まずは為替相場から理解しよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

まずは為替相場から理解しよう

FXで大切なのは為替相場

csm_3826_main_063745888f
http://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/_processed_/csm_3826_main_063745888f.jpg

為替レート(かわせレート、英: Exchange Rate)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートをMER(Market Exchange Rate) と呼ぶ。
現代における貨幣(通貨)は、各国(または複数国が協調して)の政府ないし中央銀行が発行し、当該国の法律などにより裏付けを与えられ通用しているものが一般に用いられているが、その通貨は一般に当該国・地域の外では通用しないため、貿易や資本移動など国境を越える取引においては、当該国・地域で通用する通貨へ交換する必要が生じる。その際、自国・地域と相手国・地域との通貨の交換比率を決定するための概念が為替レートである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%BA%E6%9B%BF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

為替相場(為替レート)とは何ですか?

為替相場(為替レート)は、外国為替市場において異なる通貨が交換(売買)される際の交換比率です。一般に、わが国で最も頻繁に目にする為替相場は円・ドル相場ですが、そのほかにも様々な通貨の組み合わせに関する相場が存在します。

変動相場制においては、為替相場は、誰かが一方的、恣意的に決めるわけではなく、市場における需要と供給のバランスによって決まります。これは、物やサービスの価格が決まるのと同じ原理です。

「本日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=○○円××銭と、前日に比べて△△銭の円高ドル安でした。」などと報じられることがありますが、通常、これは「インターバンク取引」の為替相場を指しています。これに対し、個人が銀行で小口の両替や外貨預金をするといった「対顧客取引」の為替相場は、いわば小売り段階のものであり、インターバンク取引の為替相場とは異なります。

https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/intl/g17.htm/

まずFXを始める時に、何から理解をしていけば良いのか分からない事もあると思います。
為替相場というものから理解をしていきましょう。
為替というものが毎日値動きをしているのですが、FXでもこれが大切になります。
日本だけの取引であればあまり為替相場を気にする必要はありますが、こういったFXではある国と別の国の通過交換比率がとても大切になってくるのです。
この比率次第ではFXをしている時に損をする事もあれば、上手に売る事で得をする事もできます。
どんな風に動くか予想を立てる力をつけて上手に売買する事が大切です。

為替相場は毎日変わる為チェックが必要

mac

http://www.information-fx.com/wp-content/uploads/mac.gif

為替相場は毎日変わる為、FXを始めたら小まめにチェックする事が大切です。
チャンスが巡ってきたら、そこで売買をするようになります。
そこで今度理解したいのが円高と円安です。

円高とは、為替相場<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。
1ドルを購入するのに必要な円が少なくなったわけですから、
円の価値が高くなったということになります。

円安はこの逆で、為替相場<1ドル=100円>から、<1ドル=200円>になるような状態で、
1ドルを購入するのに必要な円が多くなったわけですから、
円の価値が低くなったことになります。

1ドル=200円から1ドル=100円というように、数字が減っているのに円高、
その逆に1ドル=100円から1ドル=200円というように、数字が増えているのに円安というのは、
何か妙な感じがしますが、これを理解することが、為替取引をする上で大切なのです。

http://www.lfx.jp/yen.html

だからといって「円高が怖い」というワケではない。
FXでは「円高」になると売りポジションが利益になり、逆にこの時、買いポジションを持っていれば損失が出る。

「円安」になると買いポジションが利益になり、売りポジションを持っていれば損失が出る。

サブプライムのような時でも円安の終わりのサインを察知して
売りポジションを持っていた人は多くの利益を出したハズ。

「円高」と「円安」のどちらが儲かるのかと言われれば、どちらでも利益を出すことが可能。
「どちらも儲かる」ということになり、逆に「どちらも損失を出す」可能性がある。
円安でも円高でもその確率は同じってコトです。

FXのチャンスは円高?円安?

よくわからずFXを始めてみると、円安か円高どちらの方がお得というイメージがあるかもしれません。
どちらかという訳ではなく、自分がどのポジションにいるかで決まってきます。
為替相場を考えながら、自分がどちらのポジションにいきどこで売買を行うかがカギになります。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |