ポンドの特徴って何? | キュレーションメディア

ポンドの特徴って何?

ポンドとは

ポンド(オランダ語: pond)、パウンド(英語: pound)は、いくつかの国で使用される通貨の単位である。代表的なものはイギリスのUKポンド。漢字では磅があてられている。
ポンドはかつては “libra” という名称(ラテン語で天秤の意味)であったことから、UKポンドをはじめ多くのポンドの通貨記号は “L” の筆記体からきた “£” である。記号を互いに区別するため、£ のあと(まれに前)に国名の略記をつける。たとえば、キプロス・ポンドは £C となる(ただし、イギリスの場合は sterling の略の stg をつける)。£ はイタリア・リラにも使用されていた(イタリアでは2002年1月1日以降はユーロが使われている)。
以下の地域で使用されるポンドは、イギリス・ポンドと同等の価値を持つ。
セントヘレナ – セントヘレナ・ポンド
フォークランド諸島 – フォークランド諸島ポンド
マン島 – マン島ポンド
ジブラルタル – ジブラルタル・ポンド
ガーンジー島 – ガーンジー・ポンド
ジャージー島 – ジャージー・ポンド

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%89_(%E9%80%9A%E8%B2%A8)
pound
http://kabu-fx-news.up.n.seesaa.net/kabu-fx-news/image/pound.jpg?d=a0

ポンドは主にイギリスで使われる通貨の名称です。
FXで日本においては、ポンドドルやポンド円というのが人気のある通貨としれ取引が行われています。
GBPと表示されます。

ポンドの特徴

この通貨は非常に値動きが激しいことで有名です。 初心者向きの通貨ではありません。 ポンドは、第二次世界大戦以前は世界の基準通貨といわれていたくらいメジャーな通貨となっています。
値動きの幅は1日1円~2円くらいの値動きとなりますが、 ドル円の50銭くらいと比べるとそのボラティリティの大きさを知ることができますね。 FXの世界に慣れてきてからポンド絡みでFX取引をする人も多いです。
ボラティリティの大きさが人気の一つですね。 ポンド円では、瞬間瞬間の値動きが大きいですので、 一瞬の値動きで含み損になってしまったからといってすぐに損切りをするのはオススメできません。 ボラティリティが大きいですので、すぐに値が戻ってくることもあるからです。 ポンド円で取引をした場合は、大きな流れに乗っていると自分に言い聞かせて取引をしましょう。

http://fxtrend.jp/column-gbp.html
130
http://exchange-images.com/material/130.jpg

ポンドの特徴にボラリティの大きさというのがあります。
その為に、一日の変動幅がとても大きいのが特徴です。相場の変動が激しいので、取引において注意したいのが、損切りのタイミングおよび、利益確定のタイミングです。
動き出すと中々止まりませんが、逆に急に値を元に戻そうとします。
その為に、ある程度大きな流れをつかむことがポンドを取引するときにはとても重要です。

しかし、短期売買を得意とするトレーダーや、プロの個人投資家からは短期間で時間効率の良い利益を出す事も可能なために絶大な人気を誇っています。
 また、値動きが荒い事から、レンジの幅も比較的大きくなる傾向があり、他通貨で値動きの無い相場が続いた時にもまとまった利益を狙う事ができます。
 ただし、プロに好まれる通貨なだけあり、上手く取引をしないと短期間で大きな損を出す可能性もあるので初めて取引をされる方は、十分注意をして取引をする必要がある通貨です。

http://mituwasou.com/fx-beginner-tips/currency-features.html#list-3

FXを始めたばかりの方があまり手を出さない方が良いのがポンドです。
理由は、動きがあまりに速いので、損失を出してしまったときに一気に含み損が増えてしまいます。
ある程度経験を積んでからでしたら,ポンドの特徴が分かってきますので、利益を生みやすい通貨でもあります。
初めてポンド取引するときは、まずは少しだけポジションを持ってみることをお勧めします。
それでも、流れに乗ればかなりの儲けになる可能性はあります。

ポンドに影響を与える経済指標

英ポンドに影響を与える経済指標は以下になります。
ソブリン債やハイ・イールド債等の債権市場の動き
イギリスは金融立国であるがゆえに、金融商材の動きで個人投資家がポートフォリオの指標に用いることも考えられます。
ネーションワイド住宅価格
イギリス国内のローン会社が住宅の価格動向を調査した指標となります。
購買担当者景況感指数(PMI)
製造業やサービス業関係者を対象とした景気指数指標となります。
BOE(イングランド銀行)が発表する政策金利・金融政策
直接影響を与える情報となります。
BOEとMPC(金融政策委員会)の発言と動向
イギリスの中央銀行であるイングランド銀行の関係者の動向も、相場に直に影響を与える情報として考えられます。

http://point-g.rakuten.co.jp/fx/currency/gbp.html

中でも、BOEの経済指標発表時は注意が必要です。
取引をする際は、経済指標の発表時間だけは気をつけておいてください。

ポンドは、少ない投資で大きな利益が出ることで世界中で人気の高い通貨です。
特に短期売買を好む方は、ポンドは取引をしていてとてもおもしろい通貨です。
ですが、危機管理と経験が物を言う相場であることは、他の通貨と変わりません。
利益も出るとき、損失が出ているときも、自分のルールを守ることが重要です。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |