小顔のヘアメイクをして着物美人へ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

小顔のヘアメイクをして着物美人へ

着物を着たときにする髪型は、いつもの洋装の時とは大きく異なってくるでしょう。その時に小顔効果を引き出せる髪型をすればさらに着物美人になれます。

着物をするときに小顔を目指してみよう

理容師で美容師です。
和装の全体を想像してください。
決して頭でっかちには見えないんですよ。
コレは日本人の美意識の賜物なんです。
つまり着物の存在感が他を押し留めるのです。
着物用に造られた髪型は決して着物を
上回る存在にはならないのです、したがって
和装用のルールを心得ていれば決して
頭でっかちにはならないんですが、
昨今和装のアップと洋装のアップを理解せず、
明らかに洋装のアップを着物用に作っちゃう美容師が
いるんですよ、そうなるとチンチクリンな髪になっちゃい、
馬鹿でかい頭の和服女が出来上がっちゃいます(笑)。
確かに着物を着るとそれだけで小顔に見えるのですが、
さらにその効果を引き出す事ができる髪型はありますので、ぜひともそのような髪型を目指してみましょう。

ポーズで小顔効果を引き出しても可愛くなりますね。
さらに髪型もうまく利用すればさらに顔が小さくスタイルが良く見えます。

ヘアメイクから小顔へつなげる

ヘアメイク

ヘアメイク

最初の一歩はヘア&メイクです。
プロのアーティストにやってもらって化粧をうまくしてもらい小顔効果があるようにして貰ってもいいでしょう。
せっかくの着物を着る機会ですから、自分のその時の一番かわいい姿を残しておきましょう。

ヘアサロンも使って小顔効果を狙う

骨格の形がきれいな西洋人は、自分でカットしてもカッコよく見えます。なぜなら、骨格矯正の必要がないからです。

骨格がきれいに見えると、どのようなデザインでも素敵に見えます。しかし、日本人の平面的な骨格の場合、ただカットするだけでヘアスタイルが似合うかと言えば、少し疑問が残リます。西洋人のようなヘアスタイルを日本人に似合わせるためには、なによりも骨格矯正カットが大切です。

小顔補正立体カットは、ブロックごとにレイヤーまたはグラデーションをアンダーから順番に乗せていく感覚でフォルムを作り上げていくカット技法です。レザーも削ぎも入れず、軽い質感に仕上がります。

タイト&ボリュームの組み合わせで、東洋人の平坦な骨格を西洋人のような骨格に近づけることができます。平面的な骨格を立体的な小顔に見せ、鼻を高く引き締まった顔立ちに、そして日本人に多い絶壁といわれる平面的な後頭部に出っ張りを持たせて、耳の後ろと、ぼんのくぼ(うなじ中央のくびれた部分)の下、バックサイドをタイトに引き締めます。

骨格をきれいに見せることで、頭が小さく首が長く見え、全身のバランスがよくなります。また、顔の形に悩まれている方にも有効です。そして、削がずに髪が軽くなるので、髪が傷まずにバサバサしないキレイな質感に仕上がります。

最近の傾向として、「レイヤーはあまり入れずに表面の長さを残したい」、「見た目のボリューム感は欲しいけれど、量感は少なく軽さがほしい」といった難しいオーダーをされる方が多いので、ボリュームを求めるところにのみ髪を重ねるといったこの技法は大変有効です。

骨格を綺麗に見せるためのカットができる美容室も多くありますので、
まずは着物を着る時のヘアカットを美容室にお願いしてみましょう。
美容師さんの多くが快く相談に乗って、
それぞれの女性の顔かたちにあったカット方法を提案してくれるでしょう。

小顔の人気は高い

男女問わず今は、着物姿で小顔を目指している人が多いです。
もちろんそれぞれの人の良さを引き出す事も大事ですが、自分が納得できる髪型で小顔に見えるようになれたらうれしいですね

最低限の事だけ抑えておけば着物を楽しめます

バッグや手荷物を美しく持つには?
Aバッグや手荷物はできるだけ片手で持つのが基本です。
2つ以上手荷物を持つ場合は、片方を手提げにして荷物を抱えた腕に手提げの荷物を掛けると
美しく見えます。

Q訪問先でのマナーを教えてください。
Aコートは玄関先に入ってから脱ぎましょう。
帰宅の時もコートは玄関先で着ます。草履は玄関に入ったままの向きで、片方の草履のかかとを
もう一方の草履の内側に当てて、足だけずらして脱ぎます。もう一方も同様にして脱ぎます。

最低限のマナーを抑えているだけで楽しく着物を楽しむ事ができます。
小顔に見えるヘアメイクをして着物を十分楽しんでください。

日本人に生まれてよかったと思える瞬間かもしれません。
着物は日本の女性の美しさを最大限に引き出してくれますので、
写真に残しておくと一生の思い出にもなるでしょう。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |