【パッサパサな髪もアルガンオイルでシットリまとまる♡】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【パッサパサな髪もアルガンオイルでシットリまとまる♡】

トリートメントをしているのにパサ付く髪の毛。まとまりが悪く広がってしまうやんちゃな髪。そんな時にはアルガンオイルがいいとか。ヘッドマッサージやシャンプー、トリートメントとしても。色々使えるアルガンオイルです^^

■色々使えるアルガンオイルでヘアケア

 (1352)

アルガンオイルの髪への効能

アルガンオイルで髪をケアすると、こんな効果が!!

ダメージヘアの改善(髪のパサつきや枝毛・切れ毛)
抜け毛予防
頭皮環境が良くなる
頭皮や髪の老化を抑える(ハリ・コシ)

 (1357)

◆ビタミンE

抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果があると言われています。

髪にはどんな効果があるかというと、頭皮環境の改善や血行促進です。

育毛剤なんかにもよく入っている成分で、髪に良い成分として有名なんですよ~(´∇`)

◆オレイン酸

こちらもビタミンEと同じで、血行を良くするはたらきがあります。

血の流れが良くなると、栄養も行き届きやすくなるので、髪がしっかり成長してくれます。

 (1353)

① 保湿効果
アルガンオイルに含まれる「ビタミンE」には、髪の乾燥を防ぎながら、高い保湿を行う効果があります。

また、「ビタミンE」は成分自体が浸透力に優れているため、乾燥して硬くなってしまった毛髪も柔らかくする作用もあります。

②血行促進効果
アルガンオイルに含まれるサポニンには、頭皮の血行の促進を行う作用があるため、栄養も行き届きやすく髪に有効成分を届けることができます。

③ ダメージケアの予防・改善効果
保湿成分と血行促進作用のあるアルガンオイルを使用することで、効率良く毛髪に有効成分が届くので、抜け毛や髪が細くなる等の老化症状を予防して、ダメージケアを行うことができます。

頭皮マッサージ

ナチュレルアルガン 「ピュアアルガンオイル」の使い方 – YouTube

ナチュレルアルガンの「ピュアアルガンオイル」は、美容オイル・フェイシャル&ボディマッサージオイル、頭皮やネイルケア用オイルとしても使えます。
頭皮の乾燥に悩んでいる方にお勧めマッサージ。

  使用量:1ml

  頭皮のケアって怠りがちですがとっても大切。頭と顔は繋がっています。頭皮のマッサージで顔のリフトUpにもなります。  頭皮の血行を促進して、美ししい髪を育てます。シャンプー前にアルガンオイルを指先にとり頭皮を心地良い強さでマッサ  ージします。

 (1356)

使用するオイルは、万能美容オイルとして知られるアルガンオイルがおすすめです。サラリとした使用感はべたつかず、その後のシャンプーの泡立ちのじゃまをしません。やり方はいたって簡単。アルガンオイルを数滴手に取り、シャンプー前の乾いた頭皮にマッサージをするようになじませていきます。オイルが皮脂汚れを溶かし、マッサージすることで血行を促進。5分もすると頭皮がやわらかくなっているのが実感できるはず。少し置いてから、あとは先に紹介したシャンプー方法でしっかり汚れを洗い流していきます。
健やかな髪は健康な頭皮に宿ります。正しいシャンプーと週1回のオイルマッサージで、美髪を育てましょう。
① 両手を左右に動かしてオイルを5~6滴頭皮全体に馴染ませます。

② 指の腹を使って頭の側面を下から上に円を描くようにマッサージします。

③ 髪全体を頭の上でひとつにまとめて軽く引っ張ります。

④ その後、5分~10分ほど置いて洗い流します。

⑤通常のシャンプー・コンディショナーを使用します。

これによって、余分な皮脂を取り除きながら髪のダメージ修復を行い、ヘアケアの有効成分を肌にダイレクトに届けます。

いつものシャンプーにアルガンオイルを混ぜて使う

 (1354)

一番のオススメなヘアケアの方法は、お使いのシャンプーやコンディショナーに混ぜること。シャンプーやコンディショナーのボトルに10滴程度混ぜるだけなので、とっても簡単です。

アルガンオイルには、デルタ7ステロールが含まれているため、薄毛などの予防効果があります。さらにトリテルペン類は肌だけでなく、髪や爪をつくる細胞増殖にも働きかけるので、ヘアケアに使うことで美髪効果が期待できます。

1週間に1回は、頭皮のマッサージに使うことも効果的です。

髪をかき分け、頭皮全体に数滴つけて、頭皮を両手の指で挟みこみ、摘み上げるようにマッサージします。数分おいたら普段通りにシャンプーするだけ。油脂は油脂で落とすことが一番キレイになる方法なので、アルガンオイルで頭皮マッサージをすることで、頭皮に詰まった皮脂を、アルガンオイルでキレイになじませ油で浮きあがらせて落とすことができます。

◆シャンプー&リンスに混ぜる

以前にもご紹介しましたが、なんか直接肌に塗るというのもちょっと…という方におすすめなのがこちらの方法。お気に入りのシャンプーやリンス、トリートメントに、ティースプーン1杯ほどのアルガンオイルを混ぜて洗います。冬場等、パサついた髪をしっとりさせてくれます。
市販の、一体何パーセントのアルガンオイルが入ってるんだ?!というようなシャンプーと違って、かなりの高配合の、お手製アルガンオイル入りシャンプーの出来上がり!

アルガンオイルを使ったヘアトリートメント方法

アルガンオイル使用方法③ – YouTube

【ヘアケアに】 イタリア製アルガンオイル"アルガニアエ"の使用方法を動画で紹介 http://www.bellezza-italiana.com
◆集中的なオイルトリートメント

髪のダメージがひどい時のスペシャルケアとして、集中的なオイルトリートメントをする方法もあります。傷みを補修し、艶やかでサラリとした感触の髪を作り上げましょう。その手順をご紹介します。

1.髪が乾燥した状態で、オイルを馴染ませ、その上からシャンプーを馴染ませます。洗い流すまで水は使わず、流すときはいつも以上に丁寧に濯ぎましょう。
2.2度目のシャンプーをいつも通りにします。最初よりもシャンプー剤は少し減らします。
3.仕上げにアルガンオイルを混ぜたコンディショナーを馴染ませて、濯ぎ落とします。

このオイルトリートメントを行うことで、一週間はしっとりとした美しい髪を維持できます。髪のパサつきやダメージが気になっている人は試してみてください。

◆シャンプー後のトリートメント

普段通りにシャンプーをした後、トリートメント剤の代わりにアルガンオイルを使用することもできます。そのケア効果も高く、トリートメント剤とは違い、天然成分によって構成されているアルガンオイルは、毎日のトリートメントにも安心して活用できます。また、お風呂上がりのまだ髪が濡れているタイミングで、洗い流さないトリートメントの代わりとしても使えます。この場合、頭皮や髪の根元には付けず、毛先から真ん中くらいまでを中心に塗布しましょう。塗布後、ドライヤーで髪を乾かします。

ヘアケアオイル

 (1355)

ドライヤーの熱から髪を守り、乾燥を防ぎつやのある髪に。

  使用量:2~3滴

  シャンプー後、髪を乾かす前に濡れた髪に伸ばしドライヤーで乾かします。ドライヤーの熱から髪を守ります。髪が拡がり  やすい方で乾燥(髪がパサパサ)しやすい方は5滴目安。毛先の乾燥が気になる方は2~3滴を目安。

<ヘアオイルとして>(洗い流さないトリートメント)
ヘアオイルとしてアルガンオイルを使用する際は、アルガンオイルを1~3滴、髪の表面に塗布します。

乾いた髪にも濡れた髪にも効果的で、ドライヤーの熱から髪を守る効果や乾燥した髪に潤いを与える効果があります。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |