糖尿病患者でもグルコサミンって摂れる?? | キュレーションメディア

糖尿病患者でもグルコサミンって摂れる??

糖尿病患者はグルコサミンの摂取が難しいと言われています。これはインスリンとグルコサミンの相性が悪いからです。しかし、調べてみると、絶対にダメというわけではないようですね。

動物実験や臨床試験では、糖尿病患者の症状の悪化とグルコサミンの関係はそれほど大きくないようですね。
臨床試験などで、血糖値のコントロールができていれば、グルコサミンを摂取しても問題ないことが分かっています。
しかし、糖尿病とグルコサミンの関係については、まだ研究の段階で分かっていないことも多く、そのため万が一を考えて使用を勧めはいません。
ですから、グルコサミン摂取に関しては、自己判断で飲まないようにしましょう。
たとえ問題ない種類の糖尿病であっても、何か起こってからでは遅いので、必ず使用する前に医師に相談してください。
糖尿病は不治の病と言われていますが、初期であれば十分に完治できる病気なのだそうです。
専門家からも7割は治るという意見もあります。
グルコサミンの摂取による副作用が不安な方は、まずは糖尿病を治してからにしたほうがいいかもしれません。
早期発見により、治療を開始できていれば、完治の可能性が高くなります。

糖尿病発症の原因が、肥満や運動不足、カロリーオーバーなどの食生活が顕著で、明らかなに生活習慣が悪い人は、早期に改善できれば、糖尿病になった人が正常レベルに戻り、健康な方と同様の生活を送ることができるのです。

糖尿病は決して治らないわけではない

糖尿病が進行していたり、1型糖尿病だったりする場合にはインスリンは治療のために欠かせないものですが、グルコサミンによってその作用が抑制されてしまうと、結果として糖尿病の治療自体を妨害してしまう可能性もあるということになります。そのため、糖尿病の人はグルコサミンの摂取を控えた方がいいと言えます。
グルコサミンを摂取した際に、インスリンの働きを抑制してしまう可能性があります。糖尿病によって上昇する血糖値はインスリンによりコントロールされます。そのためインスリンの働きが鈍ることで、本来コントロールできていた血糖値が上昇してしまう危険性もあります。

糖尿病でも規定の量を守れば、グルコサミンを摂取しても良いという説もありますが、事前に医師に相談する必要があるでしょう。

すべての糖尿病患者の人がグルコサミンを摂取する事が危険という訳ではありません。血糖値のコントロールがある程度出来ている人であれば、グルコサミンを摂取しても問題ないと言われています。一日の摂取量をきちんと守り、医師に相談して摂取しても問題ないという事であれば、グルコサミンの摂取は問題ないでしょう。

グルコサミン摂取をする前に医師に相談しよう

2型糖尿病患者に1日あたりグルコサミン塩酸塩1.5g、コンドロイチン硫酸塩1.2gを90日間投与した試験でも、糖代謝に関して臨床的な違いは認められなかったと報告されています。

また、2型糖尿病や糖尿病予備軍の患者に対してグルコサミンを最大3年間投与した際には空腹時血糖値の低下が見られましたが、臨床的に特に問題のない程度であったとされたデータなどもあります。

グルコサミン摂取で必ずしも糖尿病が悪化するわけではない

グルコサミンを摂取したとしても、糖尿病の症状の悪化にはつながらないとする意見もあります。

ただし、これは「血糖コントロールが良い糖尿病」に限られるようです。
血糖値のコントロールが悪い糖尿病患者の場合には、グルコサミンが血糖値に影響を与えてしまう可能性があります。

しかし、もし自分が血糖コントロールの良いほうの糖尿病であるならば、心配はいりません。
グルコサミンのサプリメントを摂取して、快適な生活を送ることができます。

糖尿病患者でもグルコサミンが摂取できる!?

糖尿病患者でも血糖値がコントロールできれば、グルコサミンを摂取しても問題ないという意見は多いです。
しかし、重度であったり、血糖値がコントロールできていないのであれば、やはり使用はやめたほうがいいと思います。
境界型の状態から食事や運動に十分注意していれば、糖尿病になることをくいとめることが可能なだけでなく、正常な状態に戻れる可能性があります。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |