《風俗・キャバクラ…》こんな借金でも個人再生できるの? | キュレーションメディア

《風俗・キャバクラ…》こんな借金でも個人再生できるの?

借金の額を大幅にカットして、返済を楽にできる個人再生。しかし、その借金を作った原因が風俗やキャバクラ通い、ギャンブルなどであった場合は、手続きできるのか、心配になりますよね!今回は、個人再生についてのマメ知識をまとめています。

新しい債務整理の方法、個人再生

Free illustration: Clock, Time, Euro, Money, Currency - Free Image on Pixabay - 77497 (9952)

個人再生は「任意整理」の手続きを行っても返済していく事ができないが、「自己破産」をする事を避けたい場合に用いられる手続きです。
個人再生は2001年から始まった比較的新しい制度で、自宅を所持している債務者の為に作られた制度と言われています。
例えば、500万円の借金のある個人が、収入に応じて支払える額(3年間で200万円)を返済するという計画を立てて、この再生計画を裁判所が認めて、実際に3年の間に再生計画どおりに返済できたら残りの300万円の借金が免除されるという手続きです。
つまり、3年間きちんと返済できれば残りの借金がなくなるわけです。
個人再生のスタンスは、
任意整理と自己破産の中間といったところでしょうか。
自宅や車などの財産を手放すことなく、借金を大幅に減額することが出来ます。
ただし、借金がなくなるわけではありませんし、
住宅ローンなどは減額の対象にはなりません。
弁護士費用などの経費も高額になることも覚えておきましょう。

個人再生には2種類ある

小規模個人再生

継続的に収入を得る見込みがあり、債権の総額が5000万円未満の条件を満たせば利用可能です。フリーター、パートタイマー、年金生活者などでも継続収入があれば可能です。 この方法を用いる場合、返済計画に対して債権者の過半数の同意と同意した債権者からの借金額が総額の半分以上を占めなければいけません。

給与所得者再生

こちらは小規模個人再生の条件を満たしている他、定期収入がありその収入の変動が年収の20%以内であれば利用できます。こちらは小規模個人再生とは違い、債権者の同意を得られなくても手続きを行う事ができます。

借金の原因が問われることは?

Free stock photo: Champagne, Drink, Sparkling Wine - Free Image on Pixabay - 1500248 (9950)

この個人再生を行うにあたって、キャバクラ通いで遊びすぎてしまったために借金を作ってしまった場合も可能かという疑問を持つ人も多いのですが、この場合でも個人再生を行う事は可能です。

もちろん継続的な収入があって、返済計画が立てられるかなどのポイントは重要になりますが、個人再生に借金の種類が問われる事はありません。

弁護士や司法書士に個人再生の手続きを依頼する際に、
借金の理由は必ず聞かれるでしょう。
しかし、借金の理由が関係するのは、自己破産だけです。

ちなみに自己破産の場合は、
借金をゼロにできる反面、めぼしい財産は全て没収されますし、
風俗やギャンブルなどで作った借金は認められない、
免責が下りるまでの期間は特定の仕事に就けないなどのデメリットも多くあります。

個人再生が出来ないケースとは

Free illustration: Cross, Ankreuzen, Invalid, Mark - Free Image on Pixabay - 1249813 (9949)

個人再生は安定した収入が絶対条件なので、収入がない人は利用できません。また、生活保護受給者も個人再生を利用することができません。生活していくための最低限の生活費を国が支給するのが生活保護制度です。生活保護受給者に生活費以外の返済能力があるとは想定できないため、個人再生が利用できないのです。
原則として3年間は借金を返済し続けることが条件となりますので、
定職に就いていない人は手続きに入ることができません。
また、所得の変動額が、年間20%を超えている場合も、
個人再生を行なうには不向きです。

個人再生に向いている人

Free stock photo: Woman, Girl, Freedom, Happy, Sun - Free Image on Pixabay - 591576 (9948)

●住宅ローンがある自宅をどうしても残したい

●生命保険の外交員や警備員など、破産すると資格制限が
 問題となる場合

●極端な浪費やギャンブルによる債務であるために、破産
 手続きでは免責が認められない可能性が高い場合

●心情的にどうしても自己破産を避けたい場合など

金利を免除してもらう任意整理では追いつかないほどの借金があるものの、
借金の理由が風俗やキャバクラであるため、自己破産は選択できない、マイホームは残しておきたいし…。
個人再生は、そんな場合に最適な債務整理の方法だと言えるでしょう。
個人再生の手続きをすれば、住宅ローンは対象外となるものの、
借金の額は5分の1から10分の1にまで減額可能です。
返済はグンと楽になるでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |