この時季のスキンケア、何を使ったらいいのかわからない(涙)そんな方にコソのアルガンオイル♡ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

この時季のスキンケア、何を使ったらいいのかわからない(涙)そんな方にコソのアルガンオイル♡

この時季になると日中は暖かくなりサッパリしたスキンケアを好むようになってきますよね。だけど、夜はまだまだ乾燥が気になるような寒い日も…なんてこともありますよね(´・ω・`)そしてそんな時期の悩みなのが『スキンケア』の化粧品。。。

いつの間にか、ゆらぎ肌

 (8480)

ゆらぎ肌の主な症状として、
いつもより肌がベタつく
カサカサする
化粧ノリが悪い
いつものスキンケアがしみる
などの症状があります。
ゆらぎ肌とは、その名の通り、お肌がゆらいでいる(不安定)な状態の事をいいます。一見可愛い名前ですが、症状としては可愛くも嬉しくもありませんよね。主に季節の変わり目に肌の状態が変化しやすく、悪い状態になってしまう事をいいます。
【肌がくすんでいるように見える】
UVケアを完璧にしていたつもりでも、肌は知らず知らずのうちに日焼けをしています。さまざまな外部刺激によってターンオーバーに乱れが生じた肌は、トーンが低下し、くすんでいるように見えてしまいます。

何が原因?

 (8479)

洗顔時の擦りすぎ、皮脂の取りすぎ
汗をかく季節になると洗顔の回数が増えます。特に日本人は清潔好きが多いので、汗だけではなく皮脂もしっかりと落とすために毎回洗顔料を使って顔を洗います。
毎回洗顔料を使うと自然と顔を擦る回数も増えてきます。洗顔時の擦りすぎは肌に摩擦を与えてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。
風が強いこの季節は、“春塵(しゅんじん)”と言ってホコリや花粉が舞い、風の影響で肌の水分は奪われ、乾燥が続きます。しかし皮脂の分泌量は気温の上昇とともにこの時季から増えてきます。肌の表面は皮脂が分泌されているので一見潤って見えるのに、肌の中は水分不足。
これ以上水分が蒸発するのを防ごうと、皮脂が過剰に分泌されているのです。
症状は、敏感肌に似たような状態になることが多いですが、一時的な症状で終わる方がほとんどで、敏感肌のサブタイプと位置づけられるようです。
肌の「ゆらぎ」が起こる原因は、急激な気温の変化や、環境の変化などが肌のストレスとなって、バリア機能が低下することだといわれています。
季節やストレス、他にも外部からの刺激によって肌の免疫バリアは脅かされてしまうのだそう。。。
意外と気にしていないところで、心当たりはありませんか?
最近、基礎化粧品が合わないとしたら、ゆらぎ肌の可能性が高いかもしれません。。。

アルガンオイルで肌質改善☆彡

 (8476)

弱ってしまったバリア機能を回復するためには、「保湿」こそが、とっても重要なポイントになります! まずは、肌全体がお手入れを受け入れるだけの力にまで回復させなければいけません。

天然成分で優しく保湿&補修

未精製のアルガンオイル100%で皮脂を押さえて水分をしっかり保持。
オイルを化粧水前のブースターに使うと、お肌の中で、オイルがしっかり水分を抱え込むので、しっとりふわふわのお肌になります☆
美肌へ導く「ビタミンE」がたっぷり
アルガンオイルには、オリーブオイルの約2~3倍のビタミンE(トコフェロール)が含まれています。
また、他のオイルに比べ、活性酸素を除去する成分が多く含まれているので、乾燥やエイジング対策に高い効果を発揮します。強い紫外線を毎日浴びてもモロッコの女性たちが美しいお肌を保っていられるのは、アルガンオイルのおかげなのです。
肌に敏感になっているときこそ、天然由来の優しいアルガンオイルでの美容オイルがとても大切♪
敏感になっている時期は、むやみやたらにアレコレ化粧品を使うよりもジックリと補修してあげることがとても大切なのです♡おまけにアルガンオイルには保湿効果だけでなく肌の補修効果もあるので、是非とも頼りたいところですね♪♪
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |