多重債務からの解放!自己破産で人生を変えろ!!  | キュレーションメディア

多重債務からの解放!自己破産で人生を変えろ!! 

様々な事情でお金を銀行や消費者金融業者等から借り受け、多重債務者になってしまったという人は自虐的になりがちです。そして、頭の中に自己破産という曖昧だけれども、良くないイメージしか湧いてこないというのが一般的かも知れません。中には精神的に不安定になる人もいるかもしれません。しかし、自己破産を正しく理解すれば、案ずるより産むが易しでそれほど怖い物では無い事が分かるでしょう。

自己破産するというのはどういうことなの?

自己破産は希望を捨てる事では決してありません。
むしろ、人生の再出発をする為の制度と言った方が、分かりやすいでしょう。
ここでは、自己破産の定義とどの様な影響があるかを、紹介して行きます。
まさか俺が自己破産?

まさか俺が自己破産?

自己破産の定義

自己破産とは
簡単に言えば、借金が0になるという事ですが
理由によっては自己破産申請は降りません
(ギャンブルや遊ぶ為に借金をしそれが増え生活できないなど)
(その他色々な理由で降りない事もあると思います。)

家や会社を建てたが、借金を払えず自己破産などをした場合
自分の借金は0円にはなりますが連帯保証人は
自己破産してないので請求がそちらにいく事になります。

(自分がローンを組み⇒親が連帯保証人だとしたら
自分は自己破産により支払い義務は無くなるが
その借金の請求は親に来ると言う事です)

自己破産の影響

一時的に自分の財産を勝手に売ったりできなくなります。
破産の申し立てをすると、破産手続開始決定という決定が裁判所よりされます。この破産手続き開始決定がされるまでに所有している財産(不動産など)については、自ら勝手に売ったりできなくなります。
自己破産をする場合、一定期間就くことができない職業があります。このような一定の仕事に就けないという制限を「資格制限」といいます。
公的名簿などへの記載
政府発行の機関紙である「官報」への名前の掲載、及び本籍地の「破産者名簿」に記載されます。
信用情報機関への登録
債権者である金融機関が、信用情報機関に事故情報を登録します。
自己破産したらよくブラックリストに載るといった話を聞きますが、特別なリストがあるわけではなく、登録者情報に事故者である事をあらわす番号が掲載される形です。
信用情報機関には、主に銀行系のKSC、主に信販系のCIC、主に消費者金融系のテラネット等がありますが、破産や長期延滞などの事故情報は相互に情報交換される仕組みになっています。

メンタル面の配慮はなされるのか?

自己破産を経験した事の無い一般的な人であれば、精神的なダメージは避けられないかも知れません。
また、自己破産をするより前にメンタル的な病を抱えている人や、自己破産によりメンタルに支障来す場合であっても、持病が完治してから返済を待ってくれるという配慮は成される事は一般的には無いでしょう。

とはいえ、円滑に裁判を執り行う為に支障が出る場合もあり得る事です。

その際の配慮として自己破産に関する書類一式に、診療医からの診断書を添付して提出すれば、裁判官との面談という過程が免除される可能性も考えられます。

ですから、前述の様な場合は診断書をして、出来るだけ精神的ダメージを減らす事が得策かも知れません。

精神的ダメージを減らしてくれる可能性を期待出来るかも

精神的ダメージを減らしてくれる可能性を期待出来るかも

うつ病の人が自己破産の申立をする場合、自己破産の申立書に添付することを忘れてはならない書類があります。

それは、”医師の診断書”です。

うつ病のひとは医師の診断書を添付しなければならないという法律はありませんので、正確には「”添付した方がよい”書類」ということになりますが、自己破産の申立人がうつ病を患っている場合には、医師の診断書を添付することを忘れないようにするべきでしょう。

なぜなら、うつ病であることを証明する医師の診断書を裁判所に提出しておけば、驚くほど簡単に自己破産の手続きが終了するからです。

最初は医師の診断書を提出するつもりはなかったのですが、申立書を裁判所に提出する際に申立書のファイルを取り出したところ、そのファイルの中に依頼人に取得してもらっていた医師の診断書が挟まれていたので、念のため

「あの~、申立人がうつ病の方なんですけど、医者の診断書なんて添付する必要ありませんよね」

と聞いたところ、裁判所の書記官のおばさんが

「診断書があるんだったら出してください」

と言われたので、診断書も提出することにしました。

もちろん、依頼人には事前に「裁判所が診断書を出せと言って来たら提出します」と説明しているので、依頼人の確認はとったうえで提出しています。

万が一のことを考えると申立人の症状を悪化させてしまう恐れもありますから、裁判所もあまり深くかかわらない方が良いと判断したのかもしれません。
うつ病の人が自己破産をする場合には、医師の診断書は絶対に添付すべきだと思います。

悪いことばかりじゃない自己破産のメリット

自己破産という言葉を聞けば、この先一生付き合わなくてはならないのだろうかと考える程、インパクトのある用語であると言えます。
しかしその実態は、自己破産者の立ち直りをするという役割があります。

それでは、自己破産に関してのメリットについて調べてみました。

自己破産は第二の人生の出発

自己破産は第二の人生の出発

● 借金の支払義務が一切なくなります。

● 「自己破産」の申立てを行った時点で、裁判所から各金融業者へ「意見聴取書」が送付され、取立てが規制され、取立ては止まります。

免責許可が認められれば、給料の差し押さえなどの強制執行をされる事がなくなる
免責許可の手続きの際、すべての財産を差し押さえられると思われがちですが、ある程度の財産を残しておく事が可能。
この信用情報への記録は法律によってある一定期間を経たのちには記録から自己破産の情報を削除しなければなりません。
このことが自己破産の時効といわれるもので、この期間はそれぞれの信用機関によって違いますが、おおよそ5年から7年といわれています。
戸籍に掲載されることや会社をクビになることはありません。
よく、破産すると戸籍に破産したことが載ると思われている方がおりますが、そのようなことは一切ありません。
破産手続を行うと、破産者の名前と住所が官報という国の広報、公告紙に破産した旨が載りますが、一般人が官報を見ることはありません。
また、破産手続を行っても、裁判所から会社に対して破産した旨の通知等が行くことなどはありません。
したがって、会社に破産したことがバレることはありません。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |