初心者でもFXを楽しくやりたい | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

初心者でもFXを楽しくやりたい

a63746832bd81728b0ab21289b0e295e_s
http://www.photo-ac.com/main/detail/315395

FXとは?

株をやるより手軽にできると評判のFX。最近ではFXトレーダーとして主婦層にも高い人気を誇っていますが、全く知識がない初心者が果たして簡単にできるものかどうか、調べてみました。
まずは、FXとは何なのかその構造に迫ります。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%82%BA%E6%9B%BF%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E9%87%91%E5%8F%96%E5%BC%95

FXとは外国の通貨を売り買いする事でお金が稼げるサービスです。難しそうに聞こえますが実はとっても簡単です。つまり日本のお金である円を売って、アメリカのお金であるドルを買うといった形です。お金(通貨)の価値が上がるか下がるかを予想するだけなのでその簡単さが容易に想像できるかと思います。今や日本では380万人以上も参加する巨大な市場として主婦やサラリーマンの副業利用を始め、退職金や個人資産の資産運用などに幅広く利用されています。また、FXはネット環境さえあればパソコンだけでなく携帯からも行う事ができ、かつ半永久的に稼げると言うメリットによって大きなブームとなっているのです。

http://www.traders-net.info/pickup/
なるほど、外国の通貨を売ったり買ったりすることで儲けが出るんですね。国内だけで売り買いする株とはここが大きく異なるようです。
また株とは違って時間でトレードするといった特徴があり、ちょっとしたタイミングで儲けが出るか損をするかが決まります。

初めてだけど、楽しくやってみよう!

3e5090ef45b38ea7e2cee9616a7a757b_s
http://www.photo-ac.com/main/detail/346989

ここではFXの取引方法などを見ていきます。

100,000円の取引では、為替差益もスワップポイントも少額ですが、FXでは少額の資金でも大きな取引をすることができます。これをレバレッジといいます。
レバレッジとは、てこの原理のようなもので、自己資本金を担保として預けることで、その数倍~数百倍の金額の取引を行うことをいいます。レバレッジ○○倍といった言い方をします。また、自己資本金のことを証拠金といい、FXが証拠金取引といわれるのはここからきています。

http://www.fx-startup.com/about.php

1ドルを120円で買って、1ドル121円になったら売る
FXの基本で最もシンプルな方法です。
この逆にドルを高く売って、安く買い戻す方法もあります。
高金利の通貨(豪ドルなど)を買ってスワップで稼ぐ
日本円などの低金利の通貨を売り、豪ドルなどの高金利の通貨を買うことで、毎日2カ国間の金利差が貰えます。
FXの稼ぎ方は上記のいずれかです。
基本的な考え方は安く買って、高く売るでOK!
また、相場がどちらに動くか予想を立てるのが難しいという方は、スワップ金利で稼ぎましょう

http://fx-web.jp/cont/beginner/whats_fx.html?keyword=1SBP

レバレッジを高く設定するとおおきな取引になるようですが、基本的なやり方は少額稼いだら即座に売るといった手法です。
1円でも上回ったら売るといったことを繰り返しているうちに以外意外にも大きな儲けにつながっていきます。
このやり方は時間がある専業主婦層が、家事の片手間にやっていますが年間でかなり稼いでいるという話もよく聞きます。
金利差を利用した攻略法もあるようです。
ご自分がやりやすい方法でやってみましょう。

28bfb9613e237b3f9254bd1842fad9b0_s
http://www.photo-ac.com/main/detail/302137

事前売買にはいくつか種類がありますが、最もよく使う注文は注文の仕方を覚えるで紹介している「逆指値」です。

例えば「1ドル=90円」で1万通貨を買っているとき、「88円まで下がったら損切りする」と逆の指値を指定する注文です。いつの間にか85円などに下がって大損するリスクを防げます。

http://www.tetujin-vinegar.com/cat12/post_69.html

たとえば、1ドル=115円でドルを買うという注文を出す場合、同時に「1ドル=120円になったらドルを売る」という注文も出しておきます。つまり、最初の注文が約定したら、その反対売買の注文を自動で出すのが「IFD(イフダン)注文」です。
二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。
注文は、「指値」でも「逆指値」でも出せます。また、思惑どおりに相場が動いた場合の「利益確定」や、パソコンの前にいられず、その間に相場が急激に動いて大きな損失を被らないための「損切り」にも有効な手段として利用できます。

http://www.lfx.jp/ifd.html

IFDとは「lf Done」の略で「もし取引が成立したら・・・」という意味です。
(「Done(ダン)」とは為替ディーラーがよく使う言葉で、取引成立の意味です。)

つまり、IFDオーダーとは「もし取引が成立したら」その時点で発効する注文と言う意味で、 前もって「利益確定の決済注文」あるいは「ストップロスオーダー」を前もって出しておくやり方です。
ですので、最初に注文を出す時点で、ポジション構築の注文と決済の注文を出しておく ことになります

http://cool-investors.com/kawase/kawasekouza254.html

IFD注文

予め新規注文と決済注文の価格を指定して、同時に発注しておく注文方法です。新規注文が約定した後、予め指定した価格で決済注文ができる為、利益、若しくは損益を確定する事ができます。

https://kotobank.jp/word/IFD%E6%B3%A8%E6%96%87-775075

IFD(イフダン)注文は、セットで二つの注文を出せますが、一つの注文に対して決済方法は一つというルールがあります。

つまり、利益の確定注文では、相場が思惑と反対に動いた場合の売り(損切り)決済は、
手動で行うことになります。

http://fx-toha.com/order/ifd/

しかし、もしも119円で指値注文を入れていた取引が約定した後で、仕事で忙しかったり何かしらの用事があってパソコンの前に戻ってこれない場合には決済注文が入れられないまま、ポジションを放置しなければいけません。

 上のチャート例は日足のものとなっているので、まだ指値注文が入れられなくても取引に戻ってこられる可能性はありますが、もしも、これが短期売買だとしならば、パソコンを触れない間に大きな利益を逃してしまう可能性があります。

 更に、これは忙しい場合だけ利用される注文方法ではありません。例えば、突然の災害や停電、パソコンのトラブル、インターネット回線の遮断などが、FXの取引中に起こらないとは言い切れません。

 そのような場合を考えても、IFD注文を利用する事でもしもの場合においても利益を追求する事ができます。また、今回は約定後のポジションに対しての指値注文を紹介しましたが、逆に逆指値を入れる事により、取引が約定した後のストップ値を入れる事もできます。

http://mituwasou.com/fx-begin/fx-order.html

また、指値や逆指値、IFDなどを駆使した取引を設定することで波をうっかり取り逃がしてしまった時の損益を免れることができます。
初心者にとっては強い味方ですね。
最終的に利益を得るためには少額の証拠金とちょっとした気配りと、FXについての最低限の知識があれば始めることができます。
FXは24時間取引ができることも魅力の一つです。
好きな時間に楽しく取引をしたいものですね。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |