【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】 | キュレーションメディア

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

基軸通貨とは

基軸通貨(きじくつうか)とは、国際的な為替市場で中心に扱われている通貨のこと。キーカレンシーとも呼ばれる。基軸通貨は世界的な取引で安定的に利用できる通貨。基軸通貨を発行している国は、自国通貨で外国への支払いができるため国際収支の制約を受けないこと、為替変動によるリスクを受けないことがあげられる(外国の商品を自国通貨で購入できるため)。
一方、基軸通貨国は基軸通貨としての安定性を守る必要があり、通貨の安定に対して責任を負うことになる。また、そのためのコストも当然発生する。
歴史的には19世紀半ばから第一次世界大戦まではイギリスポンド(英ポンド)、その後米ドルが基軸通貨として扱われている。
また、近年では、欧州単一通貨であるユーロ(EUR)が米ドルとならび世界の基軸通貨として成長するとも言われているが2010年現在、国際的な取引量ではまだまだ米ドルには及ばない。

http://www.finance-dictionay.com/2010/09/post_808.html

基軸通貨は、世界で最も信頼の置ける通貨と言うことになります。
FXにおいては、この基軸通貨がもたらす影響はとても強く、基軸通貨の値動き次第で多くの通貨がそれに伴って動きます。
その為にも基軸通貨の歴史を知っておくことは大切です。

ポンドの歴史

イギリスのポンドは19世紀半ばから20世紀初め、世界で最初の基軸通貨として流通しました。
当時、イギリスは圧倒的な経済力と軍事力を誇っていました。
ポンドが基軸通貨になったきっかけは、イギリス政府が1816年に制定した貨幣法です。
この法律によって、通貨1ポンドが金約7.32グラムという価値で固定させました。
さらに、1844年には金と交換できるポンド紙幣を発行。
中央銀行であるイングランド銀行がポンド紙幣と金との交換を保証し、世界で初めて強固な「金本位制」を確立しました。
金本位制の導入により、ポンドという通貨の価値が金で裏付けられるようになりました。
世界の国々は安心してポンドを保有できるようになり、世界の貿易は、ポンド決済が常識になりました。
各国は、超大国であるイギリスの通貨に金という裏付けがあれば、価値がしっかりと守られ、安心だと考えたのです。
この結果、多国間の金融決済機能はイギリスの首都ロンドンに集中。

http://www.at-fx.jp/page/key.html
e32
http://teru172.com/2002/syasin/e32.jpg

最初の基軸通貨は、ポンドでした。
昔のイギリスの経済力支配力はとても大きく、ポンド自体にとても価値があり、安心して使える通貨でした。
今でも、十分に安定した通貨ではありますが、昔のように圧倒的な力はありません。

イギリスからアメリカへ

イギリスポンドからアメリカドルへ基軸通貨が移ったのは1910年から1940年ぐらいとされており、ある時を境目に突然変わったというわけでなく徐々に基軸通貨としての地位が移っていった。
 1910年から1940年のこの時期は、第一次世界大戦(1914年~1918年)・世界恐慌(1929年)・第二次世界大戦(1939年~1945年)と世界中が不安定な時期であった。
 イギリスポンドは19世紀半ば以降、国際金融の中心地としてのイギリスの強力な立場を背景に基軸通貨としての役割を担っていたが、第一次世界大戦で欧州各国は経済が疲弊し逆にアメリカは戦争特需で経済が急成長したため、(正式では無いが)基軸通貨が機能面でイギリスポンドからアメリカドルへ移り、第二次世界大戦後はアメリカがIMF体制の下で各国中央銀行に対して米ドルの金兌換を約束したこと及びアメリカの経済力を背景に米ドルが名実共に基軸通貨となった。

http://blog.jimrogers-fun.com/Entry/58/
基軸通貨
http://blog.nihon-syakai.net/blog/wp-content/uploads/%E5%9F%BA%E8%BB%B8%E9%80%9A%E8%B2%A8.jpg

第二次世界大戦をきっかけに、一気に経済の中心はアメリカへと移っていきます。
そして、今現在も世界的な基軸通貨と言えばアメリカドルと応える方が多いでしょう。
FXにおいてアメリカドルは今でもとても重要な通貨です。

基軸通貨のこれから

いつの日か、ユーロや日本円が基軸通貨として使用される市場が出てくるでしょうし、そうなると、これまでの為替市場も大きく変化することでしょう。「これまでは米ドルに投資をしていたけど、これからはユーロだな・・・」など、FX取引の通貨ペアの「人気ランキング」にも大きな変化が出ると思います。
もうしばらくは米ドル主義の世界が続くと思いますが、「米ドル以外の通貨を!」という声を無視してはいけません。声が高まるにつれ、不安を感じた投資家が米ドルから撤退する可能性もあるためです。

http://f40.jp/fx-yougo/key-currency.html

基軸通貨は、将来的に変わる可能性を秘めては居ますが、当面はアメリカドルのままである可能性が高いです。
大きな波が出てくれば別ですが、アメリカドルはそれだけ存在感が大きいです。
もしかしたら、日本円が基軸通貨になるかもしれませんが、それも今は分かりません。
FXでは、こういった経済の歴史を楽しみながら取引を出来るといった魅力も併せ持っています。
楽しくトレードするために走っておきたいことですね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |