肌が乾燥する寒い冬には<アルガンオイル>で乾燥肌にならないようにしましょう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

肌が乾燥する寒い冬には<アルガンオイル>で乾燥肌にならないようにしましょう!

アルガンオイルは、オレイン酸やリノール酸等 不飽和脂肪酸が大部分を占め、肌によい効果をもたらす多種の微量成分が 含まれるオイルです。 肌を生き生きとさせる働きが ありますので、乾燥の肌におすすめです。

寒い冬は乾燥肌になりやすい季節です

外出しても乾燥!帰宅しても家の中は暖房で乾燥してしまいます。そんな乾燥した所で毎日生活をしていたら、お肌もカッサカサになるのは当然の事。乾燥しきったモロッコの砂漠で生活しているようなものです。モロッコ産のアルガンオイルで乾燥肌を防ぎましょう!

アルガンオイルを塗って乾燥知らずのウルウル美肌になる

 (3408)

全身に塗る

アルガンオイルはとてもサラサラしていて、浸透の良いオイルです。お風呂あがりに全身に塗って寝ると、朝起きた時のしっとり感にビックリしますよ。もちろん顔に塗ってもOKです。

・パックに使う

 (3409)

アルガンオイルでオイルパックをしてみましょう。
①たっぷりのアルガンオイルを顔に馴染ませてマッサージします。
乾燥の気になる所がとくに丁寧にマッサージするようにしましょう。

②オイルがなじんだら、やや熱めの蒸しタオルをのせて、2〜3分放置します。
肌がほぐれ、毛穴が開くので、オイルの浸透が良くなります。

③肌に付いているオイルを拭き取ります。
あとはいつものケアをしてください。
翌朝のしっとりモチモチ感に感動しますよ。

スキンケアに

 (3407)

via bui.jp
洗顔後、オイルを数滴手に取り、お肌に馴染ませしっかりと浸透させます。 これにより肌の状態を整え、後から使用する化粧水の浸透を高めてくれるんです。 アルガンオイルをブースターとして使用することで普段のスキンケアもより効果的に。

高い保湿力に加え肌の再生を助けてくれるのでシワの改善や、炎症を抑える作用もあるのでニキビの改善にも良いんだそう。

リップトリートメントとして

 (3410)

唇の乾燥が気になる方におすすめなのがアルガンオイルを使用したリップパック。 2滴程度を唇になじませラップで覆い5~10分程度放置するだけであっという間にぷるんぷるんに!

血流も良くなりほんのりピンクの生き生きとしたリップを実現してくれます。

アルガンクリーム

 (3411)

アルガンオイルとミツロウのみで作ったシンプルなクリームで仕上げましょう。 アルガンオイルが潤いを与え、ミツロウが肌を乾燥から守ります。 角質層まで浸透させた水分やオイルを、アルガンクリームで閉じ込めることで 保湿効果は高くなりますので、スキンケアの最後にお使いいただくのがおすすめです。

また、アルガンクリームは全身の保湿ケアにもおすすめです。 私は毎年、冬はかかとがガサガサになり割れてしまいますが、 そんな時はアルガンクリームをたっぷり塗って寝ると、寝ている間に浸透し翌朝はしっとり。 冬は大活躍のアイテムです。

アルガン石鹸

 (3412)

アルガンオイルが柔らかな手触りとハリを、オリーブオイルが潤いを 肌に与えます。すっきりした洗いあがりですが、みずみずしい仕上がりに。

素材本来の良さを活かすコールド製法のためグリセリン分が残り、 保湿効果が高い石鹸です。 柔らかく気持ちの良い泡の洗顔がおすすめです。

保湿は一年中重要

 (3413)

保湿は一年中重要で、アルガンオイルをずっと化粧の下に使っていれば、肌老化を防いでゆるやかに保つこともできるのです。アルガンオイルがあれば、化学成分の多くはいった美容液やクリームをつけなくてすみますから、肌にはなお良いです。

冬だけ使うから、冬が終わるまでに使い切らないのでは?と心配されるんであって、どの季節であっても必要と考えれば大丈夫です。それに、アルガンオイルは他の美容オイルと比べて、酸化防止作用のあるビタミンEが豊富にふくまれています。その量オリーブオイルの4倍といわれています。ですから、かりに使いかけで数ヶ月そのまま置いておいてしまっても、油の劣化はほとんどご心配はいらないかと思います。

高い保湿効果と抗菌効果があります

 (3415)

美容の面でアルガンオイルには高い保湿効果と抗菌効果があります。コレステロールを含んでいないので肌への残留物もなく、肌のPHバランスを回復させることができます。その高い脂肪酸の含有量により、オリーブオイルやシアバターなどのほかのナチュラルオイルに比べても高い効果が得られると言われています。

肌の透明感もグンとアップして、乾燥から簡単に肌を守ります。アトピー肌にも効果抜群ですよ。

ガサガサかかとをやっつける!スクラブを作ろう!

 (3405)

①アルガンオイル5ml~10mlに粒子の細かい塩を30~40g加えます。

②しっかり混ぜます。お好みでオレンジやゼラニウムなどのアロマオイルで香りづけを行うとほんのり香るのでおすすめです。

硬くなりやすいヒザやヒジもつるんとした仕上がりになります。

※保存には向いてないので、その都度使い切るようにしましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |