギーがあっても大丈夫なサプリメントも登場し、人気を集めています。これは植物性グルコサミンを使用したサプリメントなのですが、トウモロコシやオリーブオイルからグルコサミンがとり出されているのです。
甲殻類が由来のグルコサミンでは体に合わないという人でも健康に悪影響を及ぼす心配がないといわれている植物性グルコサミンですが、入手方法を知りたいという人もいるのではないでしょうか。

植物性の原材料は主にトウモロコシやオリーブオイル

動物性の原材料は主に甲殻類

グルコサミンを摂取するときに動物性グルコサミンにするか植物性グルコサミンにするか迷ってしまいますね。

ただし、効果に関して言えば植物性グルコサミンも動物性グルコサミンも成分に違いはありません。これはタンパク質と同じですね。

あえて違いを挙げるなら、あるデータでは、動物性グルコサミンの方が体内への吸収がしやすいという結果が出ています。これはやはり、植物性よりも動物性の方が体内の成分に近いからです。

動物性と植物性で効果の違いはあるのか?

グルコサミンの原材料には動物性と植物性がある

グルコサミンは、原料によって大きく2種類に分けられます。エビやカニなどの殻から抽出した「動物性グルコサミン」と、とうもろこしなどのデンプンを発酵してつくられている「植物性グルコサミン」です。

ほとんどのサプリメントには動物性グルコサミンが使われていますが、最近では「植物性グルコサミン」を使ったものも多くなってきました。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |