ニキビも修復!★アルガンオイルでニキビケア | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ニキビも修復!★アルガンオイルでニキビケア

顔に出来るニキビ。少しでも早く直したいものですよね。またニキビ跡もスグにでも消してしまいたもの。アルガンオイルはオイルなのにニキビにも良いとか。ニキビ跡も修復してくれる優れものなんです。どうやってニキビを修復するのか?まとめました。

「一日でも早く直したいニキビのケア。アルガンオイルはどうなの?」

ポツンできるにニキビ。知らないうちにあちこちできることも。少しでも早くニキビを直したいのは誰でも思うことですよね。
アルガンオイルはオイルなのにニキビ改善に効果があるんだとか。一体どうしてオイルがニキビにいいのか?
その理由や改善の仕方をまとめました。
 (5605)

アルガンオイルは「ビタミンE」を多く含み、その量はオリーブオイルの2~4倍とも言われています。

ビタミンEには強い抗酸化作用があると言われ、紫外線やストレスなどで体内に増えた活性酸素を除去する働きに優れています。

活性酸素は老化を招く原因と言われていることから、ビタミンEは「若返りのビタミン」とも称されます。

また、ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、体内で吸収されると皮膚の表面に留まり肌のバリア機能を高めてくれます。

さらに血行も促進する働きもあるため、肌の新陳代謝を活発にして美肌を保つ効果も期待できます。

そして、ビタミンEと同様にアルガンオイルに含まれるのが、不飽和脂肪酸の一つである「オレイン酸」です。

オレイン酸は人の皮膚に多く含まれる成分で、保湿を高め肌を刺激やストレスから守る働きがあります。

アルガンオイルは傷跡が残らず、修復機能があるオイルとして、ニキビや火傷等の治療薬に使われてきた歴史があります。まずは少量のアルガンオイルを手に取り、気になるニキビやニキビ痕に優しく塗って上げると効果的です。
 (5606)

ニキビには油分の多いオイルは厳禁、と思っている方も多いのですが、皮脂の増加が原因の思春期ニキビに対し、大人になるとできるニキビは乾燥が原因と言われています。

そのため、肌の乾燥を防ぐことが必要となるのですが、アルガンオイルはいわゆる「ブースター」の働きに優れていると言われています。

ブースターとは簡単に言うと、化粧水や美容液の浸透効果を高める性質のあるものを指します。

アルガンオイルはその後に使う美容液を肌の奥まで引き込む力があるため、洗顔後に一滴程度肌に馴染ませることで、肌の保湿性を高めてくれます。

アルガンオイルには肌の修復をしてくれる効果があります!

ニキビ、火傷などの傷跡を修復してくれるので
保湿をしながら傷跡の修復、アルガンオイル一つで同時に行えます!

ニキビに悩んでいる人の場合、オイルを使って
保湿を行うということは考えられないことかもしれません。

しかし、アルガンオイルであればニキビのできやすい
肌にもスッとなじんでベタつきません。

アルガンオイルは、乾燥の厳しいモロッコで育つ
アルガンの木から採れるオイルです。

昔からニキビやその他の皮膚疾患の治療の
ために使われてきた歴史があります。

ニキビ肌にオイルをつけるとニキビが悪化してしまうおそれもありますが、
アルガンオイルであればその心配がいらないのです。

アルガンオイルには炎症を抑える効果があるため、湿疹、乾癬、そしてニキビなどの肌の悩みに働きかけてくれます。金の水とも呼ばれるこのオイルは、ニキビ跡や火傷の跡、シミにも良い影響があるそう。
 (5613)

モロッコでは、傷痕や火傷の治療薬として使われていたほど、肌に対する修復機能があります。

アルガンオイルを皮膚に塗ることによって、肌のターンオーバーが正常になり、新陳代謝が活発になるので、きめ細かく明るいトーンの肌になります。

抗炎症作用・抗菌作用があるので、ニキビやアトピー性皮膚炎の治療にも効能があります。

「保湿でニキビケア」

 (5607)

大人ニキビの治し方でも紹介しましたが、皮膚が硬いと皮脂が詰まる原因となってしまうため、しっかりと保湿を行い、肌を柔らかくすることが大切です。

化粧水で肌を整え、美容液やパックでしっかりと保湿、さらに美容成分を保湿乳液でしっかりと蓋をすることが最低限の手順になります。

○ビタミンEの摂取

ビタミンEは食事で摂取する方法があります。しかし、摂りすぎると骨粗しょう症の原因にもなってしまうため、厚生労働省によって定められている1日の摂取量(成人女性で6.5mg/1日)を守りながらバランスよく摂っていくことが大切です。

ビタミンEはイクラやアユ、イワシやタラコ、アーモンドやカボチャなどに豊富に含まれています。1日の摂取量は成人女性で6.5mgなので、大体かぼちゃ100gくらいです。
また化粧品の成分に記載されている『トコフェロール』というものがビタミンEですので、トコフェロールが含まれているアルガンオイルなどの化粧品を使うのも良いかもしれません。

「アルガンオイルのニキビへの使い方」

 (5608)

アルガンオイルの使い方として、オイル美容の方法を取り入れることもできます。

これは、化粧水の前に一滴のオイルを
ブースターとして使う方法です。

大人になってニキビに悩んでいる人というのは
肌の奥がとても乾燥しているということがあります。

アルガンオイルでオイル美容を行えば、
肌の細胞間脂質の部分に不足していた脂質が補われ、

水分をしっかりと保持できるように肌質が変化していくことが期待できます。

1 オイル美容の際にアルガンオイルを取り入れる場合、
  まずは洗顔後に一滴のアルガンオイルを顔に馴染ませます。

2 そして化粧水でたっぷりと水分補給をして、
  更にアルガンオイルを水分を逃さないように馴染ませます。

3 これを朝晩の洗顔後に行うようにすると、ベタつくどころか
  もっちりしっとりとした肌になり、ニキビも治っていくのです。

ニキビを治すためには弊害になるオイルが多いのですが、
アルガンオイルはニキビを治すためにも使えます。

「アルガンオイルの主な栄養素」

 (5609)

アルガンオイルの主な栄養素は4つです。ビタミンE、オレイン酸、リノール酸、ステロール。

・ビタミンE
肌の酸化を防ぐ抗酸化作用、肌を刺激や悪い菌から守るバリア機能の向上、血行を促進してターンオーバーを整える血行促進作用があります。美肌には欠かせない成分です。

・リノール酸
肌の保湿機能を高めたり、炎症を抑える作用があります。

・ステロール
植物油によく含まれている成分で健康な肌を育てる手助けをします。

・オレイン酸
美肌効果が高いため、クレンジングやスキンケアにもよく用いられています。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |