【神秘的な世界へ】スキューバダイビングを体験してみよう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【神秘的な世界へ】スキューバダイビングを体験してみよう!

綺麗な海に潜ってみると、そこには可愛い生き物や綺麗な魚が居る神秘的な世界が広がっていますが、そんな世界をスキューバダイビングをすれば覗くことが出来るのです。

スキューバダイビングってどんなもの?

スキューバダイビングとは、「スキューバ」というボンベなどの器材を身につけて海の中に潜ることです。

スキューバ=SCUBA(「スクーバ」とも発音する)とは、Self Contained Underwater Breathing Apparatus の頭文字。「自給式水中呼吸装置」という意味です。

水中で呼吸ができるように自動給気してくれる装置(スキューバ器材)を利用して、ダイビング=潜水することがスキューバダイビングです。

スクーバダイビング、スキューバダイビングとは、空気を詰めたタンクを使ってのダイビング(潜水)である。これに対して息をこらえて行う潜水をフリーダイビング、地上からホースで空気を供給する潜水を送気式潜水(フーカー潜水)と呼ぶ。日本にはアメリカのアクアラング社 (Aqua Lung) が紹介し、一時期は社名「アクアラング (Aqua-lung) 」がスクーバダイビングの意味で使われることも多かった。
なるほど、タンクを使ってダイビングをするのがスキューバダイビングなのですね。
その他にも、息を我慢して潜水するフリーダイビングや
ホースから空気を供給するフーカー潜水があるみたいです。

スキューバダイビングを知っているという方は多いのではないでしょうか?
今回はそんなスキューバダイビングについてまとめてみます。

スキューバダイビングの魅力について

スキューバダイビングの楽しみ方や目的は人によって様々ですが、スキューバダイビングの魅力をいくつかピックアップしてみましょう。

・綺麗な魚、かわいい生き物などと身近に接することができる
・水の中で無重力感を楽しむことができる
・老若男女が楽しめる(50代や60代からでもダイビングを始めることができます)
・ダイバーの友達ができる
・旅行の楽しみ(目的)が1つ増える

もちろん、スキューバダイビングの楽しみはこの他にも数え切れないほどあります。
あなたなりの楽しみ方を見つけましょう。

人が活動できないような所に行けるのは魅力的だと思いますし、
そんな別世界に行ってみたら感動してしまうかもしれませんね。
目の前には可愛い生き物や綺麗な魚がいるわけですから神秘的な世界だと思いますし、
無重力を楽しめるのも良いですね。
スキューバーダイビングであれば老若男女楽しめるみたいですし、
ぜひ皆さんでわいわい体験してみてはいかがでしょうか。

沖縄- 青の洞窟 スキューバダイビング GoproHERO3 – YouTube

Gopro HERO3での沖縄スキューバダイビングの様子です!

ライセンスの取得について

ここで問題になるのがどこでライセンスを取得するかです。。
おおまかには
①ダイビングスクールで取得
②沖縄やサイパンなどの現地で取得
がありますが
おすすめは圧倒的に
②の現地で取得です
沖縄で取得する場合、ライセンス取得費、飛行機代、宿泊費が込みで
3泊4日、6万円程度からツアーが組まれています。
また、サイパンやグアムでも同程度のツアーがあると思います。
水中でのスキル練習がきれいな海で出来る事。
やはりプールでの閉鎖された空間で行うよりも解放感もあり、
ダイビングしてるっていう気分になれます。
楽しみながら免許が取れるって重要だと思います。
学科はホテルでの自主学習がほとんどだと思いますが、
海での講習を受けながら実践で復習できます。
また、短期集中ですので途中で断念することも少ないです。
ライセンスの取得にはスクールで取得する方法と現地で取得する方法があるみたいですが、
現地でライセンスを取得した方が良いらしいですね。

ライセンスを取得するためのツアーが組まれているみたいですし、
綺麗な海に潜って練習が出来るそうなので解放感がありそうです。

これなら楽しみながらライセンスを取得できると思いますし、
短期集中であれば途中で断念することも無さそうですよね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |