債務整理で約束をした支払いを滞納したらどうなる? | キュレーションメディア

債務整理で約束をした支払いを滞納したらどうなる?

債務整理では任意整理や個人再生などで支払い計画を立て、その支払いを債権者に約束します。ではその支払いを滞納したらどうなるのでしょう。約束不履行で債務整理の約束は無かったことになるのでしょうか。債務整理中の支払いの滞納について調べてみました。

延滞をすると、債権者の「期限の利益」が喪失します。

任意整理をしてもクレジットカードを残す方法はあるか? (8416)

通常、二回以上の滞納、または累積で二回滞納でアウトが多いです。

和解契約書に記載されている「期限の利益」とは?

一般的に和解契約書には、返済を怠ったときの条項が記載されています。

例えば、「2回以上返済を怠り、延滞額が毎月の支払額の2回分以上になったとき、期限の利益を喪失する」というような文言です。

期限の利益というのは、支払いの期限が来るまで債務を支払う必要がないという債務者の利益のことです。つまり、2ヶ月間支払いを延滞した場合、分割払いの権利がなくなり、一括返済しなければならないということです。

また、和解の契約によっては、延滞したことが連続ではなく累積で2回になったら、一括支払いになっている場合もあります。債務者にとって不利な条件なので、注意が必要です。

約束した支払いを滞納したのですから、債権者の権利を害したことになります。
法的に”期限の利益”を喪失したと見なされ、債権者は債務者との債務整理の約束を守る必要はなくなり、その時点で債務を一括請求できます。

債務整理も契約の一種なので、滞納時の取り扱いは明記されているはずです。
通常は二回以上の滞納で契約が無効になることが多いです。

債権者は、残金を一括請求できる権利が発生します。

新イラスト集(2)-1 お金、支払い方法、取引方法、金融、司法関係等 - 消費者庁 (8417)

債務整理中の滞納は契約違反です。

和解契約上は2回の滞納で”期限の利益”を失う

任意整理の和解契約では、多くの場合、契約書面上で「支払いを2回以上怠り、滞納額が○万円に達した場合、期限の利益を失い、残額に、残元金に対する年○%の割合で遅延損害を付して、ただちに一括返済する」ということを定めているケースが多いです。

つまり任意整理後に2回以上(2カ月以上)の延滞・遅延があると、業者側は残金を一括請求できる権利が発生する、ということです。

期限の利益の喪失

期限の利益は、「契約で定めた約束の期日が来るまでは返済しなくてもいい」という消費者側の権利です。この権利が喪失するということは、つまり返済期日に関わらず残りの借金を、今すぐ一括で返済しなければならなくなることを意味します。

債務者を信じて債務整理の約束をしたのに、それを裏切って滞納したのですから信用が失墜するのは当たり前です。
契約書に記述してある通り、期限の利益の喪失が発生して一括請求されます。

債務整理中の支払いの滞納は、債権者と債務者の信頼関係の崩壊の理由に相応します。
債務整理では、約束した支払い滞納は基本的にタブーです。

債権者によって、実際の対応は違ってきます。

ビジネスのイラスト「握手・契約成立」 | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (8420)

「今度からちゃんと払ってくれるなら」と許してくれる可能性も。

つまり分割の支払い契約を無効にして一括返済を求められる恐れがあるのです
ただこれは必ずしもそうなるわけではありません

債権者によって対応はそれぞれ違う

そうなる事もありうるのは当然ですが実際は債権者によって対応が違います。もちろんすぐにでも一括返済を求める債権者もいますがきちんと連絡して交渉していけば多少遅れがちでも支払いに応じてくれるかたがほとんどですので放置だけはしないようにしてください。しかし全く無視して対応されないとどうなってしまうのか?

契約上は支払いができない⇒2ヶ月以上、返済が滞った時点で期限の利益を喪失することになり一括返済をしなければなりませんし遅延損害金も合わせて請求されます

債権者と債務者の問題なので、債権者が理解をしめしてくれば、代替案で滞納のミスを弁済することもできるでしょう。

生活が苦しいのは債権者も理解しているはずです。精一杯がんばったけど滞納してしまった、または反省していて今後は滞納しそうにない、そのように債権者が理解を示してくれれば、ある程度の滞納は許容してくれるかもしれません。

滞納をして債務整理が白紙になっても、再度債務整理出来ます。

くじけず立ち上がる人のイラスト(男性) | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (8421)

また新しく債務整理の計画を立てましょう。

この場合、何も対策を取らないでいるうちに返済が2回分遅れてしまえば、上記のとおり任意整理の和解契約が無効になり、期限の利益を喪失してしまうことになります。

こういうとき、再び任意整理をすることで、返済条件を変更してもらうことも可能ではあります。しかし、収入が絶たれている状況で債権者に対して再度の債務整理を持ちかけても応じてもらうのは難しいでしょう。

そこで、ご家族等の援助を受けることもできないのであれば、自己破産、または個人民事再生の申立を検討することになります。

一度、任意整理による債務整理をしてもらったのに、後になって、自己破産や個人民事再生をするなどということが認められるのだろうか?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から言えば全く問題ありません。

滞納によって債務整理の契約が無効になり、白紙に戻ってしまったとしても、再度債務整理を行うことは可能です。

ただし、その場合は信頼関係が崩壊しているケースがほとんどなので、任意整理などは再度契約するのは難しくなります。個人再生、特定調停、自己破産などで債務整理を行うのが現実的です。

しかし滞納したということは任意整理では支払っていけないことですから、その他の債務整理で生活を立て直した方が良いともいえます。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |